ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« Gemsilica | トップページ | みつめる・まなざし »

ひとり だけど ふたり

人って 友達や知り合いが多くいると 安心するらしい

たしかに いないのも寂しいだろうし
そうした気持ちも分からない訳じゃない

ただ じぶんの子どもだったころを振り返ると
人がいうほど 誰かにいてほしい感覚は
なかった気がする


いなきゃいけないとは 思わなかったのかな

なんでだろ


人があたりまえにしていることが あたりまえじゃなく
どうしてそんなふうにいられるのか
誰かといることができるのか分からなくて
大人の視点なら 態度能力とか
コミュニケーション力とかいわれるんだろうけど
それってやっぱり素質なんかがいるのかなって

じぶんはこんなものなんだと思ってた 

決して投げやりだったのでもなく
それならそれでもいい とへんなところで
悟ってたのかもしれない


大人になってからも 基本姿勢は変わらない
昔とちょっと違うのは 
いなきゃいけないとは思わないけれど
じぶんのほうからも 働きかけをするようになった
ということ

もちろん 多く友達がいたり知り合いがいたり
することは良いことなんだろうとも思ってる

といって あんまり無理にそうなろうとしなくても
いいんじゃないかって


考え方もさまざまだから 数で勝負する人もいれば
中身重視な場合もある


わたしは性格的に エネルギーを多くのほうに
向けることがむつかしい
それならすこしずつ 何人かのなかで
ゆっくり関係を築いていくほうが落ち着く 
どこかで気がついてた


不思議なもので ちからが入りすぎなかったせいか
友達はいた いてくれた その時々で
いろんなつながりで

時間とともに 会えなくなったり 音信不通に
なってしまったり 別れが気まずくなったり
うまくいかなかったりもしたけれど
たいていは たぶん たのしいことも あった



友達
 知り合い というのは
体感として分けているのかな
とはいえ それが両方で一致するとはかぎらない

価値観みたいなものも 違うだろう

それによって とてつもない哀しみに覆われて
押しつぶされそうになることがあったとしても
心はどうなのか

いっしょにいると 嬉しいひと
笑顔になれるひと
そこにいなくても ふいに浮かんでしまうひとや
気持ちが向いてしまう
そんなひとがいないだろうか



一般論
 だったり 世間の反応だったりは問題じゃない

じぶんにとって 相手がどんな存在なのか
大事なのは それだけ

わたしにもともだちはいる
仮に 相手からみて そうだと感じられないとしても
定義らしきものにあてはまらないとしても
何より たいせつな


人はどう思うかしらない 
でも かかわりが密になればなるほど生易しいものでは
なくなっていくのは自然
だから 好きも嫌いも苦手も含んだところの
何って枠にはめられない
かけがえのない存在になってゆくのじゃないかな


外見 わたしはひとりであっても
いまは ひとりじゃないって感じてる
すでに わたしのスペースに存在するだれかが 
いつも見守っている
そう思えてしかたがないから







にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ

« Gemsilica | トップページ | みつめる・まなざし »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

こんにちは♪

>考え方もさまざまだから 数で勝負する人もいれば
>中身重視な場合もある

私は、中身重視・・・といいますか、自然とそうなっています。
一時期、Facebookをやっていたときは、何十人という数の「友達」ができたけど、しょせん、数が多いというだけで、中身なし。
なんか、Facebookって、友達の数を競うみたいなところが感じられたので、それは確かに幼なじみとの再会とか、懐かしい嬉しいこともあったけど、アカウントを削除しました。

気心の知れた、ほんの数人の「親友」との交流を、これからも大切にしたいと思ってます。

友達ってなんだろう、と考えていた時期がありました。
でも、ならなきゃいけないものではなく、なりたいと思い、
自分が友達なんだと感じればそれでいい・・・

楽しさをしったころから、人数はあまり気にならなくなりました。

しかし、インターネット空間があたりまえになると違った意味での人間関係が
発生しますから、子供たちや仕事にからんだところでも大変になってきますね・・・

どちらにしても、アナログ人間でゆるりとしか動けないから、
スピードなどの面でもとまどうことは多いけれど、自分なりに人との適切な距離を
保ちながら、よりよい関係を築いていけたらなと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/55275308

この記事へのトラックバック一覧です: ひとり だけど ふたり:

« Gemsilica | トップページ | みつめる・まなざし »