ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

恋愛

∞∞光になりたい∞∞

はなしがしたかった だから
ことばにしようと思った


ふつうならあたりまえの そうしたことに
ほんとの意味で気付いていませんでした




ことし どうしてだか いつにもまして
書くのがつらかった
忙しいとかそういうことじゃなく(少しはそれもあるけど)
言葉にしたいけれど意識とかみあわなくて
伝えたい気持ちが強くなるほどそこから先へ進めない


止めようか と 何度も考えた

ちっとも潔くないねって悶々としながら道を探ってた

ここがなくなってしまったら たぶん
私の魂はさらに漂流してしまうと思うので

もうしばらく いたい。。。。


お付き合い願えれば とても嬉しいです



私は 陽の人ではありません
多数派から離れた場処でひっそりと過ごしている
そうであっても 陰には陰なりの 光があって
そこへ集ったひとたちは 私に
穏やかで優しい光を注いでくれていたと


陽のひとにはそのひとの役割があり
輝きを放つ宿命を負っているのかもしれない

私には放つ までの輝きがあるかはわからない
だけど 私がいることによって することによって
誰かがそこに 光をみることがあるのだとしたら


光をくれたひとに 返すことができるばかりではないから
せめて ほんのすこし 何処かで闇に呑まれそうな人へ
一筋の光を届けることができるように






いまは 存在するだけですごく倖せだと 感じる相手がいる
そのことに 気づかせてくれたひとがいる

それこそが光 だったのかな


傷ついた記憶だけが増幅されると 関わりをもちたくない
言葉で伝えることにも不安がつきまとう
それによってすべてを拒絶したくなったりもする

でも 自転車に乗れるようになったり なわとびができたり
何かが上手になったりするように
ぶきっちょでも へたっぴでも ころんでも おっこちても
ことば 放棄したくないって

ほんとうに ことばを獲得 というより 収穫したのって
ごく最近なんじゃないかなあ と しみじみ観じているのです

想いをのせて 話す それは 放す に通じる
届けたい相手に おくりものをするみたいに
そうっと ていねいに


ことばのやりとりで 光がいっぱいのせかいに
なったらいいですね



2015年 あまり お話しができないままになってしまって
ごめんなさい それにもかかわらず こちらまで来てくださって
読んでいただいてありがとう

2016年 どうぞよろしくお願いいたします

物語のほうでもお目にかかれたら幸いに存じます


私はいつも 彼らとともにあります
そうして時のゆるすかぎり ここにいます



世界が 愛と光りで満ちてゆきますように


それぞれにとって大切なひとが 幸せでありますように


深謝

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*






人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



☆『僕のたからもの』  IOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp


Amazon Kindle
楽天kobo
『君はそれ以上』  電子書籍



「翔、手、出して」
「何だよ、いきなり・・・・・・」
「いいから」
 その意図を、何となく察した翔はむくっと起きあがり、ぽりぽりと頭を搔いた後立ち上がった。
 そして敷き布団をぴたり、とつける。
「これで文句ないだろ」
 何か言いたげな武士に。
「ちゃんととなりにいてやっから安心して寝ろ!!」


****

自分の知らないところでたくさん傷ついて、それでも。
ーーもう、ひとりで苦しまなくて、いいから。

『君はそれ以上』 まだ見ぬ君に より







森のなかにいきる



どこで観たんだろう


ふっと視界にはいってきて




森だ


土を踏む 感触

鳥のこえ

風のささめき

緑の匂い




ここは


いのちに たくさんの恵みを

もたらす場処





地球は

ひとつの おおきな森

なのかもしれない



私たちは ここに棲む生きもの



さまざまな彩りのなかで



自然科学 ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村



〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



 プランターの中に咲くヒマワリの花は、そっと寄り添うように
 風にゆれていた。

 ∞∞∞∞

 もし人が信じることや夢見ることをやめてしまったら、
 人は人でなくなってしまう。
 生きていくってそんなにカッコいいことばかりじゃない。
 でも、“生きてる”ってそれだけでもすごいことなんだと思う。

 ∞∞∞∞

 『僕のたからもの』より



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



◎アファンの森
  http://www.afan.or.jp/
 ふわりと おとづれた空間



 地球は

 いのちを結ぶ

 うつくしい森




 死を おもう日々に

 生を かんじていた




◎台風18号大雨|緊急募金のお願い 被災者支援にご協力ください
  国際協力NGOアドラ・ジャパン
http://www.adrajpn.org/Emergency/KokunaiGouu2015.html

 

 

取り柄なんてないけれど

ほっといたらめったに話さないし
てきぱきとは動けず
何をやっても人よりのろい

よわむしで 臆病で
いったいなにがあるんだろうって思うけど


さしたることじゃなく
役にも立たないことかもしれない



でも ひとつだけ

わたしをいきる ということ


そのために全力で
つらぬくにもよくわかっていなくても
はじめにかんじたものを追い求め
なにがみえる どうしたい
文字で 言葉で 文章で
阿呆のようにつめていき

あなたへのものがたりがうまれた


いのちの花が 咲くように



うまれてくれてありがとう



たくさんの倖せを


ほんとうに ほんとうに 有り難う


自然科学 ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



「大切なひとを、見つけたんです。・・・・・・あの子にとって、かけがえのない『存在』を」

『君はそれ以上』より




こころをなくさずに生きてゆけますように

たいせつなひとの氣配を
かんじていられるせかいでありますように



伝えたい想いがあったから描けました

なにかが
彼らの生きる場処へ
連れていってくれた




かなしみに打ちひしがれた日々も

望みを絶たれてしまったときも


導いてくれたすべての存在に
愛と感謝と ほほえみを



あなたへ


光を おくりたい



                楪 蒼朋






呼吸のひとつひとつ

おなじ世界にいても
感じることは まったく違う


真っ暗な闇のなかに ひとり



それでも 光は観じる




わずかながら ながく

伝え導く あたたかな




いきている


いきている



いのちが 叫ぶ





耳を澄まして


心臓の 鼓動(おと)


眼を凝らして


ゆびさきの 次元(せかい)




なにを とらえているのか

どこへ 向かおうとしているのか



だれのものでもない ひとつの道を




クリエイティブライフ ブログランキングへ



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村

〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp


「オレが翔のこと認めなかったときだって翔は黙ってそばにいてくれた。オレのこと見すてなかった。・・・・・・なのにオレには離れろって言う。世界なんて本当は関係ないんだ。オレにとっては翔のとなりにいられることのほうが大事なんだよ!!!」

『君はそれ以上』より




Amazon Kindle
楽天kobo
『君はそれ以上』 電子書籍

 

 

 

 

うまれてきたのはなんのため

かわいげないとだめなのかな

あかるくないのはいけないこと

ともだちはたくさんのほうが

人気者だったら




だれかにいわれたわけじゃないのに
そんなことばかり



ずっとずっとわからなかった

いまは わかんなくてもいいと




意味なんてない という人もいる

なくても 生きてはいける

かもしれない


ただ ないならないで つくる
意義づけする というのは
ありなんじゃないかな

それに ぼんやりとは
こういうことだろうか と

氣づきはじめている人もいるんじゃないかって


信じる信じないはともかく

生まれてくるとき
子は親をえらんでくる

どんな人生を歩むのかを決めてくる

ときく



ちょっぴりね
思いあたるふし あるんだ


もし なくても

たしかなものがつかめないように
感じても

ひとつの生命が うまれることに
意味がないはずはないって





あいてのことは 
すべてわかることはできない

だけど じぶんが
どうかんじてるかはわかるよね

そのひとのこと すきですか

であえた ということは
奇跡にちかく


ぬくもりがめばえる



それこそがきっと

どんなものより貴くて

 


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



「・・・・・・大和さんが、言ってたんだ。オレとお前は、もともと“ひとり”だったんだ・・・・・・って。けど、ひとりに全部背負わせるのはつらすぎる。だから神様が“ふたり”にしたんだって」

『君はそれ以上』より


Amazon Kindle
楽天kobo

『君はそれ以上』 電子書籍






大地の女神

いつか観た あお


それは 突如 そらからおりてきた


**


人の手がはいっているから 正しくは天然 とは
いわないのかもしれない

けれど自然のなかから生まれたものが素となり
かたちづくられた石 そして 人もこの世界の
一部だとするなら天からの あるいは地からの
授かりものともいえるだろう


見つけたのは偶然だった

そこに何らかの意図を感じたのは自分自身で
手に してみようと


あまり知られていない石だけど これから
扱うところもふえてくるのかな


大地の鼓動が聴こえてきそうな女神の石



太古の記憶 

何が視え 誰とともにあったのか

自分はどのような役割を演じていたのだろう



あおい 色
新緑でも葡萄でもなく 翡翠とも異なる


深く 吸いこまれるような

透明で密やかな宇宙


**


哀のなかで 愛となって生きてゆく


こころをひらくために

地球とひとつになるために








自然科学 ブログランキングへ


カラーセラピー ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp



「大きくて、あたたかい手。・・・・・・貴方はこの手で愛しいひとたちを包みこむことができる」

『君はそれ以上~出逢い』より


Amazon Kindle
楽天kobo
『君はそれ以上』  電子書籍版






祝福と感謝の光をのせて。。。。



絶望の果てに光がある

はじめは新聞記事から、間接的に知ったのですが。

ビクトール・フランクルというかたの存在・・・
じんわりと何か、伝わるものがあって。



フランクルが精神科医、ということで、紹介した
臨床心理士の諸富祥彦氏とは通ずるところがあるようです。
記事でのお話から著書をたどることとなり、その過程で
フランクルの言葉に出合いました。


・・・内容としては重い、とみることもできる、けれど、
人間の本質の部分にふれてくるような・・・

日常のなかで漠然と湧きあがってくるものについて、深く
書かれているのです。安易な考えにすりかえない、
目をそむけてはならない、そうすることによって、悩みや苦しみは
堂々巡りになってしまう、ということ。


極限状態のうちに生き抜いた人だけがもつ、透徹したまなざしが
そこにはあると思います。
明快な答えだけを求めるのなら、フランクルの言葉は不向きかも
しれません。それでも、じっくりと考えたり向きあったりすることが
可能ならば、かかえている荷物をどのように背負うのが良いかの
道筋は、自ら描きだせるのではないでしょうか。


読みかけでもあるし、伝えるにもむつかしさがあるので直に
読んでいただくのがいちばんなのですが、印象深い言葉を
紡いでいくことで日々の助けとなれば。


『我を忘れて誰かのために何かを行う。
 そのことではじめて人間は真の自分を発見するのだ』

・・・何かを思ったり考えたりする時に、決まって、自分のことを
意識しているわけではなく、むしろ、自分のことを忘れて何か
大切な人のことや、大事なことを考え、自分以外の何かや誰かに
向けて我を忘れている・・・

自らを乗り越えて世界に開かれているという意味の「自己超越性」
こそが人間の本質。他者や社会との関わりで生きることが自身の
認識にもつながる。


愛する人の存在にもふれています。

苦悩する人間を愛する人間に変えた・・・

このエピソードは、読んで、感じていただけたら幸いです。

愛する人への思いが人間を生かしていくのだということを、
その人への思い、その人からの思いこそ、あなたの人生に
意味を与える素晴らしいものであると。



いくばくかの経験から積み重ねてきたもののおかげなのか、
自身の内面では波立っていたこともあったはずなのですが
普段よりはしずかに過ごせていた気がします。

自分のとらえかたのクセ、人との関係性、価値観の変化、
心と体との対話、などなど、案外動きは激烈(!?)だったの
かな??

やめるという選択も、時折浮かぶのだけど、この空間なくすと
生命維持にかかわるという想いもあるので、おそらくそう簡単には
やめません。時が経つにつれ、書く状態も変わってきているから
言葉の数はより凝縮されていくと思いますが・・・


本年もおつきあいくださり、有り難うございました。
膨大な情報の行き交う時空でこちらまで来ていただけたことに
ほんとうに感謝いたします。
すこしでもお気に召しましたなら嬉しいです。

フランクルの言葉は、どっしりと自分の生をまっとうしたい
かたには有効と観じますから、ぜひおすすめしたいです。
よろしければ読んでみてください。

ビクトール・フランクル
絶望の果てに光がある 諸富祥彦 Yoshihiko Morotomi
KKベストセラーズ


来年もどうぞよろしくお願いします。
あなたにとって、新年が色彩ゆたかな一年でありますよう
お祈り申し上げます。

では、楽しいクリスマス、そしてお正月を!!


楪 蒼朋  〈ゆずりは そうほう〉










ブログランキング・にほんブログ村へ




〈ゆずりは書籍〉

『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html


心を込めてはぐくんだ思い出は、この先どんなことがあっても
あなたの支えとなってくれるはずです。どうしようもないほどの
苦難にぶち当たった時、心を込めて、その思い出を大切に
思い出してください。
《ビクトール・フランクル 絶望の果てに光がある》 より

 


 

愛のかたまり

かれこれふた月になるのかな?

・・・堂本兄弟、終わっちゃってさみしい・・・



たぶん、反応人よかおそいんだと思う。
毎週みることができてなかったせいもあるんかな?

いつかそういうときは来るのだし、相応の理由が
あったのだろうとは分かりつつ、
何か唐突にそのときはやってきて。



いちばん最後は観ましたよ。
バンドのメンバーもけっこう変わってたんだね。
メンバーのリクエストでKinKiの曲、いくつか
歌ってましたが、
『ボクの背中には羽根がある』や『フラワー』は
好きな曲なんで嬉しかったな。

それにしても『カナシミ ブルー』。。。。

歌いたくない、聴いていたい曲の上位にくる、
というコメントはまいったねえ(爆笑)

たしかに自分もかなり手こずった一曲ではあったが(汗)



『愛のかたまり』も久々に耳にした。
ちゃんと覚えてたんでびっくり。
この曲、最初のころからなぜか心身に沁みてきて、
なみだでいっぱいになって困っちゃうんだ。

剛さんの詩に光一さんの曲。

よくこういう歌をつくれるよなあって感心したっけ。。。

別に自分の体験とか関係ないけど、大事なひとたちが
いろんなかたちの、あったかい愛情に包まれてしあわせな時間を
おくっていたらなあってふとよぎってさ。


かたまりって、塊と書く、言語的に使う場合、
なんとかの塊っていうと黒っぽい(?)イメージになるんだけど、
魂という字に通じるところもある気がしている。

魂を育てる意味での愛が深まって、エネルギーの塊になるんなら
地球が、宇宙が金色のひかりで満ちるよね。そういうものなら
どんどんましてくといいなって思うんだ。



どんなふうに書こうかって悩んで、迷っていたのですが、
自分自身に愛がたりていない、そうなると人ともエネルギーを
分かち合えないなと感じて。


スマートになんて、生きられないし、要領よくもなく、ひたすら
不器用、だけど、誰かを想う、その気持ちはいま、わかりかけて
いる。



 サイアクだ あなたは
 僕のセキュリティーをかいくぐって
 100分の1の
 不自由を今シアワセと言う 痛みに変える・・・

 KinKi Kids 『99%LIBERTY』より




かわいく飾られたものでなく、きれいに彩られたものでもなくても。


大切にしたい、その想いがあれば、じゅうぶん。



番組はなくなっても、KinKiはやっぱいいなあっておもいます。
高見沢さんとのかけあいが見られないのは残念、かも??


何はともあれ皆様おつかれさまでした。
たのしかったよ、ありがとう!!

どこかでまたお会いしましょう。







ブログランキング・にほんブログ村へ



〈ゆずりは書籍〉

『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html



最期にのこったのは ことばだった

いのちを精いっぱい 生きたい ここで 活きたい

魂がそう ねがったのは

あなたがいたから だったんだ


わたしがわたしであれるよう みつめながら いのりながら

日々 歩みを 進めています


元気にしてるかな

わたし あなたにあえて ほんとうにしあわせです



出逢いの糸が彩る航跡

まもりたい と願ったのは

しらず 何かが魂に宿った瞬間だった



『君はそれ以上~出逢い』の
電子書籍の配信がはじまりました。


Amazon Kindle

楽天kobo


リンクちゃんとはれてるかな・・・

期間の限られた企画らしいので、より多くのかたに
読んでいただけたら嬉しいです。

電子書籍にしていただけるとは思わなかったので、これも
ひとつのチャレンジかも、とお願いしました。
本質的には紙の本がすきだったり、文字や言葉に想いが
つよかったりもするから紙媒体でどうしても、な部分もある
のですが、それはまた別の機会に。



人間って、自分のいる場処しか知らないと、そこがすべてだと
思ってしまいますよね。・・・こどものころは特にそうだった。
仕方のないことだけど、逆に世界を知らなすぎてより残酷な
顔をしていたのかもしれない。制御の方法が分からないから。

自分自身を肯定できずにいたのも、制限された思考のなかに
いたからなんだろうと。
両親の考え、友人の動向、世間の評判・・・そうしたものに
どこかで振り回されて、自分はそれじゃいけないんだって
勝手にレッテルをはってしまってた。


