ニュース

羽生くんと宮原さん

時差ボケで恐縮ですが(汗)

先日のNHK杯、ですか、フィギュアスケート。

気にはなりつつも全部は観られなかったのですが・・・
羽生くんの演技、「異次元の舞」とまで言われてましたね。

ほんとに凄まじいほどの、鬼気迫る、といっても
過言ではないような。


経緯はともかく、あの選曲は結弦くんらしいなと
得心がいきました。

ショパンのバラード、かな、あの曲はピアノやっていたころの
憧れで、弾けはしないけれど曲の世界観がいまも真に迫って
くる。
『陰陽師』のテーマのほうも、スケートで表現するとどんなふう
なんだろうと思っていましたが、


何かもう、ことばにできないくらいのものがこちらにも
憑いてしまって・・・・・・



宮原さんの演技も素晴らしかった。

SPもフリーも、プレッシャーは並大抵のものじゃなかったと
思います。ノーミスで滑ることさえ難儀なのにそれでも
知子さんは、はるかに上を舞っていた。


エキシビションのときの白い翼のような衣装、そうして魅せる
かろやかな舞いとSPのときの情熱的な演技。


それらは、演技のうえだけでなく、人生を歩むうえでも
大切なステップなのではないかなと感じました。



自己認識と他者観察のギャップ。
理想と現実のギャップなど、日常で生じるさまざまな落差、
価値観の差異。

場合によっては自分の世界がひっくり返るくらいの
ショックやダメージを受けることがあるかもしれない・・・
それすらひょいと超えていける、たとえば右往左往するとか
沈んだり浮いたりするとかあったにしても、そういう自分も
ありなんだと取りこめる、統合していけるユニークさ


そうしたものも育んでしなやかに演じる→生きることが
できればと。



久しぶりに心がふるえました。
羽生くんも宮原さんも、とても美しかった!!


なんていったらいいのかわからないけど、
ともかく、とにかく、感謝☆☆
です。



赤い色はすきな色で
あまり似合わないとおもうけれど白も
浄化だったり あるイメージで惹かれる色で

陰陽は やはり自覚もともない
ショパンには愛と哀を観ずる


結弦くんは「ゆづ」 と 私の「ゆず」では表記は異なるものの
音にすると共通のものが生まれる
それから なまえの由来 語源には繋がる部分を感ずる
ところから


今回のお二人の活躍は何より嬉しかったのでした



結弦くん 知子さん おめでとう そして ありがとう

エネルギーをいただきました


クリエイティブライフ ブログランキングへ



にほんブログ村

       ↑
あしあと pocoっと おねがいします♪



☆『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  IOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp




いかがお過しですか?

年が明けて、はやいもので半月が経ちます。

どのような新年を迎えられたでしょうか?



自然災害や感染症、国家間の軋轢、人種や民族さらには
思想の違いなどによる争いが絶え間なく続いています。

心も体も傷つき、命さえも失うことがある・・・


そうした事象に対し、何ができるというのでもないけれど。
せめてここにある命でやれることを考え、近しい人からでも
支えになれる術を想いながら。



・・・とてもささいなことですが、書く、という行為が、からだの
一部として再起動をはじめてから、かなり細かいところに
意識が向くようになっています。

自分自身では呼吸と同じくらい大事なこと。

なので、はがき一枚でもふだんのペースで書けなくなると、
すごく心配になったり。
例年でいえば年賀状について、書けなくなったら・・・と
感じることがあります。


書式とか、やり方とかは変わっても、まだなんとか
こんなふうにしよう、という気持ちになれ、今回は書くことが
できました。それから、昨年は事情があっていつも通りに
初詣に行けなかったのですが、今年はきちんと参拝でき、
ほんとうによかったと思っています。




お正月に、恩師から

「ながいきするのも芸のうち」

とのお言葉を賜りました。

先人の言葉なのだそうですけど、このタイミング、というか
恩師も私もどこか似た境遇にありますもので、どっしりとした
重みある言だなあと。

期間はともかく、命あるかぎり精いっぱいのことをやれたら
いいですね。



寒さが厳しくなり、天候の変動も大きいようです。
インフルエンザのみならず、身体に影響を及ぼす別の症例も
多くなっていると聞きます。
あまり無理をせず、休養もとりながらおからだおいといください
ませ。


こちらの空間でふっと息が抜けましたら幸いです。
今年もよろしくお願いします。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



〈ゆずりは書籍〉

『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

熱中症のはなし

梅雨時の湿度もすごいな・・・と思っていたら、
あっという間に梅雨明けが来ちゃいましたね。

熱中症で搬送されるかたが多くなっています。

先日、熱中症の予防策について新聞に
ありましたので、ポイントを書いてみますね。

〈全般的な注意〉
・こまめな水分補給
・涼しい服装
・適度に休憩を

〈高齢者への注意〉
・部屋の温度変化を認識する
・暑さに慣れるために1日1回は外へ
・外出時には緊急連絡先を携帯
・暑いときは無理をしない

〈乳幼児(保護者)への注意〉
・子供の異変に敏感になる
・外出時は照り返しに注意
・日頃から暑さに慣れさせる
・車内に子供を置き去りにしない

〈運動する人への注意〉
・直射日光の下での長時間活動はさける
・体を暑さに慣らしてから
・個人差や体調を考慮

日射病とか熱射病といった言葉はよく耳にしてた
感じですが、熱中症っていつ頃からありましたっけ?

しかしホントに最近は暑さの質が変わってきてる気がします。

なんというか、熱が拡散しないんですね。
もわもわとこもり続けて、蓄積していく。

「暑い」というより「熱い」→熱波が襲ってくるというのか・・・

生命の危険をはらんでる感じです。

しかも紫外線は痛いくらい。

なので、少々面倒でもできるだけ帽子をかぶるなど
直射日光は避けたほうが無難です。エネルギー消費が
大きくなって疲れやすくなりますし。

それから、湿度の影響も。

気温がそれほど高くなくとも湿度が高いと
熱中症の危険性は高まるそうです。

湿度が10%高くなると体感温度は1・3~1・4度上昇するのだとか。

この季節、節電も気になるところですが、具合が悪く
なってしまうと後々つらいですし、命にもかかわります。
がまんしすぎずに調節しながらお過ごしくださいね。

ちなみに熱中症とは

“高温多湿な環境で、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、
 体温調節機能がうまく働かなくなったりして発症する”

主な症状:体温上昇、めまい、頭痛、吐き気、だるさ

これらの症状には、ほかの疾患がからんでいる場合も
あるかもしれません。
いずれにせよ、自分で水分や塩分を取れないような
状態ならすぐに医療機関を受診しましょう。

私も学生時代に冷房病でしんどい思いしてから
めっきり文明の利器が苦手になっちゃったんですが、
じょうずに折り合いをつけながらなんとか乗り切ろうと
思います。

睡眠や栄養もしっかりとりましょうね。

◎対応や予防策 「熱中症環境保健マニュアル」
http://www.env.go.jp/chemi/heat_stroke/manual.html


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ここまできたら

近年エキサイトするのは家人のほうになっていますが(笑)

ソフトバンクホークス、クライマックスシリーズ抜けたよ~!!
(カタカナ並ぶと意外に読みにくいですね・・・申し訳ない)

私はそもそもクライマックスシリーズというシステムがいつ導入されたのかも
知らなかったのですが、これが採用されて以降、どうやらホークスは
日本シリーズへ進むことができなかったらしく・・・

くやしかったよね。
まるで鬼門になってしまったみたいに。

ソフトバンクホークスになってからは初、とのこと。

王さんやダイエー時代のこともあって、応援しているのですが
家人が秋山監督(現役時代から)好きらしいのです。
・・・なので、胴上げいっぱいしてほしくて。

シーズン中も故障つきものとはいえ、離脱、登録抹消ひんぱんに
ありましたよね。小久保や松中の思い入れは人一倍だったと思います。

ことしのホークスは新加入の内川や細川の存在が大きかったんじゃないかな。
終盤みていて感じたけど、この人たちもかなり情があつそう・・・
だからホークスだったんだろか??

へたすると失速か!?と思われるときも、何か底力のようなものを漂わせて
みんなでがんばってましたね。
若手の福田とか明石とか、えと、中村・・・だっけ?
すごい活躍してましたが、何といっても長谷川!この人もずいぶん変わったなー
という印象。ウチでも成長したんじゃないか?とうわさされてました。

ピッチャー陣も先発・中継ぎ・抑えとむちゃくちゃ耐えた。

あとは・・・日本一。

選手たちの気持ちもまだ複雑な部分をのこしているかもしれない。
調子のよかった選手も苦闘の続く選手も、このシーズンはあと少し。

まずはここを乗り越えて、笑顔になってくれたら。

泣かなかったけど、気持ちはすっごく嬉しかった。
良かったねー、みんなホントにありがとう。

こころはみえない だから 感じることだよ

性格が明るいとか暗いとか 一部分だけ見たんじゃわからないよね
「そのとき」 気分がよかったとか落ち込んでいたとか
何かあって 心がささくれだっていただけかもしれない

がんばりやさんの人は 疲れていても
表に出しちゃいけないって思ったり
ひょっとしたら本人は 疲れていることにすら
気付いていない

そんなこともあるだろう

心が疲れる というのは
実は自覚しにくいことなのかも

でも くるしみやかなしみが大きいほど
心はどんどんむしばまれていくから


俳優の竹脇無我さんの訃報に、ふと
「近年は心穏やかでおられたのだろうか?」
との思いがよぎった。

竹脇さんがうつ病で闘病生活をされていたと知ったのは、
何かの対談だっただろうか。
俳優さんでうつ病に苦しんだ例は何人か聞いているけれど、おそらく引き金になった要因や症状はそれぞれで異なるのだと思う。

少し目にした記事では、竹脇さんのお父さんが自殺されている、とあり、ご自身がその年齢
に近付いたころから体調をくずされたと書かれていた。
とても、長い期間だったらしい。

うつ病は治療をすれば治るといわれていますが、再発することも多いのです。
また、回復期にあっても調子がいいからと本人が無理をしてしまうことがあったり、周囲には普通になったように見えるため、不調を言い出せず、最悪の場合は自死することも。

精神的な病は外側からはみえないから、「弱い」とか「怠け」だとかいわれます。
けれど昨今の世情をみれば、誰が、いつなってもおかしくない、そういう症例なのです。
あるかたは、「病んでいない人間のほうがむしろ病んでいるのかもしれない」といいます。

・・・精神的に病んでしまうとひたすら思考が内向きになり、停止状態にちかく、
永遠にこの時間が続くとしか思えず、自分が生きるに値しない人間だと責めさいなみます。
ふだんから考え込みやすい性質をもった人はなおさらです。
そうなる前に本人やまわりが気付くことができればどんなに・・・

竹脇さんもそうした側面があったようですが、人はたいてい外側からみられる自分と自己認識とのギャップが大きく、うまくコミュニケーションがとれないと理解されない、と心を閉じてしまいます。場合によっては無視された、と感じることもあるでしょう。

こころは、たしかにみえないしさわれない。
だけど、たとえばいつも笑顔でいる人がさえない顔をしていたら?
ふだん温厚な人が急に怒りっぽくなったら?
やさしい人がひどい言葉を投げつけたり、大声で叫んだりしたら?

それは必死に何かを伝えようとしているのだと思ってください。

それから、直接関係なさそうなことであっても。
あなた自身もしくはそばにいる誰かが、風邪をひきやすくなったな、とか
めったに熱出さないのに高熱が出る、おなかが痛い、頭痛がする・・・
とにかく何か不具合があると感じたなら。

すでにサインは出ているのです。

著名な作家さんの話では、異様にからだが痛くて座っていられない、仕事にならない状態が続き、あらゆるお医者さんをまわったけれど診断が出ず、最後にようやく精神や神経の方面から出ている症状だと判明した例があります。

それほどに、こころとからだは密接に、そして複雑に作用しあっているものなのです。

まずは自分自身の心身の状態はどうなのか、感じてみてください。
それができたら、そばにいる人にも心を向けて、
声をかけてもいいし、ごはんを食べに行くのでもいい、
何気なくおしゃべりに興じるのでもかまいません。

たいせつなのは、
「ちゃんとみてるよ、ここにいるからね」
という気持ちを届けること。

わたしにどれだけのこと、できるんだろうって思うけど、
くるしくてかなしくて、くやしくてたまらないとき、
たくさん助けてもらったから。

『みんな ほんとうに ありがとう』

東日本大震災寄附金付 特殊切手

別件で郵便局に行った時に発売を知りましたので、購入してきました。

80円切手ですので封書用ですね。
この一枚につき20円の寄附金がプラス、1シートであれば200円の寄附金となります。
これが東日本大震災による被災者の方々の救助等に役立てられるそうです。

少なからず切手を使用されるかたにご検討いただければ幸いです。

6月21日発売。
たしか、8月の下旬くらいまでの期間限定となっていたようです。

シンプルなデザインで、あたたかな色合いです。

プラス5円の寄附金つきはがきも発売中です。
数量どの単位からの購入が可能なのか、詳しくは最寄りの郵便局窓口にてご確認ください。
(はがきは、私が購入したところは一枚から可能でした。ただ、もしかすると場処によっては置いていない、取り扱いに違いがある、ということも考えられますので購入時に局員さんにおたずねしたほうが良いかと存じます)

気付けば、夏のかもめ~るも発売の季節です。
一年の半分、すこし落ち着いて便りをしたためたいものです。

みんな、どうしてるかな。。。。

発語する、ということ

珍しく広告が気になって、『英国王のスピーチ』を観てきました。

今回はパンフレット買わなかったので、記憶の範囲とこちらの解釈で書きますが。
すでにご存じの通り、この作品は実話がベースになっています。
国王ですから、当然、国民に向けての言葉を語らなくてはならない立場。ここで問題になるのはその「スピーチ」のためにあることを克服しなくてはならなくなった王族のかた。
先天的ではないものの、彼には「吃音」があったのです。

言葉を発するというのは、ふだん何気なく行っているようですが、「言葉を覚える」というように、最初は言語ではないのですね、赤ちゃんは音声を発するところから始まる。
発達段階でも場合によっては差が出ます。早いか遅いか、のみならず、何らかの障害が生じることもあります。

子供であれ大人であれ、精神的なショックが原因で言葉をうしなうこともありますよね。

やがて王となる(当初は確定していた訳ではないが)彼は、父の言葉や妻の働きかけでスピーチのための猛特訓を受けることになります。ここで登場するのが、とある言語療法士。
・・・相当に型破りな御仁です(笑)何せ相手が相手だけに普通だったらうかつなことできないよな、と思うのですが、この御仁そういったことはおかまいなし。いえ、めちゃくちゃやるんじゃないんです。あくまでも「ここの」、自分のルールにのっとって治療を受けてもらう、というもの。しかし王族である彼は彼で、プライドもあり、療法士との身分の違いなどもあるため簡単にはいかない。治療を受けるまでにも二転三転あり、受け始めてからも、今度はその段階に達したために起こるさまざまな壁が。

物語のなかの出来事は「民間人」であるとあまり考えないことかもしれないけれど、人間対人間の単位でとらえると、すごく普通の情景なんですね。家族や友人、職場における人間関係とか、「話し上手」・「聞き上手」といったその関係の築き方。
物事にはすべて最初があって、始めからうまくいくものじゃない。特に人間同士にはそれぞれの立場や思い、価値観があって、全部同じではないから当然、衝突することや違和感もある。でも、どんな状況であってもある程度の摩擦を通らないとまともに進むことってないんじゃないかな。一定の関係性ができあがるにはね。

そうして、本当に相手との関係を心から願うのであれば、自分の感覚を鍛えて、修練を積んで、ものすごく努力しなきゃいけない、と思います。相手から受け取るものがあるなら、自分からは何を贈れるのか、相手の心に寄り添い、自分には何ができるか、投げかけがあったとき、こちらの思いをどう伝えるか・・・
どこかで見たか、読んだかしましたが、家族という単位があるからと安心していてはいけない、と。それは、すでにできあがっているのではなく、それぞれが努めて育んでいくものなのだと・・・友人や知人も同じ。常に「動き」、「生きている」もの。早くそのことに気付いている人もいるかもしれませんが、私自身は、近年痛感・・・・・・

時として言葉は刃になるし、それを受けることもあるから、しゃべらずにいたほうがいい、しゃべりたくない、と思うことや、いちいち言わなくても分かれよ、とか一回でうまくいかないなら面倒くさい、とか思うこともあるでしょう。だけど、たぶん・・・「言わなきゃ分からない」ことって、いっぱいあるのです。通じるかどうか、も大事だけど言わなかったことで伝えられなかったばかりでなく、思わぬ誤解が生じてしまうことだってあるのだから。

黙っていても伝わることっていうのは、そこに至るまでのプロセスを、充分に踏んだ上でのこと。・・・積み重ね、ですね。そのくらいしないと良き間柄は育たない。

身分や立場は違っても、互いに傷を負った二人の交流。
映画館での上映はいつまでかわからないけれど、機会がありましたらぜひごらんになってください。とても人間くさくて、会話がばんばん面白い。見ようによっては子供のケンカみたいです(微笑)

☆余談其の壱:ソフトバンクホークスの山田投手が、きのう初完封。プロ野球の場合、一人で投げ切ることも少なく、まして相手に点をやらずに終えることはかなり難しいように思う。
ちなみに山田投手は育成出身の選手(知られているドラフト獲得枠とは異なるらしい)とのこと。なんとなく気になり、応援しているので嬉しい。

☆余談其の弐:2010年からお世話になっているセラピストさんからハート型のアメシストをいただいた。色合いが微妙で透明度が高い。水晶系が苦手だったときは思いもよらなかったけれど、いまはかなりなじんでいる。鉱物も自然から生まれたもので、人もその一部だから、波動もからんでいるのかな?説明のつかない、けれど「確かに」ある感覚の大切さを教わっている日々。

かかわるすべてのかたへ ∞∞感謝∞∞

生きて、ここにいる

募金情報
[中央共同募金会]
◎りそな銀行東京公務部 (普)0036576
  口座名:社会福祉法人 中央共同募金会
◎三菱東京UFJ銀行本店 (普)0031265
  口座名:社会福祉法人 中央共同募金会
◎三井住友銀行東京公務部 (普)0155400
  口座名:社会福祉法人 中央共同募金会災害口
◎ゆうちょ銀行 郵便振替口座 00170-6-518
  口座名:中央共同募金会 東北関東大震災義援金
*中央三井信託銀行 本店営業部(普)1457460
   社会福祉法人 中央共同募金会 災害義援金口
*農林中央金庫 本店(普)7250380
   社会福祉法人 中央共同募金会
[日本赤十字社]
◎ゆうちょ銀行 00140-8-507
  口座名:日本赤十字社 東北関東大震災義援金
[日本ユニセフ協会]
◎ゆうちょ銀行 00160-2-372895
  口座名:財団法人 日本ユニセフ協会
  ※通信欄に「東日本大震災」と明記のこと
[日本経済新聞]
救援募金受付 (問)日経ビルサービス「東日本巨大地震救援募金」係 
Tel:03・3270・0251
被曝対策情報
◎緊急被曝(ひばく)の医療研修のHP
 (原子力安全研究協会)
http://www.remnet.jp/lecture/index.html
◎放射線事故への保健所の対応関連HP・電話連絡先
 (全国保健所長会)
http://www.phcd.jp/osirase/houshasen_hokenjo_taiou_manu.pdf
◎健康危機管理支援ライブラリーシステム
 (国立保健医療科学院)
http://h-crisis.niph.go.jp/hcrisis/index.jsp
※上記HPで「地域における放射能事故発生時の対応に関する研究」と入力して検索

日本経済新聞に記載の情報をもとにしておりますが、こちらで確認の後、追加したものもあります。
内容の変動も考えられますので、より正確な情報を知りたい場合は関係各所の最新情報をチェックしてみてください。

∞∞∞∞

生命の誕生までにも
魂は幾重もの試練を越えてくるというけれど

何故生まれたのか
どうして生きているのか
自己の存在の非力さに打ちのめされるばかりで

それでも生きていたい
生きていようと思うのは

君に出逢わなければ
僕はここにはいられなかっただろう

自分の存在の重さもしらずにいた
君が生まれていてくれたことが
どんなに僕を救ったかしれない

君が何もしらなくても
僕はたくさんのものを受け取っている
どれほど言葉にしても尽くせぬくらい

僕が君にできることが
どのくらいあるのかわからないけれど
たよりない歩みでも精いっぱい
生きてゆこうと思っている

君の幸福を祈りながら
君が笑顔でいられるように

∞∞∞∞

<追記>
◎三菱東京UFJ銀行 六本木支店(普)0121081
 「財団法人全国里親会 大震災こども救援基金」

 

