« たとえば小さな手にすぎないとしても | トップページ | 文学ってなんだろう »

神社まいり道中記

7月のはじめ頃に、とある神社へお参りしてきました。


ずいぶん前に何かで見ていて知っていたのですが、
自分としてはあまりにベタな(?)、場のように思えて近づけず。


しかしながら今回は記事があって氣になる氣になる、
ちょっと遠いけど行け行けとけしかけられるがごとく
ほかでも神社のお姿がばーんと出現しましたので、
意を決して行ってまいりました。



最寄り駅から神社まで、車だとたしか5分くらい、
ただし私は歩きで行く予定だったため、20分くらいになるのかと。


・・・まあ、計算通りにいかんとしてもなんとかなるか、と
歩き始めたのはいいけれど、少しして、こりゃ何か違う、かも・・・
で、近くの郵便局へ。

神社までの道をたずねてみると、応対したおねえさんも車だと
最初思ったらしく。・・・てことは、やはしけっこう遠い??
奥へ行って、別のかたに聞いてらしたようでまもなくその男の人が

「地図を持ってきますので、少しお待ちいただけますか?」


なんとまあご丁寧に。
局自体に用件あって来たのでもないものを(汗)


パソコンから印刷してくださったとおぼしき地図を手に
説明を受けました。
案の定、歩いてきた道を戻らなくてはいけなくて
(神社の方角は反対側だった)、早めに聞いてよかったと
胸をなでおろし。さらには、歩くと・・・「かなり遠めです」
とのこと。

・・・一応、道路地図でおおよその位置は確認してきたんだけど
地図は立体的なものを平面にしてるから、実際の位置関係とか
景色とかは微妙に異なるんだろうねえ・・・

その地図をいただいて、歩き出すこと数分。

教えてもらった目印があらわれてこない。
・・・道、これでいいんか?平面と立体のギャップに右往左往
しつつ、あっ、あった!そこから直進・・・行けども行けども
次のポイントに到達せず。


たしかに遠い・・・

この日はなんぼか陽射しがやわらかかったし風も時々あった
から助かりましたが、それでも夏だからなあ、頼むからここで
ぶっ倒れるなよ~と。



神社へは無事到着、お参りできました☆

ほんとうは、その日祭事もあり、終わるまでいようかとも
思ったのです、けれど辿りつけただけでも幸運だった氣がして。
それにせっかく郵便局員さんに親切にしていただけたのだから
無理せずきちんと帰途につくのがいちばんかな、と。

熱中症になっちゃったらハナシにならないしね・・・



帰り路も迷子になりかけ、そこは地図と直感に救われました。
よくみると、地名やらほかの神社の名称やらが意味ありげ、
でもって、ちょうちょやとんぼさんがわらわらと・・・

ひょっとして道案内してくれたんかも、なんて。


色々まもっていただいた一日でした。

神様、仏様、みえないたくさんの皆様、
素晴らしい対応をしてくださった郵便局員さん、
まことに有り難うございました、心より御礼を申し上げます。




平成28年熊本地震義援金の募集について

平成28年熊本地震の支援について

蛍丸サイダー



∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html









« たとえば小さな手にすぎないとしても | トップページ | 文学ってなんだろう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

情愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« たとえば小さな手にすぎないとしても | トップページ | 文学ってなんだろう »