« なみだがでるのは | トップページ | Gemsilica »

ことばの違和感

ことば、とは本来生身の人間をあらわす、その
体温を帯びているものだと思うけれど、
何か上滑りしている言葉が多いように昨今は
感じます。

その場かぎりのもの、体裁をととのえるためのもの、
保身から出るもの・・・

言葉がないと困ることはあるとはいえ、表層だけに
終始してしまって、もったいない気持ちにもなったり。

そうそう本音や本心が出せないことも分かるし、
感情的になりすぎてもいけないことは承知している
のですが、もうすこし、活かせないかなあって。

自分自身もそれは七転八倒してます(笑)


∞∞

先日ふと、新聞のすみに

「絆」が「孤独」を奪う

とあって、なんだろう?と気になりました。

夕刊文化の、脚本家・山田太一さんのことば。

なんとなく、わかる気がしたんです。というか、
こんなふうに考えられていることに、ほっとした自分が
いた。前にも、これと似たようなことがありました。
記事に書いたか忘れちゃったけど、なぜだか
大勢を占める風潮や流れに乗れない自分はみえて
いて、どちらを否定することもできず・・・
つよい意見をいえる訳でもないですが、違っていても、
やれることはあるし生きていていいよね、と。

「『絆』などの表面的な言葉が広く使われているのが
気がかり」

「『絆は大事』という主張が『孤独』を選ぶ自由まで
奪ってしまうのは困る」

と山田さんは指摘する。

言葉は生き物だから、それをだいじに思って用いている
人もいることは否めない。ただ、もしその言葉の持つ
ニュアンスだけが先行してブームのように使っている
のだとしたら。

もともと絆という言葉はどちらかといえば、
果てしない束縛、拘束といった、切っても切れない
がちがちの関係をさすもの、だったらしい。

つまり・・・それを意識するなら、どんなことが起きても
ひるまないくらいの覚悟をどこかに保ってなきゃ
ならないんだろうね。

∞∞


浮かぶものはぽこぽこあるのですが、ことばにするには
難儀な事象なので、あらためて続きを書きますね。

どこまでやれるかわからないけれど・・・
引っかかりもあって、わずかでもきちんとかたちにしたい
ことだから。

間隔あいちゃったらごめんなさい(汗)



二月にはいって、雪が積もったりインフルエンザが
流行したりで冬の様相濃くなってきましたね。

しばらく寒さも続いていくと思いますが、
無理しすぎずに休めるときには休んだり、ときおり
息を抜いたりしながらしずかにおすごしくださいませ。

こちらは半冬眠(?)であっても、みなさまに
お越しいただけるようあけております。
気が向かれたときにでもお立ち寄りいただければ
幸いです。


人文 ブログランキングへ

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ
にほんブログ村


☆僕のたからもの(iOS版)
http://www.creatorsworld.net/ebook/mc01750119/

☆君はそれ以上~出逢い
http://www.bungeisha.co.jp/bookinfo/detail/978-4-286-07035-3.jsp

じぶんをあらわす術がなくて 絵にしたり
色にしたりしてみた
すごい曲 弾けたわけじゃないけど
まんがの歌とか 奏でてみた
あるとき 手紙をしたためて
みえる風景を 文字にした
ものがたりをはじめた

そうしたものが 結晶したのが書物でした

面白がってくれたひと たのしんでくれたひと
みんながいたから
笑顔になってほしいひとがいるから

ほんのすこしでも なにかが届けば と
願っています


http://blueaqua-gaia.cocolog-nifty.com/blog/2014/01/post-d531.html
 
               ↑            
『僕のたからもの』 Android版発売中
詳細は上の記事にて

« なみだがでるのは | トップページ | Gemsilica »

ウェブログ・ココログ関連」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

私は、東日本大震災以後使われるようになった「絆」という言葉に、強い違和感を覚えます。
ほっておいてほしい、そっとしておいてほしい、という人たちもいると思います。
ですから、どうしても絆というようなニュアンスで世間様が言葉を使いたいなら、「連帯」という言葉のほうがマシ、ゆるい気がします。。。

まもなく、東日本大震災から丸3年ですね。
阪神淡路大震災はじめ、数多くの災害とともに、未だに被災して立ち直れない方々が少なからずいることを、国民には忘れないでほしいと願っています。

言葉の独り歩きのような現象には日常から意識が向いてしまいます。

震災直後の状況についても、さまざまな記事を読んで複雑な気持ちになっていました。

表層部分で良かれと思うことが必ずしもあてはまらないこともある。
けれど多数の支持するものが正しいように刷り込まれてしまうと深層部分にまで考えが及ばない。

人には他者が踏み込んではならない領域があって、ふだんはある程度
それが保たれることで安定しています。ただ、非常事態になると物理的・精神的に
追い込まれてスペースを取ることがままならなくなる。

そうした状態の人との適切な距離を考えるのはむつかしいですが、
ほんとうは、時に応じて受けとめる側が思わなくてはいけないのでしょうね・・・

苦しみや悲しみへの反応は人によって異なり、同じように変化していくことは
ありません。何年経ったから、まわりがこうなったから、と簡単にいえることでもなく。
ことばや事象、人についてしっかりと感じながら日々を生きたいと思っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/54950758

この記事へのトラックバック一覧です: ことばの違和感:

« なみだがでるのは | トップページ | Gemsilica »