ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

植物・動物

薄紅色の



春色に染まった一角に
車をとめると
帰る頃には
衣をまとったようになり
そのまま走り出して
家路についた


ふとこぼれおちた
雨に濡れた花びらが
無性にいとほしく






あなたもみているだろうか


この光景を


大自然の営みを



コノハナサクヤヒメよ


わたしの魂を



唯一無二の場処へ
お連れください







Amazon Kindle
楽天kobo

『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍



「お前、さ、・・・・・・神様って、いると思うか?」
「えっ?」
「・・・・・・大和さんが、言ってたんだ。オレとお前は、もともと“ひとり”だったんだ・・・・・・って。けど、ひとりに全部背負わせるのはつらすぎる。だから神様が“ふたり”にしたんだって」
「でも、オレは・・・・・・!」
「うれしかったんだぜ、オレ。その話聞いてさ・・・・・・オレが生きてる意味、ちゃんとあるんだ・・・・・・って・・・・・・」
必死に、想いを伝えようとする。

『君はそれ以上~出逢い』 より



∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html




ステキな歳のかさねかた

そろそろすぱーんと なにか

勢いのあるものにふれたいなあ


なんて思っておりましたら便りをいただき



☆舞台のおしらせです☆

ザ・デイサービス・ショウ2016
2016年11月3日[木・祝]-6日[日]
よみうり大手町ホール



昨年のちょうどいまくらいの時季に
公演があったのかな?

出演されてるかたがたが凄いメンバーだなと感じて
めずらしく「観たい!」と思った記憶があり
そのときは行けなかったのでぼんやりと

「地方公演ないんかな~」って。。。


上記は東京公演の日程ですが
今回かなり広範囲で公演を予定されてるそうなので
関心がおありのかたはお近くの会場へいらしてくださいね

〈参照〉 https://www.stagegate.jp/



観劇できるとしたら ちょっぴり冒険 かも

ロックンロールだよ ふふ♪♪

レスリー元氣かな(話飛びすぎ→→)


中尾ミエさん 尾藤イサオさんはじめ 粋でパワフルな御仁が勢揃い

いくつになっても 人としてうつくしく
柔軟でありながら活力のある歩き方ができるといいなあ


高い位置めざすとしたら幻海師範みたいな歳のとりかた
したいけど さすがに武術家ではないし 精神性だけなんとか上を
で 生き方 清濁あわせもち しかと自身の道を

→「幽☆遊☆白書」しらないかた 御免なさい。。。

現実世界でも ステキだ とかんじたかたがひとり
(もし ご質問あれば左上BlogMailやコメント欄 ご活用を)


鍵は 旅や夢 時間 心 など
観るひとによって違ってくるのでは 

それぞれに わくわくどきどきが見つかれば と思います





∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html


Amazon Kindle
楽天kobo
『君はそれ以上』  電子書籍



日々をたのしく

氣楽なものにする一助となることを祈って


*ゆずりは より*






金木犀が香ると


あなたをおもう


わたしにとって


しあわせな景色を


呼びおこすから













 

羊と鋼の森

なぜだか心が騒いだ。

ふだんならほとんど気にも留めない書店の、おすすめというのか
・・・・・・表紙絵と、タイトル。


羊と鋼って、やわらかいものとかたいものの対比、だろうか、
それにしても森って??
クエスチョンを飛ばしつつ羊が点々とみえるその絵に引っぱられて
しまい。


概要からピアノ、音、調律にかかわる内容だと読み取れたのと、
じんわりとなにかが働きかける、・・・私の奥深くを揺さぶる作品の
ように思えて・・・

なつかしい故郷にかえった、ひそやかな悦びをかみしめるごとく。

読み進めたい想いと味わいたい氣持ちの間でゆらゆら・・・



ぱらぱらとページをめくるだけでもひらいた場処にはメッセージが
潜んでいる、隠れている。それはあたかも読み手にとっては
宝探し、もしくは置き去りにしてきたものの、再発見。

なのでどうやったって、歩みはのろくなり、紙と筆が必需品になる。


・・・こぼれてしまうとしても、できるかぎり大切なことを、
大切なものを、すくいとれるよう・・・私は今、なにを感じている?
それをどのようにとらえている?これが意味するものは
なんだろうか。


小説は頻繁に読むほうではないし、書籍全般でもいちいち
立ち止まりはしない。それが何故か、これほど聞き耳を
たててしまっている。




昔、私は音楽教室に通っていた。
私の意思ではなく、よくある情操教育の一環、あとは身体をきたえる
意図があったらしい。
その流れでピアノをやることにもなったのだが、本人は歌謡曲や
アニメソングばかり弾いていて基礎練習もおぼつかなく、欲もない
(?)ためにクラシックの大曲などは満足に弾けなかった。

ただ、音楽にかかわっていなければ得ることのなかったものは、
意識するしないにかかわらず、心身に刻まれ、現在の自分を形成
している、と思う。

それに・・・・・・
ピアノの音色はうつくしいな、といまでも。

調律前と後で、微妙に音の色彩やかろやかさ、手ざわりが変化する
のがすきだった。


ささいな、そうした風景がよみがえり。



思い返せばつらい出来事だらけ、にもみえるけど、
ピアノにふれる、音楽の扉をひらくことがなかったら・・・
ここにこうして、立っていることはなかったかもしれない。

この物語に出逢うことも、なにかを、だれかを
とてつもなく愛しいと観ずることも。


私自身、という森のなかへ。

入口付近なのか、あるいは最も深くて暗い、
そこを抜ければ光のさすあらたな局面の寸前か、

いずれにせよ、みえそうでみえない道を。


もしかすると、同時にそれは、
愛するなにかをもとめ、しっていく旅。





鬱蒼とした森へ足を踏み入れてしまった怖さ


それでも引き返すつもりはないのだ


『羊と鋼の森』 より  

宮下奈都 著  文藝春秋






平成28年熊本地震義援金の募集について

平成28年熊本地震の支援について








∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

薔薇と太陽

KinKi Kidsの新曲、かな?


家人が教えてくれて、歌番組を観た。

まさにその場面に駆け込み、だったので
あっという間に終わっちゃった感も。


久々にKinKiの二人みたのは嬉しかった。



薔薇と太陽って並べると光の象徴のような


はなやかだね。。。。



憧れる側面もあるかもしれない。

薔薇の花は昔から好きではあるけど、贈ったり贈られたり
ってことは縁遠かった。
最近ちょっとだけ、花屋さんとやりとりすることもあって
ちがう世界をのぞいてるみたい。


花を贈るのも楽しいね。



薔薇だけでも種類はいろいろだし、色合いもさまざま。
贈る人のイメージで選ぶ時間もいいもんだなあって。



太陽と直結するのはひまわりだろうか。

そこに、誰かを想うとき・・・

笑顔を浮かべるのか、悼む氣持ちになるのか、


ともだちにきいたエピソードが胸をよぎる


たとえばそれが 命がけの行為だとしても
人がおろかだと 眉をひそめるのだとしても


一輪のひまわりのように 精いっぱい



薔薇に対する想いも、それぞれあるんだろうな。


私は、以前ライブでローズ、という歌を聴いてから
薔薇への意識が変わってきた氣がする。
(正式なタイトル憶えてなくてごめんなさい)

何かのテーマ曲、だったと。





みんな 一輪の花のように輝いて 煌いて







この世でたったひとつの あざやかな命







だれかにとっての薔薇や 太陽であるかもしれないよ 








あなた





平成28年熊本地震義援金の募集について

平成28年熊本地震の支援について

蛍丸サイダー




徐々に真夏の景色に移っています。

熱中症にお氣をつけて、
くれぐれも怪我などないようおすごしくださいね。



∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/


∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html




『僕のたからもの』には ひまわり
『君はそれ以上』では 太陽の 別の表記

花屋 が 視えていたのも 意味があったんだろうか


向こうのせかいでも あえたら幸いです



ここにあるわたし 幾度もの生まれ変わりの 結晶



*上記の曲のタイトルは“The Rose”でした。
  同名の映画の主題歌とのこと・・・
 わたしは鈴木重子さんの歌で聴きました。
  多くのかたが歌っておられます、
 機会があれば聴いてみてくださいませ。


愛は あらゆるものを含んだ いのちの種 なのかもしれないな

〈2016年7月25日 追記〉









森のなかにいきる



どこで観たんだろう


ふっと視界にはいってきて




森だ


土を踏む 感触

鳥のこえ

風のささめき

緑の匂い




ここは


いのちに たくさんの恵みを

もたらす場処





地球は

ひとつの おおきな森

なのかもしれない



私たちは ここに棲む生きもの



さまざまな彩りのなかで



自然科学 ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



 プランターの中に咲くヒマワリの花は、そっと寄り添うように
 風にゆれていた。

 ∞∞∞∞

 もし人が信じることや夢見ることをやめてしまったら、
 人は人でなくなってしまう。
 生きていくってそんなにカッコいいことばかりじゃない。
 でも、“生きてる”ってそれだけでもすごいことなんだと思う。

 ∞∞∞∞

 『僕のたからもの』より



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



◎アファンの森
  http://www.afan.or.jp/
 ふわりと おとづれた空間



 地球は

 いのちを結ぶ

 うつくしい森




 死を おもう日々に

 生を かんじていた




◎台風18号大雨|緊急募金のお願い 被災者支援にご協力ください
  国際協力NGOアドラ・ジャパン
http://www.adrajpn.org/Emergency/KokunaiGouu2015.html

 

 

大地の女神

いつか観た あお


それは 突如 そらからおりてきた


**


人の手がはいっているから 正しくは天然 とは
いわないのかもしれない

けれど自然のなかから生まれたものが素となり
かたちづくられた石 そして 人もこの世界の
一部だとするなら天からの あるいは地からの
授かりものともいえるだろう


見つけたのは偶然だった

そこに何らかの意図を感じたのは自分自身で
手に してみようと


あまり知られていない石だけど これから
扱うところもふえてくるのかな


大地の鼓動が聴こえてきそうな女神の石



太古の記憶 

何が視え 誰とともにあったのか

自分はどのような役割を演じていたのだろう



あおい 色
新緑でも葡萄でもなく 翡翠とも異なる


深く 吸いこまれるような

透明で密やかな宇宙


**


哀のなかで 愛となって生きてゆく


こころをひらくために

地球とひとつになるために








自然科学 ブログランキングへ


カラーセラピー ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



「大きくて、あたたかい手。・・・・・・貴方はこの手で愛しいひとたちを包みこむことができる」

『君はそれ以上~出逢い』より


Amazon Kindle
楽天kobo
『君はそれ以上』  電子書籍版






祝福と感謝の光をのせて。。。。



どちらかわからぬほど

詩や文章のなかに

自身を投影するものをみることはあるかもしれない


ただ 君は少し 違っていた



一見するとまったく逆の要素ばかりにみえるのに

その実 ふとした瞬間

はっとするほど自分を観るようなところがあって


それが何処か

恐ろしくもあり 懐かしくもあり

不可思議な感触を呼び起こして




君と僕は

たしかに 別の個 なのだが

もしかしたら


ひとつの魂を形づくっていたときがあったんだろうか




視えない 識らないせかいは無限だから

そうした奇跡があったとしてもおかしくはない



君の存在が僕を生かしている


そのことを ずっと忘れずにいたい







**

紙の書籍も、電子書籍も、
関心をもっていただけたら嬉しいです。


本日も やさしい一日で ありますように



楪 蒼朋(ゆずりは そうほう)


☆『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

☆2004年・2005年発行の書物についてご質問などありましたら
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-2bd1.html





あなたはどうしてだろうっておもってるよね

ほんとは わたしにもよくわからない

だけど あのとき

やはらかな光をかんじたんだ


荒野のなかの ちいさな花 みたいだった


人がいうほど いいとこばっかじゃないし

きれいな人間 ともいえない

臆病だし気弱だし しょっちゅう逃げ出したくなる



それでもあなたがすきだから



わたしをいつわることだけは絶対にしたくない





。。ありがとう。。

さくら ひとひら

てのひらに



あれから

かたみのごとく 

まもりとし




おゆるしください

あなたをおもう

ひとときを






精いっぱいの 感謝

いのりをこめ

わたしはここに いきる


ブログランキング・にほんブログ村へ




〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



生きたくても生きられなかった命
そう 物語で叫んだけれど
あのころ この世とあの世の境界でせめぎあって
どうしたらいいのかわからなかった


ほんとは ちゃんと生きなきゃいけないのに
近くで それができなかったひとがいたのに


きっとそばで こっちに来ちゃだめだよって教えるために
私のところに使いをよこしたんだね

その存在がそうなのか だけど あんまりびっくりするようなこと
たくさんあったから 

だから 信じていいのかなって



なによりのたからもの

あったかいおくりものを有り難う

時々 泣きたくなってしまうこともあるけど
なんとかまた この季節を
とても大切なときを 迎えました


伝えたいことはいっぱい 
でも ことばに ならない
涙があふれてしまう



あいたいよ 

声が ききたい

わがままでごめんね




みんな 

たいせつな何かや 誰かと

いっしょに 生きてゆけますように



∞追記しました∞  2015年5月7日



天使猫 -宮澤賢治の生き方-

本日は、舞台公演のお知らせです。

ご案内をいただいていたので書こうと思いながら、ぴりっと
しませんでした。

オフィス3○○公演 渡辺えりさんの作・演出
『天使猫 -宮澤賢治の生き方- 』


初演は2012年、東北出身の渡辺えりさんが震災後初めて
描きおろした作品です。

タイトルの雰囲気や賢治が関連していることで、初演のときにも
観たいなあと感じていました。
宮澤賢治については文学的な部分はほとんど知らぬまま、
どちらかといえば「石」(鉱物)をきっかけに、その人となりに
関心を持ったしだいで。

生い立ちやその歩みにふれると、そこから湧きあがる言葉や
表現の豊かさがほんのすこし「わかる」感覚があります。

もっとちゃんと受けとめられたなら、無限の宇宙をみることも
可能かもしれない・・・


舞台ではおそらく、えりさんと賢治の世界のひろがりを
感じることができるのではないでしょうか。


日々の暮らしに追われていると、なにがなんだか分からなく
なったり、自分が何処にいるのかつかめなくなったりする。
そんなとき、特別なことをするんじゃなくても、それぞれにとって
何が大事なのか、をふと、考えることがあると思います。

そうしたことの指針に、もしかしたらなる、作品なんじゃないかな?


東京のみならず、東北を中心に地方公演も予定されています。
詳しくはおふぃす3○○のホームページにてご確認くださいませ。

http://office300.co.jp/    おふぃす3○○(さんじゅうまる)


10月下旬くらいからなので、すでにかなりの動きがあるものと。
時期がおそくてごめんなさい。

たくさんのかたに観ていただけたらいいな。

ブログランキング・にほんブログ村へ



〈ゆずりは書籍〉

『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html



人より はるかな時空をいきるものたち

それは 樹木であったり 鉱物であったり

無数の星々


そこからは 人の生涯は たぶん

ほんの一瞬

だから



あなた と わたし が

であうということは




途方もない 奇跡 なんだ




黄金の旅路

響きのいい題名だと思いませんか?

例によって書籍ですが(笑)


実際には購入できていないので、詳しいお話しには
ならないのですが、ある競走馬について書かれたものです。


ステイゴールドという馬。

現役時代を記憶しているかたもおられるでしょう。

私はひところ、周囲の影響でレースなども観ていましたけど、
印象としては地味めな馬、しかし確実に存在感をもった
馬でした。

毛色もすきでしたね、じんわりと光沢があって。



書籍情報にあった概要をみるかぎり、どうやら引退して
種牡馬になってから動向に大きな変化が訪れたようです。


・・・そっか、もう、こどもの時代になってんだよね・・・



書評にあって、気になって調べたから読んでみたい
気持ちはあった訳だ。
けど、なんせこのところぼこっと本ふえちゃってるもんだから
むうっと考えこんじゃってさ。

表紙に馬の横顔・・・嗚呼、実物みたい(泣)


馬という生き物にはどこか縁があって、体験乗馬もしていた
ことがありました。いまはいろんな事情で行けなくなりました
けれど・・・わりと小さい時分から馬に乗ってみたいという
夢はありましたから、それが叶えられたことは貴重な経験
だったなって。

間接的にでも何かかかわりがもてたらと願っていたところへ
ちょっぴりおしらせ。


私が知ったのは新聞記事からですが、別方面でも
ご存じなかたがおられるかも・・・?

昔、話題になっていたハルウララを覚えていますか?

ちらっと聞いていたくらいでしたが当時はホントに
人気あったのですね。
そのハルウララは千葉県の牧場で余生を送っているとのこと。

ファームのスタッフが最近、支援団体を設立。
経費を賄うために寄付金を募ることに。


さまざまなところで見聞きされているかもしれませんが、
もし、気持ちが向きましたら会のホームページへ
お立ち寄りくださいませ。

「春うららの会」
http://mf-urara.jimdo.com/


☆ページには入会に関することなどがありますが、
会員にならなくても寄付は受け付けているそうです。

 ゆうちょ銀行への送金や現金書留にて
          ↓
 詳しくはおたずねになってみてくださいね。
 (上記ホームページ内に問い合わせフォームがあります)



馬ってとっても繊細な生き物らしいです。

てのひらでふれるとあったかいんだよね・・・

以前、何かの馬関連の雑誌で、彼らとコミュニケーション
とれるようになると、人間関係でもちょっと自信つくよって
あったのですが、いくらかわかるような感じです。

そんなふうに、いつもよりやさしい気持ちで
相手とのふんわりした関係が築けていけるといいですね。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ



〈楪蒼朋書籍関連〉

『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

ことばをなくしたときに なんとか どうにかして

伝えたくて 生きていたくて 紡いだ

ものがたりです


わたしの たいせつな こどもたちです


あなたの ともだちになれたらうれしいな

どうぞよろしくおねがいします









より以前の記事一覧