ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

君と 歩む 宇宙

墨色  モノクロ  無彩色


私の視る世界はそれがすべて

何の問題もないと思っていた


けれどその陰にかすかな傷はのこり


深さゆえに 気づいたときには

どうすることもできなくなっていた

それでも

此処までの道のりは 決して無駄ではなかったと


風景は暗かった訳じゃない

ただ ほのかな灯が観えるように


君だとわかるために



光は 眩しかった

途端に 景色は彩られ

とまどいはいまも続き

私が私でなくなっていくように




怖い  こわくてたまらない

その奥で疼く  高揚

もしかするとそれが 本来の私




言葉すら うまく発せない

歌うことも 詩に託すこともかなわず

芸事によって全身であらわすこともできそうにない


まして私は おそらく鬼をも宿した人であり

ある種の欠陥品

生命力にあふれた美しき存在でもなく



馬鹿な奴だと想いつつ

その莫迦を忌み嫌ってはいない

君が居たから



私には文字しかなかった

そこから語ることでしか 氣持ちを伝えられなくて




もどかしさを抱えたまま

こうして幾度も

生まれ変わるのだろうか


だとしても ともに在れるのなら


自然科学 ブログランキングへ


∞文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』∞
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

∞『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

∞『僕のたからもの』  IOS版∞
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/


∞Android 版 『僕のたからもの』∞
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html




君のいない時に何をしても何故か
空しく見えるほど君に魅かれている


永久の誓いなどとてもできないけど
これが最後の愛と感じている

Not the first but it must be the last
淋しさとは違う明日を待つ孤独が
心を充たしている
これから往く道のどの場所にも君の
姿を映すほど君に魅かれている


“デジャヴー” より 一部引用  song by KEI OGLA



君が しあわせに

微笑んでいられることを祈ってる












三位一体

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

音楽関連情報でたどっていった THE ALFEEのアルバム

そういえば 歌詞のあるメロディーって最近聴いてなかったな


音楽自体が嫌いになった訳じゃないけれど 昔ほど
音を流さなくなった なんでだろう
じっくり聴く間がないのか それとも


還暦の頃の話をちらほら聞いてたね アルフィーの御三方
あれから数年経ってるのか デビュー42周年??
インタビュー記事らしきものがあった

三人三様で話しのかけあいというかボケと突っ込みというべきか
さすがに絶妙のバランス感覚
長くやっているからこそわかる間合いなのか 呼吸なのか



三位一体 という言葉は
思想や信仰 精神世界で語られること あるよね

ほかでいうと 心技体 あるいは
心と体と たましい


どちらも あたりまえにあるようで 実はけっこう
しっくりこない きていない
そんなふうに じんわりと認識 ありませんか?

心技体 の場合は たしかに ある程度の負荷も
かけていくなかで得るところもある
それが自然なかたちになるといいのだろうけど



みえない領域の 心 そして魂

ほんとはどこかで感じていても その違和感を
紐解かないままにきていることも 多いのかもしれない

結果 体に影響が出ても 原因が分からずに放置
さらに悪循環に陥ってしまうこともあるんじゃないだろうか


あなたの心はいま どんなことを感じていますか?

魂は どのような状態なのでしょう


静かでしょうか  騒いでる?
光っているのかな  陰っているようにみえる?

あったかいのかひんやりしてるのか



どんなにがんばっても力が出ないときはあります
そんなときはちょっぴり 息を抜いてみましょう
力が入りすぎて進めなくなることも あるのですから



インタビューのなかに
「骨董品はそれ以上古くならない」
といったことばがありました

時代が変わってもそのものだけがもつことのできる輝き

そういう価値のことを指すのかなあ
なんて思ってました
なかなかその域に達するのは難儀かも だけど
古くなっても古びない 自分だけの判断基準みたいなもの
時代遅れになろうと どんくさいと揶揄されようと
自身の宝珠はうしなわずにいたいと



ことばを出したり引っこめたり
書いたり口にしたりしたことばは戻せない だから

こわくなったりもするけれど

なんにもしないままじゃいられない




。。。アルバム 購入してみようかな。。。





季節が移っていきます
くれぐれもご自愛くださいね









 


人気ブログランキングへ



平成28年熊本地震義援金等の募集について(更新)

平成28年熊本地震 災害義援金の募集について







☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

☆『僕のたからもの』  IOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/


☆Android 版 『僕のたからもの』
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html


☆『君はそれ以上~出逢い』 電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html



Amazon Kindle
楽天kobo

『君はそれ以上』  電子書籍








来て くださって ありがとう


光  空  海  森

ももいろ  みずいろ  きんいろ  ぎんいろ

あいする なにか


あなたの 魂の 依処が みつかりますように



みえているなら大切に

やさしい時空を いきられますように




« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »