ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« いかがお過しですか? | トップページ | “神様がついてこない” »

ひと文字の違いで。。。。

・・・ここ数日、気分の落ち込みが強烈になってます。
ある程度はいつものことなんだけど、このところそこまで
いってなかったから反動かな?

なんかかってに涙がでる

何やってんだか・・・


**


話し言葉だとそんなに気にならないのでしょうが、書き文字、
特に、デジタル文字~機械的な羅列にしかみえない~の
集合体だと、場合によっては一文字がすごく気になります。
たとえば、誤字・脱字、それと、接続部分が「は」なのか「も」
なのか、など。

誤字・脱字だと読み取りや想像で補足しますが文脈でしか
相手の心理を汲むことができないとき、何で接続されているかで
けっこう悩ましかったりします。

書いているのはそれぞれ別人であっても、文字はあくまで記号
のようなもので、そこに終始した(心をともなわない)書き方だと
定型的なものにしかならないので。


もちろん、話すように言葉を生き生きと綴っておられるかたも
います。ただ、ホントは声とか表情とかもはいっての言葉で
伝わることも多いから、メールで伝達するときはもどかしくて。
アナログ式としてはいちばん苦手なんですねえ、いまだに。


人によってどうなのか、印刷文字の話。
書籍の出版に携わって感じたこと、自分自身の伝えたいものに
かかってくるからなのか、ひと文字の重みにがく然としたことが
ありました。
読み飛ばされてしまえばほとんど気付かない、ちょっとの差。
けれど、もしかしたら気付く人がいるかもしれない。

校正の段階で付け加えられたある文字、ところがそこに注釈は
なく。私は変えるつもりがなかったため消していたものが、
印刷時には出現していた。・・・気付いたのがいつだったか・・・

ほかにもうひとつ、表記においてこちらの意図が伝えられずに
そうなったかな、という箇所が。


一冊の書物を創り上げるにあたって専門分野のかたの力は
不可欠で、表現を統一したほうがいい場合があることも
承知しています。それでも、この部分には別の意味合いがあり、
表記を変えました、との話ができなかったのが心残りで・・・
前述の、ひと文字による解釈の相違も含めて直しがきく、その
時季がくることを祈りつつ。


二冊ともお持ちのかたがいらっしゃるかも不明ながら、
並べてみても見つけるのがむつかしいと思われる異なった場処。

2005年と2009年の『君はそれ以上』


日常のなかの 見えそうで見えないもの
伝えにくい でも 伝えたい 大切な

情けなくても不器用でも あらわさないと
ことばにしないといけないことがあるから



〈ゆずりはの書籍にまつわる記事とLink〉

☆『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

☆『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

☆文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp


『君はそれ以上』は紙の書籍も流通しています。
何かのおりに、お手にとっていただけたら幸いに存じます。
(文芸社版:一般書店・ネット書店どちらもほぼ取り寄せ可能)

また、初期発行の二冊についてはこちらをどうぞ。

☆2004年・2005年発行の書物についてご質問などありましたら
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-2bd1.html

ブログランキング・にほんブログ村へ



雪の日も、多くなっていますね。

寒さ厳しきおり、どうかおからだを大切になさってくださいませ。


冬の向こうには かすかに春が息づいて


せかいが あたたかい あかりで

いっぱいになりますように。。。




« いかがお過しですか? | トップページ | “神様がついてこない” »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

コメント

コメント有難うございました^^
本を出版されているのですね。
ゆずりはさんが 綴るお言葉は、
ひとつひとつの言葉を とても大切に
魅力あるものにされていると思います^^

お言葉とても嬉しいです。

話すことが得意ではなかったり、気持ちのあらわしかたも
むつかしさがあったりしますが、生まれてきて、せっかく
言葉という贈り物もいただいているのですから生涯貴重なものとして、
ひとつひとつ咲かせてゆけたらいいな、と想っています。

こちらこそ、ほんとうに有り難うございます(*^-^)

こんばんは~。そうちゃん!(^^♪ 

遊びに寄りました。 
気持ちが落ちて、泣く涙は自然なことだよ。ごくふつうのこと。

泣けるって、いいことだし!泣くと浄化もされるよね。

言葉にはわたしも関心は強い方かな?って思っています。
メールとかって実は難しいよね。 言葉の体温が手紙などの文字に比べて低いというのか・・、
「伝えずらい」・・・というのか。

私個人のことでいうとわたしは絵文字使う派です。にっこりマークとか、かわいい絵文字も好き。happy01
そういうものを入れていきながら、言葉の体温を調節する感じです。

ほかにいえば本もそう。
ただもう惹きつけられる、『本は出会い』・・・人との出会いと同じだと思っているけれど、
書店の本棚の前で出会いを待ちながら、
ふと、目に触れる一冊があってその本とのふれ合いに馴染む時間が楽しみだよね。

「あ、この子、おうちへ連れて帰ろう」って思うか否か。
(^^♪
最後にテレビに出る人で、小堺一機さんの息子さんの小堺翔太さんてみたことあるかな?

母がとてもきれいな「日本語」しゃべる人よ、というので私もテレビでその点を注視して
みましたが、ほんとにいまどきいないくらい丁寧に美しい言葉づかいをする方です。
そうちゃんもそうですが、ことばの美しさは心の美しさだと思います。

そうちゃんの美しいこころとやわらかな日差しのように物事を見つめる感性にここで触れられる時間が貴重だし、いつもうれしいです。 (*^-^)
また、来るね。そうちゃん、元気でね! ありがとう。おやすみなさい☆ 

お返事おそくなってごめんなさい(u_u。)

昔はそんなに言葉に引っかかってなかったと思うのですが、
話し下手はともかく、書くとしても、何か伝えようと思うといかにことばにするかが
大事になってきますし、ひところ、あまりに意思の疎通がうまくいかなくて声が
出なくなったこともあったので、よけいに反動みたいなのも起きてしまったのかなと。


最近は、顔文字はちょっとつかうかな?
じょうずに使ってる人もいるよね。
自分で作ってたりもするのか、すごくバラエティにとんでるものもあって面白い。
手描きのときだと絵文字っぽいのつくるんだけど、文字入力だとむしろ漢字主体で
遊んじゃうから、(汗)とか(泣)とか(驚)、になっちゃって(;´д`)トホホ…


本も、調べるときは検索つかうけど、
買うのはみて、ひらいて、さわって、が基本。

「おうちへ連れて帰ろう」はよくわかる。
私のために待っててくれたんだ、なんてだっこしちゃうし(笑)


美しいことばを発する、語るひとって格好いいよね。

ちゃんと地に足がついてる感じで、決してうわべだけでなく・・・

そんなふうに、しっかりと自分に引き寄せたうえで
吸収して栄養にしたものを、よりよいかたちにしておくる。

こころ(心・魂・情・意)をのせて大切に、
これからもいかしていこうと思っています。


こまなちゃんは元気なのかな?
なかなか行けなくてごめんね。
ペースがどんどんゆるやかになってますが
続けるためにも無理はしないように、
ここはずっとあけてますからいつでも遊びに来てください(*^-^)

こちらこそ、とてもうれしいです。
いつもありがとう☆

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/58898229

この記事へのトラックバック一覧です: ひと文字の違いで。。。。:

« いかがお過しですか? | トップページ | “神様がついてこない” »