« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

東日本大震災寄附金付 特殊切手

別件で郵便局に行った時に発売を知りましたので、購入してきました。

80円切手ですので封書用ですね。
この一枚につき20円の寄附金がプラス、1シートであれば200円の寄附金となります。
これが東日本大震災による被災者の方々の救助等に役立てられるそうです。

少なからず切手を使用されるかたにご検討いただければ幸いです。

6月21日発売。
たしか、8月の下旬くらいまでの期間限定となっていたようです。

シンプルなデザインで、あたたかな色合いです。

プラス5円の寄附金つきはがきも発売中です。
数量どの単位からの購入が可能なのか、詳しくは最寄りの郵便局窓口にてご確認ください。
(はがきは、私が購入したところは一枚から可能でした。ただ、もしかすると場処によっては置いていない、取り扱いに違いがある、ということも考えられますので購入時に局員さんにおたずねしたほうが良いかと存じます)

気付けば、夏のかもめ~るも発売の季節です。
一年の半分、すこし落ち着いて便りをしたためたいものです。

みんな、どうしてるかな。。。。

つよい風の日

梅雨の合間か、太陽が顔をだす日もある。

洗濯日和かな、と思う人もいるだろうが、やはり雨には悩まされる訳で。

降ったり止んだりするので湿度が下がらない。
・・・暑くなりますね、徐々に。

すでに熱中症をおこしているかたもおられるようなので、ご留意ください。
節電のことなども気にはなるところですが、体調くずして長引くと大変ですから・・・
特に水分はこまめにとりましょう。

雨が降らないうちに・・・と窓を全開してみる。

ここ数日は風がかなり強い。

換気にはちょうど良いのだが。
あ、洗濯物もわりと乾くようである。
梅雨がすごく苦手というのではないけれど、何が厄介かといえば・・・
窓が開けられなくなる、というのが難点なのである。
空気の入れ替えという面だけでなく、個人的感覚でいうと
「酸欠の金魚」
もどきになってしまうから。

なので、数日の状況はちょっぴり心地好い。

風にのって誰かが遊びに来ているかもしれない。

春先の疲れがそろそろ見え始める時季なのではあるまいか?
風邪をひく人や、筋肉や骨に異変がみられる人を確認している。
日常よく動く人は要注意である。
気付かぬうちに疲労がたまっていませんか?

あなたひとりのからだではありません。
くれぐれも無理をしすぎないように・・・

「生きる」物語は愛へ

・・・書きたい想いはあるのに、言葉が出てこない、こんなにもどかしいものだと、昔は知らなかった。

このところ、様子がおかしいなとじぶんで気がついてはいたのです。でも、妙に気が急いているようで止まりたくても止まれなかった。・・・かなり状況は危うかったみたいです、ようやく落ち着いてきました。

薬師丸ひろ子さんの『歌物語』。。。。
アルバムのことを知った時から、内容を調べ、購入までの間、そして手元へ届き耳にするまでの時間・・・・・・
震災が起きて、いろんなことがわからないまま過ごし、ふつうにしているつもりが突然、泣きだしてしまったりしていました。

このアルバムには最新シングル「僕の宝物」も含まれています。
ご存知の通り、映画「わさお」のテーマ曲にもなっていますが・・・
映画の公式サイトでこの曲を聴いたときすでに、わたしは号泣してしまってました。
もちろん、映画の内容はこのとき知らなかったし、前評判をきいてた訳でもなかった。なのに、メロディーと薬師丸さんの声・・・そうして詩がすうっと入ってきて涙が止まらなくなってた。

映画のこともいろいろ話したいのだけど。。。

薬師丸さんについては自発的に調べた、というよりは周囲の影響ではあったけれど、あのころからずいぶん時間が経ち、わたしも一般論では「大人」と呼ばれる領域に入っています。
つらいことばかりだった訳ではありませんが、楽しいと思えることが、あまりなかった。
むしろ、しんどかったこの十年ほどの間のなかに、心から楽しい、嬉しいと感じられる出来事がたくさんありました。物事に対する気持ちが変わったのもあるけれど、いちばん大きな変化は・・・自身も含め、人への想いが和らいだことかもしれません。

このアルバムのなかには薬師丸さんの歴史もあるけれど、曲を聴いて過ごしたかたにもそれぞれの歴史があるのだと思います。

曲と詩。。。。
どちらへの思い入れがあるのかはともかく、そこにはたしかに、あなたの生きた証があるのだと。
ひろ子さんの歌でなくても、ね。
どうしようもなくかなしいとき、いたくてたまらないとき、・・・せつなさに押しつぶされそうなとき。
歌で救われることも、ある。
人の言葉が、どうしてもすんなり入ってこないときもあるから・・・

天災や人災・・・病気、怪我、事故などでの反応は、事の大小にかかわらず、人の数だけ苦しみや悲しみのかたちがあります。
大丈夫だと思っていたことがあとになって、はげしい痛みをともなうこともあるし、どうやっても前に進めない、笑うこともできなくなるときがある・・・

じぶんの価値に疑問が生じたり、消えてしまいたいって思ったり、生きてて何の意味があるんだって思うこともあるかもしれない。でも、人って・・・誰かを必要としているように、誰かがあなたを必要としている、そういうものだと思うのです。

あなたの人生を、ほかの誰かが「生きる」ことはできない。
あなたのかわりなんて、何処にもいないんだよ。

『歌が皆さんの心の中に入って、人生の思い出と重なって
 歌を聴いて瞬く間にその時代にタイムスリップして下さったら嬉しいです。
 そして皆さんの大切な物語に花を添えられれば尚、幸せです。』

ひろ子さんからの言葉の一部を書いてみました。
花を添える・・・そのことを、じぶんで確かめる。
どんな歩みだったのか、多くは知らなくても必ずひとりは、認めてくれるひとがいます。

愛と感謝をこめて。。。。
∞生きていてくれて ありがとう∞

歌物語

あなたの好きな歌は どんな歌ですか?

心に響く歌 思い出深い歌
気持ちが和む歌
元気になれる歌

しずかに涙する歌。。。。

歌がなくても
生活はできるかもしれない
けれど
そうした歌を持つことで
生きていく日々の
支えとなり
もうすこし
歩みを進められるかな
という思いを
いだくことが可能
かもしれない

時に わたしのこころを
鏡のように 映す
あなたの詩に 出逢い
鳥肌のたつほどの ささめき

おそれはある それでも
生命の輝けるかぎり
その向こうをめざし 歩く

祈念~幸福であるように

大自然からのおくりもの
天然石・鉱物・鉱石
パワーストーンという呼び名が
ついてからも ずいぶんたつのかな

通販で選ぶもの
店頭で触れるもの 色々
自分自身でつくるひと
お店でつくってもらうひと

好きな石を組み合わせたり
願望に合わせて選んだり

とてもカラフルなアクセサリーもあれば
シンプルにまとめたものもある

そこにはたくさんの意味や
想いがつまってる

でも 対象が多すぎて選べない
と 感じてるひともいるかもしれない
願望に合わせて といっても
どう伝えていいか もしくは
しられたくないことも

わたしは 石好き というだけで
詳しいわけでも 占いができるのでもないし
霊感がつよい というのでもない

ただ いえるのは
効果や意味も良いけれど
いちばん大切なのは
じぶんがその石を好きだということ
その石をつけると
心が和んだり しあわせなきもちになったり
愛情あふれるように感じられること

だから 誕生石にこだわることもなく
たとえば 本に書いてあったとか
専門の人にアドバイスされたとか
参考にはしても それだけで
決めてしまうことはない

納得すれば それでもいい
それと 失敗もあるかもしれないけど
それは あなたのせいでも
まして石のせいでもなく

時季があわなかっただけってこともあるし
ちょっぴり 石と
うまくコミュニケーションがとれなかった
ということかもしれない

石は生きている と
常に感じてる
たぶん もっと鋭敏な人も いるだろう

石を仕入れるひと 扱うひと
アクセサリーにするひと
それを 受け取るひと

そこにあるのは
身につけるひとへの願い
そして 手にするひとの 祈り

どうか幸福でありますようにとの

大切なひとへも想いが伝わり
笑顔がひろがるように

石は 持ち主のしあわせのために
はたらきかけている
けなげな 分身
素直な心で 語りかけてみては?

∞★本日の楪☆∞

・・・母上に苦言を呈されてへこんでおりますねん。
まあ、ごもっともな話で、とろ~いわしがあかんのですが。

でも考えてみると生活環境激変したころ小さな諍いがたえず、会話さえも成立しない冷戦状態のあった時期を思えば今は・・・はるかに健全なのではないかな。
ちっとは大人になりましょう、はい。

雑貨屋さんからはじまり、いろんなものを見てまわってました。
当初の目的とはちがうものもちらほら観察してましたけど、雑貨はそのなかでのブランド性もあるらしく、確かにものは良さそうなのですが価格が・・・(汗)

どっか違うとこも開拓しとこ(独)

最終的にはご近所の文具屋さんへ向かう。
いつもなら右折しますがきょうは左折してみる。・・・お?けっこう面白い・・・
身近な子どもの思考をしてしまい、少々はまる(笑)

・・・おい、何買いに来たかわかってっか??

しばし忘れていたらしい・・・!?・・・久々だったんで、つい。
あ、封筒切れてたか?どれどれ(こっからまた脱線する)

ようやく目的ジャンルへ。
いわゆるラッピング、というやつなのだが・・・高度な技はないし、シンプルにしたいのだが比較対象が少ない。やっぱ街まで行くべきだったか、とも思うが時間はないし、ありすぎて選べんということも十分考えられるか・・・・・・ふう。

大きさが微妙だが、一応選ぶことにする。
・・・で。
またもや放浪するんだなこれが(呆)←早う帰らんかい

たまに行くといろんなもんが出てて、ホンマにわくわくするんですよ。
ま、使わんから通過させたものもいっぱいあるけどね。
筆記具については近頃、いろいろこだわってきてて、インクなんかもいいなーとか思ってじーっと見とれてました。
今度は万年筆じっくり思案しようかなあ・・・

実はきょう、別の話をしようとしてたんですが、あまりのボケっぷりにこっちに行っちゃった(爆)
でもまあ、収穫あってうれしかったです。
文具にこだわりあるかた、いらっしゃいますか~?
どんなふうに、どんなものを選んでらっしゃるかお聞きしてみたいです。

「書く」感触ってだんだんなくなってるのかもしれませんが・・・
実際に書いていて感じます、多方面の感覚に直結してるんだなって。
ちょっぴり姿勢を正して書くもよし、遊び気分で楽しく描くもよし。

文具屋さんにはたくさんの発見があります★☆

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »