ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

旅行・地域

一文字写経

あなたの想いを、一文字に託してみませんか?


**

一心本尊の徳泉寺復興

宮城県山元町笠野の徳泉寺。
東日本大震災で大津波に襲われ、伽藍・仏具等はすべて流失、
あたりは災害危険区域となっています。

このような中、本尊のお釈迦さまだけは奇跡的に発見され・・・



はじめに『一文字写経』のことを知ったのは、新聞記事でした。
その後、言葉をたどってこちらのお寺を見つけ、写経の申込みを。

・・・ご本尊は、多くの人の心の拠りどころとなっているのでは
ないでしょうか・・・・・・かたちのないものが支えとなる場合も
あるけれど、なにか、意識を刻む象徴があることで、より
人々が救われることがある・・・

写経にも、そうした側面があるように観じます。


『一文字写経』を調べていただくと、関連の記事やホームページを
見ることができます。専用のフォームに必要事項を記入して
申込みをすると、パンフレットや振込用紙などの書類が送られて
きますので、手順にしたがって進めてください。
(申込みはFAXでも可能だったと思います)



はがきに写経する一文字は、お経のなかのものでも
ご自身が大切にしている文字でもかまわないようです。


日々のあわただしさで流されてしまっていると、何がほんとうに
大事なのかさえわからなくなって、こぼれおちるばかりに
なりそうですが、

ほんのすこし立ち止まって、たいせつなものを見つめ直す

そんな時間をつくるのも良いかもしれません。

**


あなたの魂に宿るのは、どんな一文字ですか?




まあるく まるく


ひかりのなかで


いのち いっぱい


きらめくように



あなたも わたしも


あい に つつまれる






∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html


Amazon Kindle
楽天kobo

『君はそれ以上』  電子書籍





『僕のたからもの』 ~広告掲載のお知らせ~

正式に連絡を受けてから、であったり、
タイミングの問題などもありまして。


3月8日、・・・本日ですね。

読売新聞に広告が出ている、はずです(汗)


本人もこのところばたばたしてたもので、
書くのも間に合うのかなと思いつつ。



掲載媒体は

読売新聞東京本社版夕刊
「本屋さんへ行こう!キャンペーン」
出版・エンタメ夕刊マルチ広告特集


とのことで。
(クリエイティブメディア出版です)

夕刊ですからぼちぼち見てらっしゃるかな・・・


エリアとしては、
東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県
・群馬県・栃木県・茨城県・静岡県・山梨県の一部地域
なのだそうで、いろんなかたに届くといいなあと。

新聞とってらっしゃるかたも、そうでないかたも、
機会やタイミングが合えば嬉しいです。

どのようなかたちであれ、書籍のことや物語のこと、
わたしのことについて知っていただけたら幸いに存じます。


どたばたな告知で恐縮ですが、どうぞよろしくお願いします。


ゆずりは より




∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html


∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp
 

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html



(貴志、オレたちはこれからもいっしょや。ずーっとな)

『僕のたからもの』  ~オルゴールから





http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-2bd1.html
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2016/03/post-2a06.html
2004年・2005年発行の書物について(ほかご質問などの参考に)







ステキな歳のかさねかた

そろそろすぱーんと なにか

勢いのあるものにふれたいなあ


なんて思っておりましたら便りをいただき



☆舞台のおしらせです☆

ザ・デイサービス・ショウ2016
2016年11月3日[木・祝]-6日[日]
よみうり大手町ホール



昨年のちょうどいまくらいの時季に
公演があったのかな?

出演されてるかたがたが凄いメンバーだなと感じて
めずらしく「観たい!」と思った記憶があり
そのときは行けなかったのでぼんやりと

「地方公演ないんかな~」って。。。


上記は東京公演の日程ですが
今回かなり広範囲で公演を予定されてるそうなので
関心がおありのかたはお近くの会場へいらしてくださいね

〈参照〉 https://www.stagegate.jp/



観劇できるとしたら ちょっぴり冒険 かも

ロックンロールだよ ふふ♪♪

レスリー元氣かな(話飛びすぎ→→)


中尾ミエさん 尾藤イサオさんはじめ 粋でパワフルな御仁が勢揃い

いくつになっても 人としてうつくしく
柔軟でありながら活力のある歩き方ができるといいなあ


高い位置めざすとしたら幻海師範みたいな歳のとりかた
したいけど さすがに武術家ではないし 精神性だけなんとか上を
で 生き方 清濁あわせもち しかと自身の道を

→「幽☆遊☆白書」しらないかた 御免なさい。。。

現実世界でも ステキだ とかんじたかたがひとり
(もし ご質問あれば左上BlogMailやコメント欄 ご活用を)


