« 桜のおはなし | トップページ | 物語にも真実がある »

紙の書籍のこと。。。

プロフィールや記事でも時折ふれていますが、
私は2004年と2005年に、本を出版しています。

その後、さまざまな事情でこれらの本は流通が
止まり、それぞれかたちを変えて再度送りだすことに
なりました。

最近、こちらのページに載せているものはその、
あらたなヴァージョンとしての書籍ですが・・・
これも以前、書きました通り、上記の出版社での
ヴァージョンも私のもとにあります。


私が出版にかかわりはじめたころに伺った話では、
出版の状況として、点数は多いけれどそれゆえに
ながくは流通しないということ。数からすると入れ替わりが
激しいのは理解できるけれど、紙の本が好きな人間に
してみれば、じっくり時間をかけて選んだり読んだりしたい
なあというのが本音で。

まして、贈りだすほうになれば、職業的な作家さんは
別として、めったにかかわれない身としてはひとつの物語を
届けるための時間はたくさん要るよな、とおもう訳です。


出版の前も、後も、いろんなことがありすぎて、
いつの間にか本たちが取り残されてしまった感じでした。
それでもやはり、紙の書籍は人のきもちとかぬくもりとかが
じんわり伝わっていくものだなと、本好きとしては痛感して。

もし、はじめのときの書籍に興味がありましたら
お問い合わせください。
書籍の詳細についてはアマゾンさんのページで
見ていただけます。

再刊されたもの、電子書籍では加筆修正がありますから
原著とは違いがありますし、紙の書籍のぶんは表紙なども
異なります。

http://www.amazon.co.jp/

検索されるときには「楪蒼朋」(ゆずりは・そうほう)で入力
いただくと二冊同時に出てくるとおもいます。
正確には文芸社発行のものもありますから三冊、かな。
そちらは流通していますから直に購入可能です。

問い合わせの際は、コメント欄からお名前とメールアドレスを
明記の上おはいりくださいませ。
コメントは承認制となっておりますのでこの場合の記入
内容は非公開とします。なお、お名前や問い合わせ内容が
はっきりしない場合はお答えできないことがあります。
ご了承ください。

携帯やスマートフォンだと正常に送受信できないことが
あるため、メールアドレスはパソコンのものが望ましいです。
(フリーメールの場合には迷惑メールとして振り分けられる
ことがあるそうなので注意が必要です)

確認ができましたら指定いただいたアドレスにご連絡します。
ご検討いただければ幸いです。


ものすごく読書家だったわけではないけれど、
紙の書籍があってよかったなっておもいます。
誰かにきもちを伝えたくて、歌にしたり、絵にしたり・・・
私にはそれがなかったから文字にするしかなかったけど、
物語として書籍として、いのちを吹きこむことができたから。

おもいを託すことができるのも、紙の書籍だからこそ。

一冊の書籍だけでも、とてつもないせかいとつながってる、
そんなふうにかんじられるんですね。


夏が、近くなっているのかな?
熱中症にはくれぐれも気をつけて・・・

心身のメンテナンスをしながらの生活のため、
お返事には少々お時間をいただくことになりますが、
きちんと拝見いたします。
お話しの機会がもてましたら嬉しいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ

« 桜のおはなし | トップページ | 物語にも真実がある »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/56376452

この記事へのトラックバック一覧です: 紙の書籍のこと。。。:

« 桜のおはなし | トップページ | 物語にも真実がある »