ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« なごやかで幸福な2009年で~異質なものから学ぶこと | トップページ | ∞ 浄化の一環 ∞ »

銀の龍 風のなかで

「俺」という器のなかに
最初に入り込んだのは誰だ?

もしかしたら、火龍
・・・彼、『蒼一』だったかもしれない
あのころの「俺」に似ていた

対極にあったのは、翔
だが彼のなかにも
火龍と共振する部分があった

博夢は・・・人間の最期の良心
どれほど闇に呑まれようと
絶望しかなくともかすかな、
希望(あかり)が見えた気がした

自分には何もないと思っている、武士
彼もまた「俺」なのだと感じている
しかし彼はすでに多くのものを持っている
気づかずにいる、というだけ

彼らを知る者がどのくらい存在するか
在るとしても、とらえかたは千差万別
ただ「何か」を見つめてくれていたら
気づいたなら、それ以上の幸福はない
仮に気づかなくとも悲しむことはない

「俺」もおそらくはまだ、真に気づいてはいないだろうから

それこそが、生涯をかけた命題

~『君はそれ以上』によせて~

魂の在処“銀の龍の背に乗って”
 Song by Miyuki Nakajima

« なごやかで幸福な2009年で~異質なものから学ぶこと | トップページ | ∞ 浄化の一環 ∞ »

心と体」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/26771590

この記事へのトラックバック一覧です: 銀の龍 風のなかで:

« なごやかで幸福な2009年で~異質なものから学ぶこと | トップページ | ∞ 浄化の一環 ∞ »