鍵は 旅や夢 時間 心 など
観るひとによって違ってくるのでは 

それぞれに わくわくどきどきが見つかれば と思います





∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html


Amazon Kindle
楽天kobo
『君はそれ以上』  電子書籍



日々をたのしく

氣楽なものにする一助となることを祈って


*ゆずりは より*






金木犀が香ると


あなたをおもう


わたしにとって


しあわせな景色を


呼びおこすから













 

森のなかにいきる



どこで観たんだろう


ふっと視界にはいってきて




森だ


土を踏む 感触

鳥のこえ

風のささめき

緑の匂い




ここは


いのちに たくさんの恵みを

もたらす場処





地球は

ひとつの おおきな森

なのかもしれない



私たちは ここに棲む生きもの



さまざまな彩りのなかで



自然科学 ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



 プランターの中に咲くヒマワリの花は、そっと寄り添うように
 風にゆれていた。

 ∞∞∞∞

 もし人が信じることや夢見ることをやめてしまったら、
 人は人でなくなってしまう。
 生きていくってそんなにカッコいいことばかりじゃない。
 でも、“生きてる”ってそれだけでもすごいことなんだと思う。

 ∞∞∞∞

 『僕のたからもの』より



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



◎アファンの森
  http://www.afan.or.jp/
 ふわりと おとづれた空間



 地球は

 いのちを結ぶ

 うつくしい森




 死を おもう日々に

 生を かんじていた




◎台風18号大雨|緊急募金のお願い 被災者支援にご協力ください
  国際協力NGOアドラ・ジャパン
http://www.adrajpn.org/Emergency/KokunaiGouu2015.html

 

 

桜のおはなし

ひさしぶりに心が動いて 雑誌を買った
すると そこにさくらのことが載っていて


いまだと時季 はずれちゃってるけど
なんだかとてもうれしかったんだ

ちょうどね すこし前に
山桜のペンダントが届いたばかりだったし
さくらの精霊さんが さらにおくりものを
くださったのかなあ なんて


春になると毎年 お花見が話題になるよね
それはそれで良いし はなやかだったり
たのしみがあったり なんだろうと思いつつ
実はさくらのことって よく知らないな と


何年か前のこと 山桜って あるんだと認識
ふだん話題にあがってくるさくらは染井吉野

そうした違いも分からずにいた


もちろん 植物なのだから いろんな種類があって
あたりまえ なのに 桜 ということだけが
ひとりあるきしていって 細かなところにまで
目が向かない


ちょっぴりもったいないなあ


載っていたさくらたちはすごく綺麗でした
おなじさくらなのに こんなにちがうんだって
はじめてであう

目にしても 判別できるかわかりませんが
できたらうれしいし 無理でも
表情のちがう 色彩ゆたかなさくらがあるって
知っていれば 愛しさもますのではないでしょうか


日本に自生するさくら
そのなまえも 文字にすると美しい

霞桜 大島桜

寒い地域の 「蝦夷山桜」ともよばれる大山桜

下を向いて咲く 豆桜
このさくらに花の形がそっくりな 高嶺桜

小さな 丁子桜 深山桜

江戸彼岸 という名のさくらもある


一見しただけではさくら とは思えない種も
あるのですね


せめて山桜はきちんと見分け というか
そうだとわかって見つめられるといいな


山桜は 日本で最もよく見られる野生のさくら

樹木や鉱物 鳥 といったものに意識がむかうのは
自然へ回帰する 深い場処にある自分自身
原始 原初へ還ってゆく兆しなのかもしれない



吉野山の山桜たちのなかに身をゆだねると

異界への扉がひらき

神さまや木の精と おはなしができるかもしれないね



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



きみがいたから せかいには色があると感じた


☆君はそれ以上~出逢い
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

じぶんのことがすきになれずに
だれもいらないって思ってたこともあったけれど
いっしょに泣いたり笑ったりしてくれた
そばにいてくれたひと


あなたを想っているひとがいます
あなたが愛しているひとがいます


Celestite

・・・いま、これを書いていて、ローマ字の綴りが
はじめ「C」だったんだ、と・・・

直前まで「S」だと思ってたから。



知っているようで知らない、・・・それがたとえば人なら、
あるとき急に、それまで知らなかったことにふれる
・・・その瞬間がうれしくて。




つのころからか天然石に惹かれ、身につけるように
なったけれど、はじめは一般的な石でもよく知らなかっ
たな。
ほとんどアクセサリーに興味なかったし、石っていうと
宝石のことしか頭になかったから全然違う世界だよね
って。

近いところでも数珠くらいしか認識がなく。




関心をもったいちばんめはアクアマリンだった。


こころもからだも疲れていて、支えになるものが
ほしかったんだと思う。そのころはあんまりお店も
知らなかったので、街へ出たときにふらっと立ち寄った
ところで小さな原石を買い求めました。

やさしい水色はいまもたいせつなおまもり。


そのあたりから来てたのかな、鉱石のことを調べたり
するようになって見つけたお店で、気持ちがやすらぐ
石を発見。

認識はあったのですが、アクセサリー加工には
向かないと書いてあった記憶があり、その場で
どうしようか・・・と悩んじゃったんです。

何せ、大きな石たちで、そのときは旅人のわたし。
持って帰るとなるとちょっと重い、かあ・・・なんて
思ったりして。

ところがこのあと、お店のスタッフのかたとあれこれ
話してるうちに、石に呼びかけられちゃったんですね
(笑)




その石が、セレスタイト。

すごくきれいな石で、そばに置いておきたかった。

天青石という和名があり、そこからじんわりと
天女のイメージが湧き・・・

そらとうみからひろく包まれている、そうした波動を
感じながら。




ときには 魂が嵐にさらされることもあるだろうけど

おっきな愛を もっていたいな



そんなふうに 想う 秋の夜長



あなたがしあわせでありますように



癒し・ヒーリング ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

ΦウルトラマンランドΦ

行って来たぞー!ウルトラマンランド☆

前々から行ってみたいと思ってたんだけど、
なかなかタイミング合わなくってさ。
そうこうしてたらある日、閉園のお知らせ・・・

身近に子供いたりすると機会あったんかもしれんのだが。

・・・こりゃやっぱ行けってことだよね~と解釈、
ちょっとした課題も残ってたし(あくまで個人的な)
脳みそにインプットして計画を練っておりやした。

もうちょいゆとりあるとよかったね(笑)

どたばたしながらも、なんだかたのしかった♪

っていうか、そうしたことやっても面白がれる
じぶんがいることにあらたな発見あり、で。

時代としちゃ車で動くの主流なんだと思うけど、
交通機関もわりあいええもんですよ。

車はね、運転する人かなり疲れるし、
昨今は飲酒運転の問題もあるから大変。

いろんなことを考慮して交通機関を使ったぶん、
そのつなぎが重要だったんで、時計やまわりの
状況見ながら動いてた。

途中で、バス待ってるときに家族連れに出くわし、
ふうっと会話が入ってくると、どうやらこちらも
目的地が同じだったもよう。

なんか内心へらへらしてたな(爆)

いや、だってさ、この暑い時季に車じゃなくって
出かけるのはある意味けっこうきついだろうし、
事情はどうあれ、そうやって遊びに行く姿勢がね。

いいなあと思ったわけ。

まあ、親とか保護者とかもそんなふうに
子供によろこんでもらいたいのだろうな。

うちもせっせと行ってたほうか(涙)←ありがたや

入場口のおね~さんにごあいさつしそびれた。
せっかく敬礼してくださったので、返礼すれば
よかったよ(汗)

どこぞに行ったときにはほぼ確実に、
記念品をもとめるのだ、が・・・

さすがに大人が買えるものって、ねえ??

悩む悩む。
お財布なんかに入れるおまもりっぽいのが
無難なとこだったんだけど、種類が多いもんだから
選べん!!(泣)

そのうちショップ内に人がわらわら増殖してくるし。
(まだ決まらんのかい)

このままいくと思考停止しそうだったんで、
第一印象でちとかわいい!?・・・かと感じた
マスコットをぷらぷら。

本家の怪獣さんはさぞあきれているだろうと
思いつつ・・・ひひひ↑↑

暑さが尋常じゃないし、天候も安定しなかったり
変動大きかったりもしますが、夏の思い出づくりに
こういうひとときもいいんじゃないかな。

あとひとつき・・・

これから行く人も、これまで行った人も、
何かしらの記憶に留めていただけたらと。

ひょっとしたら無理かも、という状態もあったから
時間つくって行けて、ほんとにうれしかった。

変な言い方かもしれないけど、なんとなく
ふるさとにかえる気分もありましたね。

たとえかたちとしてなくなっても、たぶん・・・
大切な場処として刻まれていくんだろうな。

そんな真夏の、一日。


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

SOUL PURPOSE

ダイアナ・クーパーさんのユニコーンカードを
久しぶりに引いてみました。

出たのは29のカード
『SOUL PURPOSE』

魂の、とあって、ちょっとどきっとしたのですが、
いまのタイミングなのはどこかで分かっていた様子。

何か、響くものやぴんとくるものがありますか?

私なりの解釈や思うところを書いてみますので、
これはそうかも、とかなんとなく分かるな、という
メッセージを感じたら参考にしてくださいね。

ことばの意味は“魂の目的”

人は生まれる前に人生の青写真を描いているといいます。
それを生まれてからの人生で、どのように展開させていくか。

生を受けると記憶はほとんどなくなりますが、生きていく過程で
思い出す、あるいはそういうものか?と気付く場面もあるかもしれません。

無意識ながらしっかりそうした人生を歩むことも。

このカードに描かれている男性はノートのようなものを
手にしています。
私はそれは地図かな?と。ひょっとしたら、旅程表??
どのルートで行こうか、今この辺だけど、思ったより進んでいない、
じゃ、どうしていったらいいかな?

・・・なんて思案しているのかも。

全体の雰囲気はとても静かでやわらか。
花が咲き、きらきらと星のようなものが輝き、
そばでユニコーンが見守っています。

夜明けの空か、遠くが黄色の、明るい光に染まってきていて。

魂の目的、その鍵は心にあるのだろうと。
心の動くこと、向かう場処、誰かの存在に幸福を感じる・・・

そこへ沿ってみませんか?

いくつか色のポイントを挙げると

ピンク→優しくて愛情深い、あたたかな雰囲気ややすらぎ、
      自分を受け入れ愛する
オレンジ→社交的でユーモアがある、神聖で深遠なエネルギー、
      上手に感情を解放
イエロー→賢く知的、機知に富む、子どものような無邪気さ、
      思い込みを手放す

山がみえているので、男性とユニコーンがいるのは
小高い丘でしょうか??

断片的にぽこぽこ書いてるけど、視点が変わると
全然ちがってみえるかな(笑)

ほかにも見方はあるのでしょうが、細かすぎると
焦点が合わせにくいと思うので、今回はこの辺で。

・・・あ、ひとつ、おまけ☆

植物や地表、山々から緑色が導き出されるため、
このキーワードを次に

自然体・ありのままの自分・心のままにナチュラルに・十分な時間と空間

いろんなことを、自身に問いかけてみてください。

緑と縁とは字体が似ているから、通じる部分があるのだと
聞いたことがあります。
見渡せば緑って、近いところにありますよね。
そんなふうにどこでつながるか分からない縁という糸。

自分にとって大切なものを見極めて結び、
確かなものにしてゆけたらいいですね。

 


人気ブログランキングへ

みず の いきもの

八月も後半に入りましたね。
風のある日はちょっぴり涼しげ、だけど
暑さが強烈なところもあるかと。

この近所だけか分かりませんが、
すんごい晴れてるのに夕方ごろもくもくと空が暗くなり、
あっという間に雨がぱらぱらぱら。

「ごごーっ」と雷つき(←こわいよ~)

そうした天候のなか、楪は海辺の町に上陸(?)してました。

水辺も久々でなあんか嬉しかったのです。
けっこうちゃんとした行事ではあったので緊張も
ハンパじゃなかったですが。

数か月前から組まれてた予定だったから
それに合わせて調整はしてましたよ。

最近ではめずらしくかなり多くの人のなかで過ごしたので
自己暗示というか心身をクリアリングしつつ・・・

南国系のお花や素朴な花々、みどりや鳥さんにもかこまれて、
思ったよりどっとこなかったみたいです。
何より、潮風というか海風くるし・・・ちょっと生々しかったりも
するけれど(笑)

ホント久しぶりに海へ大接近♪
急きょ予定変更があってのことだったのですが、
「うにゃー海や~!」(爆)
泳がなかったけどね、気分はふよふよ。

帰りには水族館におじゃまして。
水槽のなかの生き物さんたちは気持ちよさそうだったなあ。
(こちらから見た眼と彼らは違ったこと思ってるかもしれないけど)

お魚さんたちにまじって、よくみるとカメさんいたよ。

ペンギンはねえ、種類によるのかな、泳ぎ方が
微妙にちがうような??
背泳ぎっぽいのとか、カラダ斜め向きになってたりとか、
なんか面白い。

で、種族(?)いっぱいなんだが大きさにすごく幅がある。

あまりの小ささに「ひょえ~」とびっくり。

水槽泳いでたペンちゃんは飛ぶようにすかーっと
さーっと横切っていくのですが、
別のとこでは水槽ながめてる女の子が気になるのか、
しきりに寄ってきてぱたぱたとサービス(??)
してたみたい。ふふふふ。

前世でそうだった可能性でもあるのか、
水棲動物とても気になるんですね。

まあ、海とか水とかって生命の起源にもかかわり
ありそうだし・・・

「海って、さ・・・・・・何か落ち着くんだ」


「知ってる? 人間って生まれてくるとき “水” のなかにいるんだって」
「・・・・・・ああ、たしか 『羊水』 って・・・・・・」
「そう、それ。オレは科学的な根拠とかは分からないけど、海が恋しくなるのって、そういうことも関係してるんじゃないかなぁ・・・・・・」

て、じぶんも何処かで思ってたのかな?
いつか・・・と感じてたこと、
イルカといっしょに泳いだらどんなふうなんだろ?
それはいっぺん体験してみたいです。

視覚的に涼しくなったらいいな、と水っぽい(?)色彩で書いてみました。

・・・わたしにゃお化け噺は無理だ・・・

こまめに水分とりながら動いて、
無茶はあきまへん。
休息もちゃんとする、でないと回復が遅れて
だるさが抜けにくくなります。

みなさま、どうぞご自愛くださいませ。

☆『君はそれ以上~出逢い』より抜粋


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

“Beautiful Road Home”

子どもの頃は 理詰めより感覚で動いてる
そんなところがあった

これまでにはいってきた言葉でいうと

魂がよろこぶ 無邪気にはしゃぐ

大人になればそうはいかない と
いうかもしれないけれど

たぶん 生きてくには
そうした純粋な 自然にちかい部分を
のこしておく必要があるんだって

わたしのなかの どっかが 叫び出した

動物としゃべれたり 植物とこころがかよう
そこまではないし
かみさま ほとけさまと 交信できる
とかじゃないけどね

おもしろいよ なんだか
みえてないとこからいっぱい
みんなが 話しかけてるみたいなんだ

めざす場処ってみえる?
それとも みえない?
もしくは もうちょっとでみえそうな気がする?

歩いてるときはなんにもみえなくて
不安になったりする
そこにほんとに道があるのかってね

でも あらかじめ道があるんじゃなくて
歩いたところが道になってくこともあれば
しらないだけで
すでにひとすじの道を歩んでるってことも
あるんじゃないかな

それが ときどき 目前にあらわれる

わたしには そう感じられてきてる

いろ に 意識が向きはじめると
その いろ が 語ることば だったり
文章にあらわれた いろ の 言語だったり

あらゆるものが こつん こつん と 響き合って
繋がって 教えてくれる

『元気かな?』

『魂はたのしんでる?』

『それ ほんとうに必要?』

『だいじなこと 忘れてない?』

人のからだを通して 伝えてくれることもある

とても 小さな ささやきのような
そよかぜのような

しっかりとこころをさだめていないと 感じない
耳をかたむけていないと 分からない

だから ときおり
いろんなことを まっさらにしてみる

ちょっぴりの時間でも かまわないから

ちからを抜いて 深呼吸して
じぶんだけの空間を 満喫してみて

∞∞∞∞

ブログの関連で、とんとんとん、とつながりが生じ、
ある書物へと辿り着きました。

候補となるものはいろいろあったのですが、
じぶんの順番でいくとこれかな・・・と。

発行年月日からして在庫あやうい!?

あわてて本屋さんに電話すると
「在庫切れてるそうで・・・」

(内心の声)え、ええ~!?

「戻ってきた本があるか確かめてみて、ただ、よれてたりするかもしれませんけど、それでもよろしいですか?」(・・・と出版社さんに言われたらしい)

もちろん、よろしくお願いします!と即答しました(笑)

ちょっとそうじゃなきゃいいな~とは思ったので、
このとき『どうか無事に本が手元に届きますように』と
守護してくださってるマスターにお願い(お祈り)しました☆

この書物の原題が、記事タイトルなのです。

目にしたとき、なぜだかどきっとして、涙がでそうになっちゃった・・・

訳されたものは、『故郷に帰る道』 NATURAL SPIRIT

・・・すこしずつ読んでいますが、なんだろう、わくわくしてるかな・・・

感じることって個々に異なるから、テーマが似てても
手にする本はみんな違いますよね。

わたしはあんまり読んだ人の感想とかは見ないから、そこから本を選ぶこともないですが、興味関心が全然ちがっても、一冊の本で一瞬重なる領域が発生するのって、すごいことでとてつもなくたのしいことなんだなあ


哲学・思想 ブログランキングへ

より以前の記事一覧