ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

黄金の旅路

響きのいい題名だと思いませんか?

例によって書籍ですが(笑)


実際には購入できていないので、詳しいお話しには
ならないのですが、ある競走馬について書かれたものです。


ステイゴールドという馬。

現役時代を記憶しているかたもおられるでしょう。

私はひところ、周囲の影響でレースなども観ていましたけど、
印象としては地味めな馬、しかし確実に存在感をもった
馬でした。

毛色もすきでしたね、じんわりと光沢があって。



書籍情報にあった概要をみるかぎり、どうやら引退して
種牡馬になってから動向に大きな変化が訪れたようです。


・・・そっか、もう、こどもの時代になってんだよね・・・



書評にあって、気になって調べたから読んでみたい
気持ちはあった訳だ。
けど、なんせこのところぼこっと本ふえちゃってるもんだから
むうっと考えこんじゃってさ。

表紙に馬の横顔・・・嗚呼、実物みたい(泣)


馬という生き物にはどこか縁があって、体験乗馬もしていた
ことがありました。いまはいろんな事情で行けなくなりました
けれど・・・わりと小さい時分から馬に乗ってみたいという
夢はありましたから、それが叶えられたことは貴重な経験
だったなって。

間接的にでも何かかかわりがもてたらと願っていたところへ
ちょっぴりおしらせ。


私が知ったのは新聞記事からですが、別方面でも
ご存じなかたがおられるかも・・・?

昔、話題になっていたハルウララを覚えていますか?

ちらっと聞いていたくらいでしたが当時はホントに
人気あったのですね。
そのハルウララは千葉県の牧場で余生を送っているとのこと。

ファームのスタッフが最近、支援団体を設立。
経費を賄うために寄付金を募ることに。


さまざまなところで見聞きされているかもしれませんが、
もし、気持ちが向きましたら会のホームページへ
お立ち寄りくださいませ。

「春うららの会」
http://mf-urara.jimdo.com/


☆ページには入会に関することなどがありますが、
会員にならなくても寄付は受け付けているそうです。

 ゆうちょ銀行への送金や現金書留にて
          ↓
 詳しくはおたずねになってみてくださいね。
 (上記ホームページ内に問い合わせフォームがあります)



馬ってとっても繊細な生き物らしいです。

てのひらでふれるとあったかいんだよね・・・

以前、何かの馬関連の雑誌で、彼らとコミュニケーション
とれるようになると、人間関係でもちょっと自信つくよって
あったのですが、いくらかわかるような感じです。

そんなふうに、いつもよりやさしい気持ちで
相手とのふんわりした関係が築けていけるといいですね。



 

ブログランキング・にほんブログ村へ



〈楪蒼朋書籍関連〉

『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

ことばをなくしたときに なんとか どうにかして

伝えたくて 生きていたくて 紡いだ

ものがたりです


わたしの たいせつな こどもたちです


あなたの ともだちになれたらうれしいな

どうぞよろしくおねがいします









閑 - しずか -



だれもいない場処で


木々のささめき 空氣のゆらぎ

鳥の声を 緑のにおいを

感じて



風が 吹き抜ける



せめて そんな時空を

じぶんのなかに









ブログランキング・にほんブログ村へ




〈楪の本:関連〉

『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

2004年・2005年発行の本についてご質問などありましたら
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/post-2bd1.html














あなたのこころ わたしのこころ

日々を生きていると ふと 立ち止まって
ゆれてしまうときがある


心を決めて けんめいに歩んでいても
まよってしまうことって ありますよね


そんなとき どうしていますか


わたしは すっぽりはまってしまい
しばらく抜けなくなること ありますが
結局は戻ってくるところがほぼ はっきりしているので
その間は 行き来しててもいいや と


相談らしきことは あまりしないです
じぶんを確認するために こんなふうに思ってる と
話すことはあるけれど

意見や助言も 聴きすぎてしまうとかえって
混乱してしまうことがあるから

それに 必ずしも誰かに話せることばかりじゃなく

どんなにしんどくても 話したくないことだってある


じぶんときちんと 対話ができる 距離が保てれば
いちばんなのですが 時に 冷静さを欠いていると
本のちからを借りることになります

そうやって 緩衝材をいれると だんだん
きもちが晴れてきて どうしたかったのかをたどる
こともできてくるんですね


本は ここにいない人の考えも知ることができ
たしかに誰かが存在して みえないけれど
何処かでつながっているとの認識もできる訳で

同時にそれは じぶんが生きている

生かされていることの証でもあります


Dolphin Message

うた、ひとひら

「かなしみ」の哲学

ともいきの思想

アメリカ・インディアンの書物よりも賢い言葉


あるとき ぽこっと手がとまり どばっと購入した書物たち


あとになってみると すべてがひとつの循環のなかに
あったんですね わたしにとっては

一見するとばらばらにみえる出来事も
視点をかえると同じ場処に集まってくるものかもしれない


あなたはいま どこに立っていますか

こころは からだと一体になっていますか

じぶんのほんとうの声が 聴こえていますか


助けを求める気力がわかないとき
言葉や文章が 少しでもあなたのなかに
響くことを祈りつつ

ほのかな灯がともりますように



∞∞∞

『僕のたからもの』  iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

Android 版 『僕のたからもの』発売中
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html


♪この季節の物語で 原案を書いたときは入院中でした
 

  あのころは書籍になるなんて思っていなくて 心身が
 離されていくような 奇妙な感覚しかありませんでした

 じぶんのなかの 大切なものをおもうとき
  読んでいただけたら嬉しいです

 わたしにも ちゃんと 貴重な存在(たからもの)
  あったんだ できたんだ


『君はそれ以上~出逢い』  電子書籍について
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/07/post-63b7.html

文芸社書籍情報 『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp


♪上記作品と世界観は異なりますが きわめて特殊
  という位置付けはしていません
 宇宙であり 惑星であり 一個の人間の せかいでもあり
  ひょっとすると もうひとりのじぶん であることも

 魂のかけらをあつめるように 描いていたのかな
  いま みつめると 彼らからのことばが活きてきます


「俺たちの国の戦いなんて、お前さんたちには何の関係もないことだった。・・・・・・あのとき、俺がヒロムを連れて出ていれば」
「ちがう」
海野は、きっぱりと言った。
「ガイもヒロムもただ、『自分』を生きようとしただけだ」


『君はそれ以上~出逢い』より

 

 どんなことがあっても決してゆずれない核があり
  ほかの誰かになることも その人生を歩くことも
 できはしないから

 あなたはあなたの人生を わたしはわたしの人生を

∞∞∞



見守ってくださるすべてのものに 感謝いたします
  






にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ










« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »