ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 愛しき分身 | トップページ | ステキな歳のかさねかた »

羊と鋼の森

なぜだか心が騒いだ。

ふだんならほとんど気にも留めない書店の、おすすめというのか
・・・・・・表紙絵と、タイトル。


羊と鋼って、やわらかいものとかたいものの対比、だろうか、
それにしても森って??
クエスチョンを飛ばしつつ羊が点々とみえるその絵に引っぱられて
しまい。


概要からピアノ、音、調律にかかわる内容だと読み取れたのと、
じんわりとなにかが働きかける、・・・私の奥深くを揺さぶる作品の
ように思えて・・・

なつかしい故郷にかえった、ひそやかな悦びをかみしめるごとく。

読み進めたい想いと味わいたい氣持ちの間でゆらゆら・・・



ぱらぱらとページをめくるだけでもひらいた場処にはメッセージが
潜んでいる、隠れている。それはあたかも読み手にとっては
宝探し、もしくは置き去りにしてきたものの、再発見。

なのでどうやったって、歩みはのろくなり、紙と筆が必需品になる。


・・・こぼれてしまうとしても、できるかぎり大切なことを、
大切なものを、すくいとれるよう・・・私は今、なにを感じている?
それをどのようにとらえている?これが意味するものは
なんだろうか。


小説は頻繁に読むほうではないし、書籍全般でもいちいち
立ち止まりはしない。それが何故か、これほど聞き耳を
たててしまっている。




昔、私は音楽教室に通っていた。
私の意思ではなく、よくある情操教育の一環、あとは身体をきたえる
意図があったらしい。
その流れでピアノをやることにもなったのだが、本人は歌謡曲や
アニメソングばかり弾いていて基礎練習もおぼつかなく、欲もない
(?)ためにクラシックの大曲などは満足に弾けなかった。

ただ、音楽にかかわっていなければ得ることのなかったものは、
意識するしないにかかわらず、心身に刻まれ、現在の自分を形成
している、と思う。

それに・・・・・・
ピアノの音色はうつくしいな、といまでも。

調律前と後で、微妙に音の色彩やかろやかさ、手ざわりが変化する
のがすきだった。


ささいな、そうした風景がよみがえり。



思い返せばつらい出来事だらけ、にもみえるけど、
ピアノにふれる、音楽の扉をひらくことがなかったら・・・
ここにこうして、立っていることはなかったかもしれない。

この物語に出逢うことも、なにかを、だれかを
とてつもなく愛しいと観ずることも。


私自身、という森のなかへ。

入口付近なのか、あるいは最も深くて暗い、
そこを抜ければ光のさすあらたな局面の寸前か、

いずれにせよ、みえそうでみえない道を。


もしかすると、同時にそれは、
愛するなにかをもとめ、しっていく旅。





鬱蒼とした森へ足を踏み入れてしまった怖さ


それでも引き返すつもりはないのだ


『羊と鋼の森』 より  

宮下奈都 著  文藝春秋






平成28年熊本地震義援金の募集について

平成28年熊本地震の支援について








∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

« 愛しき分身 | トップページ | ステキな歳のかさねかた »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

情愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

植物・動物」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

音楽は音を楽しむものだけど学校で習うのは音学でそこから音楽嫌いになる人もいるとか。
私もそれかもしれませんが(笑)

小学生の頃、ピアノを習ってました。
自分から行きたいと言って習っていたのにだんだん苦痛になって引っ越したのをきっかけにやめてしまいました。
最後の方は言い訳ばかりして練習すらせず…
中学でも高校でも学校の音楽の時間はやっぱり嫌いでした。

高校に入って詩を書き始め、歌詞を書くようになり、そういうときはだいたい曲先なので、一応メロディとしての音を勉強しましたが(コードとか譜の割り付けとか)自分で曲を書くことは出来ませんでした。

この前実家のピアノを触ってみましたが、ほぼ弾けませんでした(笑)
何年も通わせてもらったのに勿体ない話です…

音楽が「音が苦」、になっているという話をどこかで。

入り口によっては嫌いになってしまったりもするのでしょうね・・・

私もあやうくそうなりそうでしたし、講師をしていた頃に
生徒がやめてしまったことがあって、その後音楽嫌いにさせて
しまっていたらと思うと申し訳なくて。


学校の音楽が好きだったのかどうかは曖昧な感じですが、
いまのほうが、楽しい、の意味では心地いいのかもしれません。

ピアノは遠ざけてしまったのでおそらく弾けないだろうなと・・・
ただ、機会があれば電子ピアノからでもさわって、また
演奏できたらなあ、と時折感じています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/67721599

この記事へのトラックバック一覧です: 羊と鋼の森:

« 愛しき分身 | トップページ | ステキな歳のかさねかた »