ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 旋律は語り・そして祈り | トップページ | 風を継ぐ者~森羅万象のなかで »

深い闇でも

・・・魑魅魍魎の類ではなく、最も恐れるべきは人間である、
そう聞いたことがある けれど・・・

光は生き物にとって不可欠
でも其処にすべてが込められている訳じゃない

闇で生きるものも存在する
それをしらずにいるだけ

太陽が昇り、光り輝き
沈んだのちに月がほのかに
暗闇を照らすように
眠りにつく時もまた、おとずれるもの

人も自然の一部なのだから
眠らずにはいられない
それによって
生命を維持しなくてはならない

光のなかで過ごす環境がながければ
やがてそのありがたさを忘れてしまう
故に闇に入り込んだときの恐怖は
想像を絶する

動けなくなる、声が出せなくなる、
聞けなくなる、触れることさえ

取り巻くすべてをおぞましく感じる

ただ、その状態がずっと続くのではない
意識を解放しゆだねてしまえれば
何かが少しずつ動き出す
闇そのものが危険なのではない
肝心なのは、人に生じる隙間

光にさらされ続けることも、
疲労につながる
生きていくうえで
“眠り”のときが必須の季節も
あっていい

人の心身はひとつの宇宙
誰にも、容易につかめるものではない

深海のように感じることもある
時としてそれはとてつもなく恐怖を呼ぶ
感触であることも多い
けれど、力を抜き、そこにたゆたう
すると、水はやわらかな布のように
包んでくれる

光と闇は、何処にでも
誰のなかにも存在している
それが場合によって
占める割合が変化するだけ

決して闇そのものは罪ではない
問題はそれを律する人間にある
ただしどうしても一人では制することのできない
事象は必ず起きる
だからこそ人は、誰かを必要としながら生きている

それほど強くはないけど、弱くもない
だけど、息をするだけで、歩くだけで大変な
日々を懸命に生きる人を
どうか踏みにじらないでほしい

« 旋律は語り・そして祈り | トップページ | 風を継ぐ者~森羅万象のなかで »

心と体」カテゴリの記事

植物・動物」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

コメント

自分より弱そうな人間をえらんで嫌がらせするヤツっていますよね、どこにでも。

周囲の話聞くと、そういう連中の末路ってかなり悲惨なものらしい・・・

言い換えれば自分の行いって全部跳ね返ってくる、ということ。人間の念ってすさまじいらしいから。
・・・怖いですね。

PCをひらく回数を調整する必要が生じたことや体調面で制約したほうが良いと判断したこともあり、コメントなどに関して段階をふむことにしました。
ご迷惑をおかけしますが、それでも書いたり読んだりしていただけると有り難いです。

身近なかたにはなかなか連絡できなくてすみません。
いつもありがとうございます。

こんばんは♪

光と闇は必ず誰もが持っていますよね♪
必ず表裏一体ですよね♪

どちらが良くて
どちらが悪い
とかではなく

必ず人間は両面を持ち合わせてると思います♪

だから難しく
また面白いのだと思います♪

お邪魔します♪

光と闇は表裏一体ですよね♪

誰もが両方持っていますよね。

どちらか一方ではなく、

両方あるもので

どちらかしか認めないと、必ず偏り躓きますよね♪

闇は悪ではなく
光を知るために必要なもの。

だから面白いのだと思います♪

どうぞ両方いっぺんに
抱きしめて愛してくださいませ♪

コメントありがとうございます。
超音速の(?)ご時世にあって、めっぽうそろりそろりと動いているような種族でして、現在の様態に至るまでにも試行錯誤のくりかえし。このペースが乱れると回復に時間を要すため、記事やコメントのタイミングもゆったりになります、ごめんなさい。

無論、歩んでいく意思はもっています。

心身の状態が揺れやすいのでここの空間もいつまで保てるかわからないまま、なんとか続けてきています。
このところちょっぴり辛いこともあり、泣いてることも多かったのですが、嬉しいお言葉をいただき、とても感謝しております。

前に「辛い」という文字に一本加えると「幸い」になる、と映画のなかで耳にしました。
今回まさに、そういう状況でしたね。

しんどいことの反対にしあわせがあると切実に感じます。・・・あるがままに、しっかり抱きしめたいと思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/29893661

この記事へのトラックバック一覧です: 深い闇でも:

« 旋律は語り・そして祈り | トップページ | 風を継ぐ者~森羅万象のなかで »