« みず の いきもの | トップページ | 花を贈るように・・・いのりをこめて »

Rutile

気象予報をみていてびっくりしたのですが・・・

日本列島まっかっか!

暑さの度合いを色分けしたものだったけれど、
蒸し暑いとかじりじり暑いとか。
熱中症危険エリアみたいなのもあったかな。

みなさま、油断は禁物です。

鉱物自体はミネラルですから、植物みたく
ふれたりみたりするぶんにはいくらか涼しさも
ありそうですが。

そんなわけで、ちょっぴり涼んでいただきたく?

水晶系の石です。
ルチル、とあるのだけどルチルクオーツと
いったほうがいいのでしょうか。

学術的かパワーストーン扱うお店などの
便宜的なものかよく分からなくて。

和名「金紅石」

こっちのなまえにぱーんときちゃったわし。

このへんに関係あるのか、一般的に
財運や人運、うーん、人の縁とかにまつわる
効能(こう書くと温泉みたいになりますか)で
語られてますね。

石の色は範囲が広いので、レッドやブルー、
ピンクやオレンジ(もあったっけ?)と多彩で
それぞれにも意味はあるらしいです。

色の好みもあるから、それによって購入する
こともあるだろうな。

私は最初のインパクトがつよくてイメージとしては
赤だったりする。

赤みがかった原石って観てみたいですね。

球体もいいなあと思ったことあったんですが、
原石観たい、のほうに押されてパス。

しかし不思議なもんで、どっちが先か忘れたけど
気になってきていてちらちら現れだしたり、
カードリーディングで出たり。

2012年の石

いつしかそんな位置付けに。

針状のものが水晶内に入るんですよ、
おもしろいですよね。

なんでそうなるん??(笑)

持ってる書物には

“洞察力や直感力、霊力が高まり、物事の真実を見分ける力が養われる”

とあります。

これもなんとなく「そっかー」、てな感じでは
ありますが、別にもらったメッセージはさらに
深いな・・・といったところで。
無意識に実践してたことにつながってるというか。

表層にある意味や効用はしょっても、
ともかく鉱物にふれてじわりとその感触を
たしかめるといいんじゃないかな?

たまにこれ以外でもやるんですけど、
以前この場処には何があったんだろう、
どんな景色がひろがってたのかな、
みえてたひとやものはどんなだったろう・・・と
思いをはせてみるんです。
鉱物も自然のなかにあったものですしね。

そういうこと感じてみるのもどこか
わくわくしませんか?

石にふれた風や雨、
そばに緑や花はあったのか、ほかの生き物は、
なんて。

・・・あれ?意識がトランスしてる(爆)

石の名の由来はラテン語で黄金色とか、
輝いているの意味からだそうなので、
気力があまりないといった場合にエネルギーを
高めてくれるかもしれません。

水晶ベースですから、どっしりかまえるといった
エネルギーも。

暮らしのなかに取り入れてみようかなと
思われるかたは、楽しみながらぜひ。

植物にお水をあげるのにたとえるなら
鉱物をなでてみるとか、話しかけるとか。

それって同時に、自分自身を潤わせることに
つながるのですね。

さて、本日は同月二度目の満月の日。
ブルームーンが訪れます。
観ることができれば幸いですが・・・
もし観えなくても、月はいつもたしかにそこにあり、
見守ってくれています。

そのことを忘れないでね。


天然石・パワーストーン ブログランキングへ

« みず の いきもの | トップページ | 花を贈るように・・・いのりをこめて »

学問・資格」カテゴリの記事

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

植物・動物」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

鉱石」カテゴリの記事

コメント

こんにちは~。
またまた遊びに来ました。

あぁ、「ルチラー」の異名をとるわたし、ルチルと見たら、素通りできません!!

オレンジもピンクもレッドもグリーンもブルーも(内包している鉱物が違いますが)、ありますよ。

・・・幾種類かコレクションしているものが…\(;゚∇゚)/

本当にいくつあっても買ってしまう、石の魔力ですわ^_^;

いらっしゃいませ( ^ω^ )

ルチルはいろんな変遷ありまして。

いっぱい石置いてあるところでじ~っくり眺めてみたいなと
ちょっぴり野望(?)があります。

やりくりしながら石付き合いはしてますが、
お気持ちよく分かりますね・・・

たまにひょろっと石屋さん寄ると、
ブラックとかプラチナとかシルバーとかあって、
視界には一応はいってるけど
意識としては観ないようにしていたり(^-^;

・・・ああどおしよう・・・

お返事おそくなりました。
コメント感謝です♪

゚.+:。(・ω・)b゚.+:。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/46882503

この記事へのトラックバック一覧です: Rutile:

« みず の いきもの | トップページ | 花を贈るように・・・いのりをこめて »