ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 梅に寄す~生命の源 | トップページ | 還りゆく »

わたしのなかの子ども

ちいさいころ どんなことを思ってた?

なにをしてるときたのしかった?

かみさまにおねがいしたいことってあるかな?

いま 大好きなともだちってだあれ?

****

・・・あかん、なみだ出てきた(泣)
ここんとこ、こればっかりやー!どうしたん、らしくもなく??

書き始めたときは考えてたはずなのに、
なぜだか途中からふっと、声がきこえてきた気がする・・・

どんなことがあっても叶えたいこと・・・みんなあるのかな。
物事に淡白すぎるかって思ったりするけど、ひょっとしたら
どっか感情の一部が欠落してるのかもしれない。

いろんな人とのかかわりのなかで、
ひとりの人間のなかには別の存在も棲んでいそうだと感じてる。
・・・あ、多重人格などのことではなくて。
(ただし、人は一面的でないという意味でいくつもの顔を持っている自覚はある)

よくいわれている、インナーチャイルドもそうじゃないかな。
その分野の深い知識はないから、わたしなりに感じることを書くと
みんなかつて子どもだった訳だし、大人になってもきっとどこかに
子どもの部分というのはあると思うんだ。
それは決してマイナスではなくて、むしろひろい視点で物事をみる
のに役立つ領分なんじゃないかと。

けれど心配なのは、そこになんらかの不具合が生じていること。
たとえば、子どものときに子どもらしい過ごし方がされなかったり、
抑圧が感じられたり、感情を封じ込めるような強烈な事柄によって
傷ついていたり。

じぶんが子どもだったときを考えてもらうとよく分かるのですが、
大人の考えが先行して絶対になっている(子どもには判断材料が
少なく、考えるだけの知識もほとんどないので仕方ないけれど)
からしてはいけない、ありえないの縛りが常についてまわるんですね。

結果、こうしたい、があってもそんなこと駄目なんだ、できっこない
・・・そこから一歩踏み出すことがむつかしくなってる。

わたしも・・・なにかに怯えて怖くてたまらない部分を持ったまま
生きてきた気がしますが、この十何年かのあいだ、それでもいい
から、こわくてもいいから、こっちへ向かってかなきゃだめだよ!!
・・・そんな叫びがずっと奥底から響いているようで。

精神的に未熟なのはわかっていました。
とはいえ、それは子どもの心とは関係なく、純粋さもほど遠い
かわいげのない人間だと感じていたのです。
それがあるとき、子どものようなところもあって、それも持った
まんまで大丈夫だよ、とメッセージが届いた。

・・・インナーチャイルドって、本質、魂にいちばんちかい場処、
ほかからは入れない不可侵の領域、ひとの宇宙なのじゃないか、
といまは思います。
時折、話をすることでじぶんのほんとうの想いをたしかめる・・・

ちょうど意識がそこに向いたのか、はっとすることがあって。

石が来たのです。
きけばインナーチャイルドにも作用するというインカローズ

なまえも風情もわたしにはまるっきりそぐわないものだと思って
いたからどうして?と不思議だったのですが、どうやらいくつかの
動機が重なっていたみたい・・・

****

泣かないで

こわくない こわくない

いたいの いたいの 飛んでけ!

ほら いっしょに遊ぼうって

大好きなともだちがまってる

手を つないでごらん

笑って きみは生きていいんだよ

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村


癒し・ヒーリング ブログランキングへ

今回、石のアクセサリーでお世話になったmyuさまのブログです。

Soul crystal アクセサリー *アトリエ*Fairy TRINITY**

« 梅に寄す~生命の源 | トップページ | 還りゆく »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

植物・動物」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

鉱石」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。久しぶりに、ゆずりはさんの文章を読み、(触れ)ました。こどものままの心もあるよね。
こまなは、深く考えてみたりしないけどこどものこころは大人の中にもずっとあると思います。
話がずれていくかもしれないけど、こまなは絵本が好きです。
ある絵本の訳者あとがきに、詩人谷川俊太郎さんは次のような文章を寄せています。

子どもには親にも兄弟姉妹にも友だちにも言えないことがあります。 しかしそのようないわばその子だけの秘密が、子どもの心を大人にむけて深めるのだということは、多くの人が説くところです。 その秘密をわかちあえる相手が子どもには必要なのです。

ジョン・バーニンガム作 谷川俊太郎訳 の、
アルド・わたしだけのひみつのともだち という絵本です^^


本は出会い(!)^^だからね、ゆずりはさんもこの本に出会うかな・・。(*^^)v 
また、気ままに遊びにきます! 素敵な時間をありがと^^

わたしも時々、絵本のぞいてます。
そんなとき、ちゃんとこどもの心が宿ってるなあって
安心したり。かたくなっちゃいそうなとき、いいよね。

ぼんやり、こどものころに読んだ本のこと、思ったりします。
母の記憶に直結してるかな・・・

しゃべれなくて、友達できにくかったから、
本がとなりにあったのかもしれない。
性格も全然ちがうけれどわたしの心友はすごく読書家というか、
たくさんの世界をしっていて、本を通じていろんなものを
もたらしてくれます。・・・わたしはただの本好きですが、
その接点も持ててよかったです。

人とおんなじだね。本も、たいていじぶんで探して選ぶの
だけど、たまに人を通して世界がひろがるとうれしい。

誰のなかにも秘密の部屋ってあるんだと。

だから人と人とのつながりは宇宙みたいなもの
なんだろうね。

あれ、話がそれてる・・・?(^-^;

いいこと聞いちゃった、
こまなさん、ありがとう。

気楽に遊んでってね( ^ω^ )

何度も来てしまってごめんなさいね

何がどうって言えないのですが……
泣けてきました

子ども時代が不幸だったわけではないんだけど

じゅうぶんに天真爛漫な子どもをできなかったことは
いつも感じています

楽しかったことをあれこれと探すようにしているのです。

不幸、ということがどんなものか
子ども時代は分からなかったと思うので、
あのころ何を考えて過ごしていたんだろう?と

子どもらしくないところはあったかもしれません。
反面、どうしようもなく子どもなところもあったような

嫌でたまらない自分がいて

そんなことも含め、良い思い出があまりなかったな。

たんぽぽさんもいろんなことがあったのでしょうね。

言葉にしてくださってありがとう。


過去は変えられないけれど
自分を見つめ直すことで
過去のとらえかたは変えられる と聞きました

たぶん わたしはその時季にはいり
すこしずつ じぶんを
そして じぶんのおもいを
確かめているのだと日々感じています

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/49360135

この記事へのトラックバック一覧です: わたしのなかの子ども:

« 梅に寄す~生命の源 | トップページ | 還りゆく »