ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 2011年から2012年への橋渡し | トップページ | かなし の 情 <壱> »

天守物語

題名からしていろんなことを想起する作品。

・・・何から入ったんだっけ?・・・ああ、作家さんがらみで文学賞のことから
引っかかったんだ。

泉鏡花を読んでみようと思ったのはいいが、口語、ではなかったので
それはそれとしておおまかに読んで、世界観はもわっと浸透してきたのでは、と。

生粋の鏡花好きのかた、御免なさい(汗)

文学のサイトも昔?ちらっと見たのですが、泉鏡花って人物としては
すごく関心あるんです。・・・というか、もうちょいきちんと知りたい、かな??

天守物語は幻想的・・・いえ、鏡花文学ってそういう側面有してますが、
仮に映像としても舞台としても、独特の世界できるんじゃないかと思うのです。

たしか映画にもなってる、かな?

現実に生きてる自分でもたまにふ・・・っと何処か次元のはざまに
引っかかってる、踏み込んだような感覚になるのでこの作品世界というのも、
手をのばせば入りこんでしまえるように感じて・・・

ここに書いているのは実は、お芝居の案内を見たからなのですが。

しかも精神面で?私が追っかけ(笑)やってる篠井英介さんが出演されている。

「観たいんだがなあ。。。。」

演出が白井晃さんで、江波杏子さん出てらしたり・・・
興味深い作品であることに間違いはなく。

すでに行くと決めてらっしゃるかたもいるかと存じますが、少々ご案内を。

『天守物語』 11月5日(土)~11月20日(日)
         新国立劇場 中劇場

出演者やタイムテーブルその他の詳細は、公演チケット取り扱い窓口や
チケット販売サイトなどでご確認ください。

演出によっても雰囲気変わるんだろうな・・・

篠井さーん、応援してます~♪←ミーハー全開(爆)

そうそう、泉鏡花といえばあやしの世界、ということで
鏡花論を書いている人の本を買って持っているのですが

「難読漢字多し」←いや、単に読み手が阿呆なだけ、か

という訳でまるっきり進まない現状。
でもなあ、ザセツして手放した本も多いなか、この本はわりと
風情があって好きなんで・・・置いてある。

・・・著者とのたたかいだな、こりゃ。

★発売中の既刊
 『君はそれ以上~出逢い』(文芸社)   http://www.bungeisha.co.jp

全国の書店にて取り寄せ可能、アマゾン、楽天などネット書店においても販売展開中
 

« 2011年から2012年への橋渡し | トップページ | かなし の 情 <壱> »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/42402575

この記事へのトラックバック一覧です: 天守物語:

« 2011年から2012年への橋渡し | トップページ | かなし の 情 <壱> »