ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

*ことばの歳月* 美しきことばの妙

久しぶりに、山下景子さんの本を拝見しました。

『ことばの歳月 美しく響きあう言葉たち

****

山下さんの本は、ときおり読むようにしていますが・・・ことしは落ち着いている時間が少なくて、手にできずにいました。
このかたの著書を拝見すると、とてもうれしい気持ちになるのです。
やわらかな、おだやかな自分を取り戻せるというか、魂の在処をあらためて認識するというか・・・

この本も、題名からしてすてきでしょう?

歳月ということばが・・・年を経てゆくせいか、重みをましているように感じます。
さびしさのようなものをおぼえたり、しずけさや深みとともに、幸せをたたえていたり。
自分自身は果たして変わったのだろうか、それとも変わらずにあるのか。。。

星の章・月の章・水の章・風の章。。。。

章ごとに、彩りあることばたちがちりばめられています。
それぞれがまるで宝石のよう・・・

わたしのこころに響いたいくつかを
星月夜・暁星・弓張月・月明り・虹・彩雲・愛日・真砂・春霖・水鏡・深雪・風花・恵風・花嵐

(章別に書いていくと数がふえました・・・)

ほかにも美しいかたち、響きのことばがたくさんあります。
意味を知ると、ますます深みがあるものだなあと。

そのことばがあらわすものは、わたしたちの暮らしに密接にかかわるものです。
人のなかで、自然のなかで、時のなかで。
いまのわたしには痛切に感じられるものが多いですね・・・
ことしはこれまでの経験ではないものにより、心がひどく乱れて、立っていられないと思えるほどでした。もちろん、そんなことは大したことじゃないと考える人もいるかもしれません。けれどわたしにはつらかった。。。。
ただ、そこに埋没してしまうのではなく、進んだり退いたりしながらも動いていたから、いろんな救いもありました。・・・壊れてしまわずにすんだ。それは、異なる意味での貴重な財産だと思っています。

つめたい雪の季節も嵐の日々もあるけれど、おだやかな風や、やさしい光が包んでくれる時もおとずれる。
そのことを心に留めていれば、もしかしたら大抵のことは乗り越えられるのかもしれませんね。。。

****

2010年はおそらく、これが最後の記事になると思います。
本年も読んでくださったかた、コメントいただいたかた、無数の空間からこちらにお立ち寄りいただきましてほんとうに感謝しております。
たびたび記事でも書いたことですが、人間ってひとりじゃどうにもならないことのほうがはるかに多い気がします。たしかに、「誰にも頼らずに生きていく」というのは、気持ちとしてはありだと思うのです。でも・・・子供であれ大人であれ、物心すべて自分一人でまかなえますか?「頼る」というのは恥ずかしい、とかみっともない、とかいうこととは別の側面があるんじゃないかな。やれるだけのことはやった上で「できない」ことってあるし、緊急を要する事柄だってある。そうしたことは、誰にだってあることなんです。
個別でできることはちがうし、できる人がやる、できるときにやる、・・・その循環だと思います。

太陽の光を浴びる、雨水を受ける、それは自然からの恩恵。
そして、食べ物や着るもの、住むところは人の力で成り立つもの。

ひとりの人としての自分は・・・?
そう思うことも、多い。

だけど、たくさんの人の役に立てなくても、大事業をしなくても、特別なことがなくても、生きて「存在」していることがいちばん大切。
・・・誰かがあなたを必要とし、愛しているから。あなたがあなたでいられるよう祈り、見守る人がきっといるから。

わたしにも・・・愛する人がいる。
自分自身のことも、まだ理解できずにいたり、傷がのこったままだったりもするけれど、ちゃんと受けとめられるように、・・・人も、拒絶せずにいられるように。

楽しいクリスマスを、そして良き年をお迎えくださいね。
2011年もお目通り願えれば幸いです。

至らないところの多いわたしにおつきあいくださる皆様、いつもありがとう。

想いをのせて Φ新年のはじめにΦ

年の瀬はどことなくあわただしい。。。

仕事であったり催しであったり。
一年振り返ると悲喜こもごもでしょうか。
ずいぶんと寒くなりましたね・・・

近頃はなんでも便利になって、手間のかかることをしなくてもすむようになりました。
たしかにそれもひとつの手段、だけど、あんまり楽にしてしまうと耐久性なくしそうなのがちと怖い??(蒼白)
時と場合によるが、手間を避けるのではなく、あえて手をかけてみる、というのも逆にいいもんじゃないかな。

手紙や葉書だす人、減ってるけどこれだけは、というかたもいるでしょうか、年賀状

受付開始でございます。・・・もう、投函しましたか?

いまはメールあるし、印刷技術すすんでるし、やりようはいろいろあると思います。
形式的な・・・というのはなくしているところもあるんじゃないかな。

世の中にはたいそうなつはものもおられて、すごく時間かけて手書き(もしくは手描き)とか、デザインにこだわるとか、もあるようです。

まあそこまでではなくても、やはり相応に、ていねいに書きたいのです、私は。
そんなに枚数あるわけではないですが、きちんとお話をする、ような気持ちで向かうので、決して早くは進みません。そうして、相手によって話題は異なるのです。
・・・で、当然ながらスペースは決まっているから「何を書くか」のポイントをしぼる。

内容はともかく、例年思うのはひたすら美しい文字が書けたらなあ・・・という願望。
本人の意向(?)とは別に、それでも「美しい」と言ってくださるかたもなかにはいらっしゃるのでそれはそれとして、大事にしなきゃならんなと。
でも、ホントにほれぼれするような文字を書かれるかたっているでしょ?

筆記具にもよるから・・・試してみて、あとはできるだけ読みやすいように形をととのえるとか、文面のバランスとるとか。実際書いてて思うけど、精神的にきつかったり気候によったりで感覚が微妙にちがってくるのでどっかよれてたらごめんなさい。。。。

きれいに仕上げてくれるという点では文明の利器はすごい、と思うのだけど。
しかしながら均一的すぎて(?)面白くないというか、硬質なところがあるのが・・・つらい。
なので、私のように字が・・・と悩む人であっても何かしら一筆、手書き入れてみませんか?
それだけで、のっぺらぼうの表情に赤みがさす、雰囲気あります。

・・・あ、場合によってどうしても手書き入れられないこともありますよね。
そんなときは、ちょっとひねりのきいた一文をすぱっと入れる、とかスタンプ押してみるとか。
これは絵でも字でも良いです。えーもひとつ、お好きなかたはシールなぞで飾るもよし。

人ってのはわがままなもんで、相手特有の痕跡があれば安心したりもするんですよ(笑)

新年のごあいさつ、という要素はもちろんですが、たとえば2010年に会いたかったけど会えなかった、ちょっぴり気まずいことがあったまま・・・ということもあるかもしれませんね。
そういうときってなんとなく心配もあったりします。でも・・・自分のいる場処と相手のいる場処がはなれているからすこし落ち着いて、向き合うこともできると思うんです。だから、自分の気持ちはどうなんだろう、どんなふうに伝えよう?と思いながら相手のことにも想いを馳せてみる。そうしてまた、ゆっくり時空をつないでゆけるといいな、と思います。

2011年も心ある言葉たちが、たくさんの人の間を結んでいってくれると嬉しいな。

Singing With Santa Claus

演劇集団キャラメルボックス『サンタクロースが歌ってくれた』

25周年クリスマスツアーでございます。
えと、たしか今回で四度目の上演となる代表作だとか。

25年ってすごいよね・・・その循環でこその、今作。
舞台自体、毎回生き物のごとく様相を変えてゆくのですが、当然、キャストが変わったり演出変わったりすると微妙に表情も変わりますよね。

スケジュールをみると、現在は東京公演の真っ只中。
すでにごらんになったかたもおられますよね。そうして、これからのかたも。
・・・過去三回の公演ごらんになってるかたの印象は??

今回はメインキャラクターに西川浩幸さん、上川隆也さん、近江谷太朗さんのラインナップ。
さて、どんなドタバタ劇が待っている!?

西川さんと上川さんはおなじみですが、近江谷さんは舞台で拝見したことなかったので。
しかし・・・ほかでたくさん舞台観てるわけじゃないですが、キャラメルの舞台はハンパじゃございません。劇場バクハツすんじゃないかってくらい超パワフルでござんす。相当エネルギーためていかないと魂もってかれます。。。(もちろん冗談ですが「ついていけるか!?」と毎度思ってます・・・生還できんの不思議なくらい)

この前たまたま上川さん出演のドラマ観ましたけど、これまで観てた役と雰囲気全然ちがうし・・・どっちかっていうと、眉間にシワ寄せてそうなむつかしい、もしくは厳しい役とか熱血くんっぽい感じとかを観てたんで、「あれ~?」って思って。たよりなげなちょっと抜けていそうな??いやそれも面白いですが。設定が推理作家(しかも売れない)ってとこもいーなーと。いつも思うのですが、上川さんって映像のなかだとあんまり大きく見えないですけど舞台立ってると「でかい」って感じるのですよ。んで、めっちゃはじけておられる・・・
中島みゆきさんのハナシじゃないですが、映像の上川さんしか知らないかたにはぜひ観てほしい(笑)

そういや、何かの番組で知りましたが上川さんも中島みゆきファンらしく。
・・・だとしたら嬉しい(涙)

あれ、たしか今回はキャスト総入れ替えの限定ヴァージョンもあったよね!?
公演ごらんになったかた、よかったら感想やご意見きかせてくださいっ!!
(大内さん、どんなだったんかな??)

クリスマスまでもうすこしありますね。
みなさまはどのようなクリスマスを迎えるのでしょうか?
予定ありでも突発でも、たのしくてハッピーな時間になるといいですね☆
キャラメルボックスの舞台鑑賞もおすすめです。誰かへのプレゼントでも、自分へのプレゼントでも。ぜひ、ほっこりした時間をおすごしください。

もちろん・・・しずかで、おだやかな時間もありだと思います。

♪♪たいせつなひとに届けたい歌はありますか?♪♪

COCOIRO

例によって文具屋さんでつかまっちゃいました(笑)

「何だろ??」と引っかかったんですね。
・・・で、しばし説明読んだり現物ふれたり。

ちょっぴり気分を変えたいときにおすすめかも。
説明書きの文言もいたくツボにはまってます。

 ココロうるおう、
 ここち良い書き味
 日記・手紙が
 すらすら書ける

通常の筆記は、ボールペン以外では万年筆が多いので、異なる書き心地もためしてみようかなと。
本体とカートリッジ別売りです。
株式会社呉竹さんの製品。

本体は恋桜・姫たんぽぽほか8色の、全10色
インクの色はブルーブラック・セピアほか4色の、全6色
(私が購入した時点で。以後、変更があるかもしれません)

どうしよっか・・・とかなり迷いましたが、本体2本とインク2本買いました。
別々の色を、ね。
なのでしばらく仕様が変わらないことを祈ってたりして・・・

楽しんで使えることがいちばんだから、じっくり選びました★
初書き(?)はクリスマスカード、かな・・・?

めったにやらないことをていねいにしたいとき、おためしになってみてはいかがでしょうか。
・・・面白いかもよ~♪♪

あなたの日々が、色彩あふれるものでありますように☆

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »