ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

アニメ・コミック

みんな こどもだったんだ

アンパンマンの 生みの親であるやなせたかしさん


私は アンパンマンを観ていた訳ではないけれど
もちろん しっていたし こどもたちを通して
作品世界にふれることもありました



子ども向け番組 という言い方は
あくまでひとつのジャンルとしての括りで
つくっているのは大人
かつてこどもだった人たちです

だから そのぶん
伝える義務や責任というのが生じるのだと思います


むかし こどもだったころ こんなことがあったな
全部じゃないけれど いま こどもとしてある
存在にも共感できるところがあって

痛いこと 苦しいこと かなしいこと
むつかしいこと 疑問に感じること それらに
何か道すじをつけることができるかもしれない


アンパンマンって かっこいいヒーローとは
違いますよね

すごい武器を持ってるとか必殺技があるとかじゃなく

でも こどもたちはアンパンマンが大好きです

それはきっと 一生懸命に何かをまもろうとする姿勢
どんなときもやさしさをうしなわずに まっすぐでいる

そこに 魅力があるからではないでしょうか


いつわりなく 本気で向き合ってくれる
一緒に 真剣に物事を考えてくれる

大人の世界でも なかなかこうはいきません
気持ちにゆとりがなければ 大半は
自分のことだけに振り回されてしまうから


成長して 大人になることで理解することはあります
ただ こどもの気持ちもなければ 大切なものを 
守り育んでゆくことなど不可能な気がしてなりません


夢は こどもだけのものですか
大きなことに挑戦するだけが夢でしょうか


夢なんて なんにもないなあって思っていたけれど
ずいぶん時が経って 見つけた感じです

それって夢なの といわれちゃいそうでも
私にはささやかで 貴重なもの

こどものとき もしかしたらすでに
わかっていたことだったかも しれません


笑顔がとてもきれいで 生きていくことの楽しさを
教えてくれたひとがいました

たぶん そのひとと やなせさんのねがいは
根本でつながっているのです


私も かっこよくなんかないし そんなふうには
生きられない 転んだりつまずいたりして
傷を負うこともあるでしょう

だけど そうすることで 傷ついた人の痛みが
少しはわかることもあるだろうし そうしてきて
しあわせを感じる瞬間に出逢うこともできたのです


どうしてここにいるのって わからないことばかりで
くるしくなる それでも
いたみやかなしみは 永遠には続かない

笑顔を待っているひとがいるよ
必要とするものに出逢えるときがくるよ

臆病で 泣き虫だった私にも
それだけは ほんのちょっぴりわかるから


この先どんなことがあっても

笑いをわすれずにいられたらと思っています


私なりに たくさん 種をまいて
ほほえみの花を いっぱい咲かせられるといいな




人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村


~水の星に愛をこめて~やさしい星で

いよいよ夏本番、の季節かな・・・?

上記の歌がはやっていたのは学生のときだったと思います。
表記などがあいまいだけど・・・レコードを持っていた時期があった。
生粋のガンダムファンではなかったのですが、「水の星に~」はちょっぴり思うところがございまして。

“やさしい星で”のほうは、たぶん、森口博子さんのアルバムで聴いたのだね。
とてもせつない曲だな、と感じてたけど、本心からその心情がわかるようになったのはおそらくアルバムが手をはなれてしまってから。
でも、やはり歌い手さんが博子さんだから良いのだと思う。

唐突にこの話をしようと思ったのは、博子さんの別の曲を聴いたから、でした。

たしか“パズル”(ローマ字表記かな)というタイトルだったと思います。
“幸せ”や“優しさ”といったことが歌われていた・・・
私はパズル好きですが、ずいぶんつくっていません。・・・ただ、いつの頃からか、自身の日常、日々のこと、人生のことそのものがパズルのようなものかもしれない、と感じ、そんなことを誰かに話した記憶があります。

ここでいう「星」とは「地球」を指すのかもしれない。
その地球のなかに生きているということ、呼吸している私たち・・・
実はみんながそれぞれ色・かたち・光度の異なる輝く「星」なんじゃないかな。
地球の、子どもたち。

どんなときに幸せを感じるか、優しさをおもうか、それはちがうものだけれど、
あらわしかたもさまざま。
つめたいようにみえてもどこかに“やさしさ”が隠れてるってこと、あるんだよ。
他者も自分も、ね。
私もそうです。あまり優しいとはおもわない、でも、できうるかぎり、やさしくありたいとつよく思っています。

やさしさは愛でもあります。どんなにささやかなものでもね。
私は笑顔のすてきなひとが大好きです。
そこには、あたたかさ、やさしさ、すなおさ、ひたむきさ、いろんなものが感じられるから。
そうして誰かにしあわせを与えられるのです。

あなたに笑顔をくれるひとをたいせつに
そして、つらいこともある、けど、もしちょっぴりちからが湧いたら、
無理にでなくてかまわない、すこしでいいから笑ってみて
ぎこちなくても、ふりになってしまっても、
あなたのそばで笑顔をまっているひとがきっといるから

わたしにしあわせをくれるあなたへ。。。。
いつもほんとうにありがとう

大昔の噺だよ(笑)

まんがやアニメーションを見ていたころの話。

原作もの、の場合はたいていアニメから入ってたかな。
ごくまれに原作読んでて、アニメにするとこのキャラはこんな声・・・と想像していた。
みんな小説なんかでもいろいろ考えるっしょ?

・・・で、たまにそれが当たったりして。
週刊少年ジャンプの某作品でそうなったときはけっこうビックリしました。
ということは、文句なしだったのだろうか??

最近の作品や声優さんたちはよく知らないけど、かなり地位向上はしてるみたいなのである意味では良いことなんだろうね。
こちらもすでに古いものとなるか・・・「美少女戦士セーラームーン」。
あれ、この話、してたっけ?作品についてもうろ覚えになってきてるんで細かい部分はご容赦を(汗)
これに関してはアニメ見ながら原作並行してたけど、ウラヌス(はるか)とネプチューン(みちる)は絶対この人!!っていうのがばっちりでした。みちる役の勝生さん・・・だったかな?この方は映画の吹き替えなどでもよく耳にするお声なのですが、ひそかに好きなのですね、私。はるか役の緒方さんは当時、人気沸騰中(!?)だった気がするのでおそらくそうなるだろうなあと思ったのでした。

だってウラヌスって両性具有という複雑な(?)設定だったから、それで
「おやすみ、仔猫ちゃん・・・」
なんて科白を言わせておよそ違和感のない(であろう)声優さんはほかにいないでしょうし。

この作品は私としては原作びいきでした。うさこ可愛かったし・・・なんとなく、そちらサイドだと(うさこを想う)はるかの心情わかると感じたので。
もひとつ、アニメでばんざい!だったのは、ちびうさの役がイメージに合致したこと。
うさこの役の三石さん(?)が体調くずしてピンチヒッターで出ていたかたがのちに、ちびうさ役になったのですが・・・荒木香恵さん、この方も別の作品(「機甲警察メタルジャック」って知ってますう??)でいいなあと思ってまして。まさかホンマに決まるとは思ってなかったからすごく嬉しかったですわ。

前出の緒方恵美さんは、某アニメーション作品の主役で有名ですが、実は私はそちらは観ていない・・・・・・社会現象ともなった、と何処かに書いてありましたけど絵は綺麗で話も興味なかった訳でもない、なのに何故・・・どういえばいいかわからんのですが、少々生々しすぎて恐かったのかもしれない。
ちなみにめったとアニメーションを観ない私と真逆の(はずの)友人は、どうやらツボにはまっていたらしい・・・・・・

☆★☆★

近頃、家人がまめにスポーツ番組を観るもので、けっこうこちらも観ているのだが。

プロ野球、選手の名前の登録の仕方って幅広くなったんすか?
イチローさんのような人もいるから、それもありかなと思いつつ。
おそらく、名前のみを(姓はつけず)表記するとかそれをカタカナにするとか。

12球団全部見たわけではないのでどうなのかな、と思うけど・・・
「ん?」と思ったのが「T・岡田」(表記正確じゃないかもしれない)
・・・こういうのも、ありなん・・・

五月だというのに天気はころころ変わるし、春だか冬だか正体不明な季節でもあり、風邪ひきさんや体調くずすひとも多いようですが、やすめるときにはしっかり休養して無理しすぎないように。
この時季おかしくなると、長引きそうだから・・・・・・