誰かが「お前はつまらん」といったとしても、ほかの誰かが
「むちゃくちゃ面白いやん」、といってくれることもある。

私はそれで救われたのかな?
・・・世の中そんなもんみたいです。
取り立てて特技があったり、運動できたり、かしこかったり
リーダー資質もってたりもしなかったけど、ね。

なんとなく、描いたり書いたりしてたことで、友達がじんわり
あらわれてくれてた・・・そうやって生きられたんだなって。


人生を語れるほどの歳月を生きてるとはいえないとしても、
話せずにいたことを話していく場処としての物語があったの
だと、いまは感じています。


何かにであう、ということはそこからせかいが拡大することを
意味するのですね。



ほんの少し生きてみたくなった

何かに熱くなり 愚かさをさらし

誰かの笑顔のために道化となり

それでも充分 面白いといえる

そんな生涯もあるのだろう



Dejavu~Mediterranean meditation(地中海の瞑想)

A Talk with the Wind



創造することでせかいをひろめ、ひらき、他者と領域を
分かち合う・・・
それができる部分がのこっていてよかった。
生命のリズムは無意識でもきちんと刻まれていました。


絶望のなかの、最期の希望・・・


祈りが届きますように。






ブログランキング・にほんブログ村へ



・・・旋律や言葉で、科白でまで泣いてしまうようなことが
あるなんてしらなかったよ・・・欠けてしまったものは戻らない
のだとしても、細胞のかけらが眠りから覚めるときは来るの
かな・・・


作品世界を鮮やかにあらわしてくれた、支えとなってくれた
アルバムをふたつあげています。
よろしければ何かのおりに、聴かれてみてください。


・・・なみだの雨、天のしずく・・・
それは重荷を流してくれる清き水・・・やさしくてあたたかな・・・

あなたの空が晴れるよう、わたしも光になりたい・・・



出逢えたことに感謝をこめて



ゆずりはのプロフィール(基地データより)

物語にも真実がある

連続ドラマをきちんと観ていたのはいつ頃だったろう?


ほんのすこし、心が動きNHKのBSプレミアムにて放送中の
ドラマ「プラトニック」を観ています。

といっても、ちゃんと向き合わないといけないと感じながら、
テーマがかなり重い内容なので、しっかり観ているとは
言い難く。

タイミングがはかれるときに、断片的に。


先日のお話は主人公の娘さんの初恋のこと、だったのですが
(主人公は中山美穂さんが演じています)
私が見たときには娘さんを病院から無断で連れ出したために
発作を起こして、そのことにお母さんが弟(娘さんからみると
おじにあたる、小泉孝太郎さん)を責める場面だったようでした。

精神的な負荷が大きいとからだにさわる、とお母さんが心配する
のは理解できます。ましてそれが異性に対する特別な気持ちで
あれば・・・
けれど、堂本剛さん演ずる青年は言います。
その痛み、たとえ哀しい現実があったとしても、そのことを想い
涙する時間も自分だけの素敵な時間だと。
母親としては少しでも長く生きてほしいと願うから、失うことを
恐れるから、先回りをしすぎて。

「誰でもいつかは死ぬんだ!」

・・・不治の病を背負う青年の、言葉、
そう、余命を知っていようといまいと、確実にそのときは訪れる、
ふだんは忘れてしまっていること・・・

そして、
「生きることと、ただ生きることとは違うんです」
全然違う・・・言葉として聴くと、すうっと何かがあふれそうな
感覚に襲われた。いつしか、自身もそうなんだ、生きてるか
死んでるかわからないような日々はいやだと感じていたから。


かたちはもちろんちがうけれど、検査に通う状況が生じて
いろいろなことを受けとめています。

痛さや苦しさを感じずにいられたほうがいいこともあるかもしれない。

だけど、誰かをおもう気持ちまで放棄してしまいたくはない・・・


この日は別のドラマでも命について考えさせられることがあり、
大切なひとにつらなることをおもっていました。
(高橋一生さんや本田博太郎さんはいいなと思いながら)



命のことは無意識なところから物語で私もテーマとしていますから
自分自身に照らして時折、考えてみなさいということなのでしょう。

ドラマと共通するものを感じて、ちょっぴりせつなかったのかな。

もうすぐ、『君はそれ以上~出逢い』の電子版も配信される予定です。

http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp


あなたは わたしが生涯得られないと感じていたものをくれた



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ



いのちは永遠ではありません。

だから、精いっぱい、生きていたいですね。

より以前の記事一覧