『一人ではない』

2011年3月18日の日経新聞文化欄より~神戸市在住の小説家・高嶋哲夫さんのお話から印象深い部分を転記させていただきます。

阪神・淡路大震災のときはモノに対する空しさを強く感じた。家は倒壊し、モノは壊れる。なにより心の支えとなったのは、人との絆を感じたときだ。
遠い地に住む忘れかけていた友人からの安否を気遣う電話に感動し、バス停で子供やお年寄りの手を取って先に乗せる、そんなささやかな行為にさえ胸が詰まった。

そしてそれは、今では世界的な広がりで伝わってくる。インターネットをのぞいてみると、こんな趣旨のメッセージが載っている。
「日本に知り合いはいないが、大変な衝撃を受けている。ニュースを見ているだけで悲しく、生きていることがどんなに幸運なのかと考えさせられる」

この声は、英国のかたのものです。ほかにも多くの声が

「日本人は勇気ある人々だ。常に自然の脅威と闘ってきた。彼らの信念と意志はどんなことがあっても挫かれはしない」
「日本とその品行正しい勤勉な人々を神が守ってくれますように。きっと打ち勝てるよ」
「あなたは一人じゃない。私たちが心を寄せ、そうして祈るから」

「涙が止まらない」

全文ではないので高嶋さんの想いが正確に届けられないかもしれませんが、阪神・淡路大震災を体験し、向き合い、乗り越えてきたかただからこそ語れる言葉もきっとあり・・・そのなかに私自身の、言葉にできない想いもこめながらここに書かせていただいています。

そう、僕も涙が止まらなくなった。
世界が日本の被災地を見守っている。驚くべき悲しみの前に唯一、心温まる思いだ。
地震は非情だ。揺れで人と建物を押しつぶし、生き残った人も裸で路上に放り出す。しかし、家族を亡くし、友人を亡くし、家や財産をなくした人も、生き続けなければならない。
でも、皆さんは一人ではない。日本中の目が、世界中の目が見守っている。どうか、勇気を持って生き続けてほしいと願う。

ふだんからパソコンに向かう時間を制約しながらでないと扱えず、報道の映像などからショック症状が発生したためインターネットからの情報を限られた部分でしか見られていませんでした。そんななかの、こうした声・・・日本という場処を、そこに生きる人々をこんなふうに見ていてくれたのか、そして、見ていてくれるのか・・・そう思うとただ記事を読んで、かみしめるだけではいけない気がしたのです。
阪神・淡路大震災のときも友人や知人と連絡が取れなくて不安な日々があった・・・
いまもそうです。だけど、もっとたくさんの人がさまざまな想いのなかで生きているから信じて待つしかない。どうか、みんなの心や体が守られるように、おだやかな時間が戻ってくるように

最後に、高嶋さんが一番感動した言葉を

「世界の人々が考え直すときが来た。殺し合いに力を使うのでなく、生き残った人々に心を伝えることこそ癒しの道だ」
「人種、宗教、国籍を超えて、人であることに変わりはない。目を覚まそう。自然を前に放り出されたら、殺し合いなんてしていられないんだから。お互いの痛みを和らげることから始めよう」

ただ ただ いのる

わたしのところからは 電波で状況を知るしかなくて

津波の映像をみたとき・・・
それが目の前にあるようで

海が 水が 生きている 魔物のように
呑みこまれた人は 車は 家は
からだがふるえて どうしたらいいかわからなくて

何が起きたかわからないままだった人も

身近な親戚の状況も 連絡がとれなくて不安にさいなまれることも
きっとたくさんあって
自分のからだひとつで精いっぱい 気持ちをどうもてばいいか
とまどうこともある

ともだち 知り合い せんせい 仲間
大切なひとは今
たしかめるすべがないわけじゃないけれど
できるかぎりその手をわずらわせずに

離れた場処のわたし ちっぽけでおおきなちからもない
だから 日常のくらしを淡々と おくるなかで
できることはないか 思いめぐらせる

無事でいて 何が起きていても
命があること
何にすがればいいかわからない
だけど どうか

そして何より 誰もがこころをしっかりと
大地におろして 根をはって

ただ いのる おもう
ただ うごく ねがう

どうか どうか どうか