ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 雲霧仁左衛門 | トップページ | 『僕のたからもの』 ~広告掲載のお知らせ~ »

なんねんたっても

「大きくて、あたたかい手。・・・・・・貴方はこの手で愛しいひとたちを包みこむことができる」


性格的に口数が少ない、というのもあったけれど、
子どもの頃は言葉にして伝えたい気持ちが、あまり
なかったのだと思う。

ほんとうに話したい相手に、たぶん
めぐりあえてなかった。


義務のように書く、話すではなく。


変わり始めたきっかけはこれまでに幾度か。


そのときにいてくれてよかった、存在してくれてよかった、
ひとやもの、現象。


「オレの“力”が役に立つなら・・・・・・いつでも呼んでください」
自分にできることがあるなら。
「・・・・・・オレはあなたに救われましたから。それに・・・・・・翔がいるから、オレは安心できるんです」
言葉にはできない、けれどなくてはならない『存在』。
「あいつがいなければ、意味がない」



感覚や感情は個人で異なるものだから言葉ですべてあらわせない、
伝えられるとはかぎらないけれどかたちにしなければ、何もない
ことと同じになってしまう。


音を、声をうしなったとき、それだけは絶対にいやだ、と叫ぶ
自分がいました。

その時生まれた彼らと物語。


自身のいのちや魂と対峙させられていたのだと。
だからこそずっと色褪せずにある想い。



わたしにいのちの煌きや、輝きをおしえてくれた、氣づかせ
取り戻させてくれたひとたちにどうしても伝えたかった、
しらせたかった、

ここにいる、ここにある、いきているわたしという魂を



ことばにならない領域を視えない次元(宇宙)に託して


観えたのは時空を超えた世界、だけど誰もがほんとうは
有している、

ただ、氣づいていないだけの


「オレ、お前見てっと」
「・・・・・・え?」
「空みたいな奴だって思うこと、ある」
あたりまえにあるもの。
その『存在』があるから安心していられる。



想像した・創造した時空だといえなくはない、でもそれだけで
語れぬほど馴染んでいるいつか視た宇宙

説明なんてしようのないひたすら大切な存在をとらえたのだと



魂の家族、友、もうひとりの自分



あらゆる結晶がこの地球に、時代に在る(居る)意味だった。



*『君はそれ以上~出逢い』(文芸社)より引用*





守られている手が守っている手で。


切なく哀しく愛しい時空




堂本光一さんや堂本剛さんにも救われていたかもしれない。


どうか、自身の核を見つけてください、見つめてください。
あなたを必要としているひとがいます。


∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html


Amazon Kindle
楽天kobo

『君はそれ以上』  電子書籍



物語が歩みを進める道のひとつとなれば幸いです。


           楪 蒼朋



ひと文字の違いで。。。。
愛のかたまり
物語のはじまり
** いまは どんなにつらくても 逢えてよかったと伝えたい **
物語から教わること ∞Ⅱ∞





ごめんなさい


ゆるしてください


ありがとう


あいしています







« 雲霧仁左衛門 | トップページ | 『僕のたからもの』 ~広告掲載のお知らせ~ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

情愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/69505956

この記事へのトラックバック一覧です: なんねんたっても:

« 雲霧仁左衛門 | トップページ | 『僕のたからもの』 ~広告掲載のお知らせ~ »