« こころはみえない だから 感じることだよ | トップページ | TURQUOISE »

時代劇の作り方

テレビの時代劇枠はどうやら完全になくなってしまうようだが・・・

少なくなってもちょっと前まではちらほらあったのに。
・・・いつの間に??
(NHKの大河ドラマは別)

テレビ東京系でもひところやってたと思うけど、枠なくなっちゃってたんだねえ。
朝日系もけっこう面白かったな、「八丁堀の七人」とか、片平なぎささんが出てた仕置き人っぽいドラマとか。北大路欣也さんが出演されてた八州まわりの(記事どっかにとってたんだけど)話などは続編期待してたんだけどなあ・・・

すごく寂しいぞーと思っているとき、本の紹介コーナーで『時代劇の作り方』を発見。

いわゆる書評のあるところで、専門のかたが論じておられる・・・
昔誰かが、書評で紹介される本は売れない本ばかりだと書いていたけれど、
・・・ま、それはひとつの意見というか極論というか・・・
本について論じたものってたまに見るんですがかなりキツイねーと思うものも。
その人はそう思うんだろうから仕方ないか、と思いつつ、
未熟な自分にしてみれば「てめーは馬鹿か!?」とどやされている感覚があって、
消化(?)しきれずにいたりする。

そりゃあこちとらちっぽけな奴ですけんど、一応それなりの自尊心ってものはありやして、
自分のしょってるもんに関しちゃ生半可にゃしてないんだけどね。
(とまあ、ちょいとつぶやいてみる)

時代がそうだから、というか関心事が変わっていくから時代劇観る人も減るのは分かるけど、なくなっちまうとこまる人間もいるんだよなあ。だからといって、なんでもいいってもんでもないけど。

制作にかけるお金やロケ地などの問題もあるのでしょうし、現実的には用語の問題なんかも出るのでは?世代が若くなると時代の言葉が現代に吸収されてしまうってとこも生じそうだし。時代考証もあるのでしょうが、場合によってはうまく機能してないこともあるらしく・・・
手間がかかるわりに実がとりにくいのが難点ということでしょうか。

私はまだこの本を読んでいないのだが、制作サイドの熱い思いが注がれている一冊だと考えている。
「鬼平犯科帳」などの本格的な時代劇に携わったプロデューサーの矜持・・・

このドラマ良いんだよね。人間模様が。
みんなものすごく人間くさくてさ。
男とか女とか関係なくどっか「惚れてる」風情がね。

・・・そういや自分、おまささん好きなんですが、ここまで書いてきて浮かんだ作品、
わりと梶芽衣子さんからんでるものが多いな・・・

ちなみに昔の時代劇だと「大江戸捜査網」むちゃくちゃ好きでした。
稲妻お竜と流れ星おりんはええのお~**

おわりに。
この本についてのコメントを書かれた縄田氏のさけびをどうぞ。

“頼む、時代劇よ死なないでくれ。”

« こころはみえない だから 感じることだよ | トップページ | TURQUOISE »

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

焼きなすです confident そうですネ 今 時代劇を 創ると行っても 若い役者さんでは 江戸時代なんか 分かってないんじゃ無いか 監督自身も余り分かって無いのかも もっと江戸時代 又はそれ以前の仕組み・生活環境・慣習・制度など book 勉強してから 創れば良いと思う 日曜日のテレビ tv 大喜利の後に放映される番組で 江戸時代に 関係した小劇が有りました 小劇が終わると 江戸時代に 詳しい rouge 女の人(少し前に亡くなりました)が 出て来て 色々説明して呉れました 白い刀は殿様しか 持たないとか 昔にインスタントの 味噌汁が有ったとか 宿屋と言っても 鍋や七輪を貸して呉れるだけとか 大名などは宿屋が準備をするとか そんな話を 良くして呉れました (o^-^o) また遊びに run 行きま-す 

(。・w・。 ) あ、そういえば「お江戸でござる」 とかありましたか??
時々、ちらっと観てました。
そうすると、解説されてたのは杉浦日向子さん、かな?(男の人がお話をされてるのを見たときもあったかな・・・) ちょっとうろ覚えですが。

亡くなられたのは突然だった気がするので知ったときには驚いて。

暑さがまだ残るようですが、休息もとりながら乗り切りましょうねjapanesetea (*^-^) 

楪様

お久しぶりです。シマハートケア主宰の志麻卯京です。

このたびは、素晴らしい御土産と、お手紙有難うございます。

私のブログのなう、でも、楪さんのことを書いた記事を再度UP

させて頂きました。

有難うございます。

御返事遅くなり、申し訳ありませんでした。

相変わらず、毎日、遅くまで鑑定や書類制作に追われております。

竹久夢二はとっても大好きですし、私の趣味は、お風呂&読書ですから

本当にうれしいです。

全て、大切にありがたくつかわせて頂きます。

作家さんとして、芸術家として、生まれ持った感性と、才能を持つ

楪さんは、数秘術でも、まさに!の鑑定結果でしたね。

ブログを拝見しても、お手紙を読んでいても

そう感じます。

いまは、アセンション(次元上昇)も進んでおり

地球規模で、大規模な変化が起きています。

人類史上最大の被害をだした

311地震

そして、今回、多くの死傷者を出した台風・・・

2011年、まだまだ多くのことが変わっていきます・・・。

私達に何ができるか?

そして、いつ何が起きても

全て受け入れる準備もしなくてはいけませんね。

それには、内観(自分自身を観る)が必要になり

地球としっかり繋がっていくことも必要になってきますね。

互いに、しっかり地に足をつけ、

ゆっくりと、自分のペースでお役目を果たしていきましょうね。

持って生まれた、その才能・・・感性を

世のため、人のために生かされてください。

私も、残された人生、一生懸命、生きていこうと思います。

志麻卯京さま

ご訪問くださいまして、ありがとうございます。
お会いできたらいいな・・・と思いながら、お手紙を書きました。

必要なものや好きなものというのは
生活環境などでも異なるので「はて??」と思案しつつ。
よろこんでいただけて良かったです。

アセンションに関しては、考えてみると
志麻さんに出会う前から聞いていましたし、
事象についての話も別の方面から入ってきていて・・・
パズルのピースのように、私が触れる世界を形づくっていたのかもしれませんね。

スピリチュアルの分野は、それほど遠いものではなく、
顔を上げれば、手をのばせば「わかる」、
説明は難いけれどそのようなもの、だと感じています。

地球と、宇宙と、繋がる感覚ですね。

私なりに、全身全霊で物事にあたれるよう精進します。

コメント、とても嬉しいです。
おりをみて、おたよりさせていただきますね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/41538578

この記事へのトラックバック一覧です: 時代劇の作り方:

« こころはみえない だから 感じることだよ | トップページ | TURQUOISE »