ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

美 ∞∞ ひたむきに

 
 
 しあわせのたまごから やさしくなりたい


 愛に なりたい


 
 ひとりからふたり ここから せかいへ


 
 手を繋ぎ 心を紡いで


 織りなす いのち




にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

ゆら ゆら

こんばんは

このごろ 樹木をみると

ふうっと同化したくなっちゃうというか

あいさつだけではすまなくなってしまいそう。。。。


意識がなんだか そら とか うみ とかに向かって

たゆたう感触でいっぱいになってます


いろんなことがあって

更新がしづらくなるかもしれません

それでも 可能なかぎり

わたしの魂に響くものを すくいとって

ことばにのせていこうと思っています


時折 のぞいていただければ幸いです


おだやかで やさしい日々が

過ごせますように

みんなが 笑顔で

幸せであれますように


あなたに ありがとう



にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ



『僕のたからもの』 iOS版
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

『君はそれ以上~出逢い』
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

Android版 『僕のたからもの』発売中(詳細記事にて)
http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html

かく★書く☆描く

趣味の関連で、思わぬところから情報がはいり、
久々に文具屋さんへ行くたのしみができた。

・・・それはいいのですが、のちに、
「違うバージョンがでます☆」
と聞き・・・

こりゃ困った(汗)



ちょうどね、税率変わる前だったから、はじめ
複数買ってもいいかなと思ってたんですが、
そこからどうしようか・・・と悩み。

色違いで気分転換にもなるかもと思いつつ、
果たしてしょっちゅう使うだろうかと。



そこまで気にならない人もいるでしょうけど、
感覚的に手紙などでもインクの色って正式には
ブラックかブルーブラックあたりと耳にしたこと
あったので、それ以外の色となるとさて??



いえ、そんなに文書様式正しくできる奴じゃない
んでこだわることはないのですが・・・
要するに、ほんのちょっぴりちがう色もためして
みたいということで、一色。



ちなみに意を決して(!?)文具屋さんへ行ったら
コーナーにその色は出てなかった。

なんとなく予感はあったけど(涙)

迷ったほうの色はあった。
・・・やっぱポピュラーじゃないのかよお・・・


買う人めずらしいのか?

たずねたら取り寄せはOKだったので伝票
書いてきました。



数日後に連絡もらって取りに行くと、

ふふふふふ・・・・・・

パッケージがきれい(爆)


で、なんでそこに反応するかといえば、
買いに行ったときにちらと見たのは
何が違うのか分からんのだが、微妙に箱の
デザインが違ったのだな。
メーカーさん?それとも対応の筆によって?
・・・とかそのときはぐるぐるやってて、
メーカーさんのホームページで確認したのは
こっちだったよなあ、なんて思ってた訳。

だから、受け取りのときにチェック通りの型
(デザイン)だったのが無性に嬉しくてさ。


ばんざい!!



インクも入手できたことだし、いつから使おっかな♪



あ、そうだ、何を買ったのか書いてなかったね。


パイロットコーポレーションの「カクノ」

ローマ字で書かれてるのが正式な名称みたい。
ただ、手書き文字っぽく可愛く描かれているので
ここではカタカナで書きました。

すでに使ってらっしゃるかたもおられるのでは。


万年筆に親しめるようにつくられたものらしいです。
いろいろ工夫がされていて、記事に書かれている
人も。

筆本体の色も、いくつかあって選べるんですね。

なので、わたしはどれにしよっか・・・にはまった
のでした(笑)


かわいらしめの色を、ということでわたしが選んだのは
中字のソフトピンク。
パステルカラーですから、季節としても合うし、
心理的にもやさしい気持ちになれるかな、と・・・


そうして、インクの色は、ヴァイオレット。


シンプルな色からすると少々冒険だなと思いましたが、
この色が紙にうつるとどのような感じになるのか
発色を観てみたかったのです。



「カクノ」の説明書などもこれからゆっくり読んで、
じんわりとした気分で使っていこうと思っています。


万年筆はわたしもほぼ初心者にちかいし、文具に
たけてる人たちからするとかじっただけの、ど素人
なので、書くたのしみ、道具をかえてみるよろこびの
ようなものをたくさんの人が味わってくれたらなあって。



たまには紙に書き描きする感触をたしかめてみて
くださいね♪


ブログランキング・にほんブログ村へ

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »