« 深いかなしみを知る者ほど微笑みは美しい | トップページ | SOUL PURPOSE »

写真タイプか、色彩もよう??

師走になりましたので、ぼちぼち準備が進んでいるのではないかと思います。

・・・え、もう書いてる?

早めにしなくっちゃなあと思いつつ、なかなか手のつけられぬ
この時季。いっぺんでいいから受付と同時に全部いっしょに
投函したいものです。

クリスマス前ですが、季節の風物詩というべきでしょうか、
はい、年賀状でございます。

ご自宅でぱぱっとつくれちゃうかたはあまり関係ないかな?

印刷依頼するタイプも今はさまざまな形態があるみたいですね。

試してみようかと思うこともあるんだけど、簡単だ~と
世間的にみられるものの大半は私にはアウトだったりする・・・

うん、パソコン画面をあんましじーっと眺めきらんもんで(汗)
こうやってああやって、の説明読む気力が失せてったりも。

デザインがたくさんありすぎても「どれ選べばいいんじゃ!?」
となってしまうので、例年ある程度限られたカタログから
選ぶのですがこれもけっこうむつかしい。

派手すぎてついていけなかったり、質素(?)だけでもちょっと、
あと、文章固定だとまずいもの、金額とのかねあい・・・

うまくかみあわんのだな、これが。

風景写真なんかもいいな、と思うのですが、これも場所や
種類が限られ、可愛かったり綺麗だったりでキャラクターなども
視野に入れますが、こちらもたいそう限定的(泣)

来年は干支がへび、ですよね。

神様のお遣いというか、霊験あらたかな側面もあるのでしょうが、
かたちとしてみるとにょろにょろ、ですのでちと苦手、
・・・絵だよ、デザインだ、紙の上じゃないかと思っても、
どーしよ~と途方に暮れ・・・
「巳」とか「み」とかの字体を模したデザインにしようかとも
考えたけれど、うまくはまらない。

十二年に一回まわってくるものだから、せめて干支に
敬意を表してへびさんにのっていただきたい。

2013年は私個人として特別な意味をもつように
感じられたため、はじめに設定したデザインを取りやめ
どちらかといえばシンプルな風合いに落ち着いた。

受け取られるであろう皆様、どのような結果になっているかおたのしみに♪

とさりげなく書いていますが実は緊張・・・
こういうこと、めったにないんだよね、ここ数年の傾向でもほとんど
決定事項覆したことないから。

しかし、変更したものについてはそれなりの理由が感じられる。

なぜ、いまそれを選んだのか。

私の意向はともかく、受け取られるかたが楽しんでいただけるといいな。
そんな願いをこめて、一枚一枚したためようと思っています。

寒さがぐんとましてきました。
大変なことも多いですが、どうかご自分をしっかりとねぎらってくださいね。


芸術・人文 ブログランキングへ

« 深いかなしみを知る者ほど微笑みは美しい | トップページ | SOUL PURPOSE »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

ゆずりはさん、こんにちは。

私は本日年賀状を書き終えました。
今年頂いた年賀状と、昨年末頂いた喪中欠礼のハガキをもとに、表裏共に、ペンで手書きです。
下手くそな「ハク流書体」で(笑)
以前はパソコンで表裏を印刷して、手書きで一筆添えていました。
最近は、枚数を減らして義理の賀状は親戚だけにしました。
(毎年、返事しか書いてこない方々とは賀状交換を止めました)
本当に親しい人にしか出さないようにしました。
義理でない、親しい人たちとの賀状交換は、本当に楽しいですよ。いつまでも続けたいですね。

完了ですか、早い!!( ^ω^ )

私は着手はしているものの、日によって書ける枚数が
まちまちなので、なるべく集中できればなあと。

ただ、今年はかなり見直しをして、数をしぼったので
例年とは異なる心持ちで書けるんじゃないかとも思っています。

・・・文字は美しくなりませんけども(汗)

手書き文字はいいですね。
人柄とか人となりがあらわれてきますから。

たしかに、直筆だと文字がうまくない、ということで
書くのためらわれたりもしますが、つくられた字は
型が決まっているため、なんとなく体温が感じられなくて。

メカ音痴だからだろ、といわれるにしても
私は動ける(文字が書ける)かぎりはずっと手書きを
続けたいです。

ハクさん、ナイス~(*^ω^*)ノ彡

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/48142754

この記事へのトラックバック一覧です: 写真タイプか、色彩もよう??:

« 深いかなしみを知る者ほど微笑みは美しい | トップページ | SOUL PURPOSE »