« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

海を感じなさい。

胎児のころの記憶を有している人や、
ふつうは記憶されにくい小さなころの記憶を
持っている人がいるときく。

そうしたものを知りたい気持ちはあっても、
私自身にそれはのこっていないけれど・・・

なぜかあるときから、知るはずのない光景が
浮かんだり、誰かの感情がまるで自分のものの
ように強烈に流れ込んだり、ということが
起こるようになった。

気のせい、というにはリアルさがありすぎるから
何なのだろうとこわくなったりもするのだけど。

・・・そんなおり。

生まれた日の記憶なんてまさか・・・・・・
と君は思うかもしれない。
しかし、想像の翼を広げれば、
リアルな記憶がまぶたの裏によみがえる。

そこにいるのが私なのか、
私にかかわる誰かなのかはわからない。
ただ、間違いなくみんなそうして・・・
父や母や、祖父や祖母、
まわりの人たちに見守られ、
愛情を受けて生まれてきたはずなのです。

疲れたら休みなさい。
山の懐に抱かれて休みなさい。
疲れたあとの休息なら、誰もとがめたりはしない。
眠りはつねに深くとりなさい。
そして翌朝、大気を思いっきり吸い込んで
一歩を踏み出すのだ。

苦しみに、悲しみに、
痛みに耐えがたくなったら、
静かな時間をもってください。

あなたの大切な人はどんなひとですか?

大好きなことってどんなこと?

焦ることはない。
道が険しければ、回り道をしたっていい。
ときには引き返す勇気も必要だろう。

あなたがすごく嬉しかったことって
なんだろう?

生まれて成長する過程で出会った人のなかには
あなたの存在にしあわせを感じ、
心のよりどころとしている人もいます。

そしてそれは・・・これからゆっくりであっても
確実に増えていくのです。

自分の身体に宿る命は、
他者と支え合い、共有された命なのだ。

あなたのなかにはすでに、いくつもの命が
宿っています。
だからどうか、その灯を消さないでください。
こわさないでください。

目を閉じて、桜の木に聴いてみなさい。
二つにして一つの、命のつながりを。

~『海を感じなさい。 次の世代を生きる君たちへ』

渡辺憲司 著 朝日新聞出版

※水色の箇所は引用


人文 ブログランキングへ

あなたに宿る 幾多の命を 感じてほしい

Emerald

この石について語るには密着度というか、
愛好度(?)がたりてない気がしたので書けそうもない・・・
と思っていたのですが。

なんとなく持ってる石の本でちらちらいまどき目にする
もんだから、意味ありげ??と書いてみることに。

誕生石としては五月だね。んで、たぶん、宝石としては
ダイヤモンド、ルビー、サファイアあたりと同様な有名どころ
でしょか??

このイメージゆえか、鉱石に関心もちはじめてからも、
心理的な距離があり・・・こりゃ手、でないわと思ってました。

しかしながら、鉱物好きなかたはご存じの通り、
アクアマリンとつながりあるし、色彩の勉強にとりかかってから
精神面にかかわる部分でぽこっと現れ、
だけどさ、あのぎらぎらした(ジュエリー業界やそちらがお好きなみなさん、ごめんなさい・・・)宝石質エメラルドは高価だし苦手なんだよ~と
避けておりましたらさらにメッセージほいっとおいでになり。

「・・・やっぱし、持たなあかん・・・?」

これも不思議なもんで、腰据えて探しましたら
原石系むつかしくも、それにちかい自然の色合いのものを
発見。

エメラルドって地中深くにあるらしく、原石っぽい状態で
あまり大きくは形成されんらしいのですわ。
なので、天然のものというとおおよそ黒っぽくなる。
とはいえ、こういう話きくとなんだか植物の種みたいな感じで、
可愛いなあって思っちゃって(笑)

宝石質の輝きもいいけれど、自然な雰囲気の緑って、
植物のみどりの空気をもらってるようで心地好いです。

鉱物というのは妖精や精霊の存在が近い、とのことですが、
大天使でいうと、エメラルドはラファエルの石、色なのだとか。

エメラルド自体、ヒーリングは強力だそうで・・・
こっちも影響してたかな?

愛と繁栄の象徴、とする見方が一般的なようです。

グリーンはハートチャクラに働きかける色でもありますから、
疲れたり傷ついたりした心にじんわり沁みて、
気持ちが和らいでいくように感じます。

・・・これも波紋?なのかな、きのう、あることに反応してか
急に泣きだしちゃったよ・・・

思わぬところからいろんなもんにつながっちゃうんだね。

それもまた、面白し♪

ここ数日でさらに秋モードが高まったようです。
夏の疲れなどはのこっていませんか?
くれぐれもご自愛くださいね。


人気ブログランキングへ

花を贈るように・・・いのりをこめて

元気にしてますか?

がんばりすぎて 疲れてないかな?

おたよりできなくてごめんね

おしゃべりじょうずだったら と 思うけれど

ことばがでないんだ

これでもずいぶん ましになったんだよ

しゃべれないからなんとか お絵描きしたり

おてがみ書いたり

じぶんでも いっしょうけんめいだったな

よく いきられたなあって いま おもってる

いたくって つらくって 泣いてばかりいたときがあった

消しちゃいたいもの いっぱいあった

だけど 消さなかったから たぶん 笑えるようになって

あなたのことがたいせつだと

わたしのことがたいせつだと わかるようになったのかもしれない

もう ぜったいしゃべるもんか! って

じぶんのこと 閉じちゃおうとしたけど

それだと 永久になんにも変わらなくて

あなたにも逢えなくなっちゃうんだよね

そんなの いやだったから

たいした取り柄もないけれど ことばを

書いたり 話したり 描いたり

これだけは 誰にも じゃまさせるもんかって

せめてそうして わたしのこころにちかづきたい

あなたのこころにとどけたいといのりながら

せいいっぱい 深く息をする

わたしがわたしでいることを ゆるしてくれて

ありがとう

あなたにつたえたいことがたくさんありすぎて

ことばにならないんだ

ただ めぐりあえてよかったよ ほんとうに

今度 笑顔であえるといいね

神様におねがいしてみよう


人気ブログランキングへ

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »