« 記憶 「創造」と「想起」の力 | トップページ | 平行世界 ≪すがたはなくとも≫ »

*恋色の日本語* それは言葉にならない想い

ブルーの基調に白い文字、そして。。。あかい、糸

表紙をみたときにどきっとしたのはどうしてだろう
でもその感覚はしだいに痛みにかわる

たしかめることもせず、本屋さんに電話を入れた
届くまで数日・・・予感がなかったわけじゃない

ほんのすこし前にひらいた
ていねいに、言葉のひとつひとつをなぞって
。。。泣いたことに気づかないくらいしらぬまに
とめようとしても止められなかった、かなしい、さびしい、
何なのかわからぬまま

恐さと、心地よさと
矛盾していると知りつつ
ずっとそんな想いをかかえている

わたしはいったい、何者なのだろう。。。。

『恋色の日本語』(PHP研究所)
敬愛する山下景子さんの最新刊です。
いつも素敵な言葉を教わりますが、こんなふうになるなんて・・・
どうかしてるのかな、私

楪 蒼朋

« 記憶 「創造」と「想起」の力 | トップページ | 平行世界 ≪すがたはなくとも≫ »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/24331999

この記事へのトラックバック一覧です: *恋色の日本語* それは言葉にならない想い:

« 記憶 「創造」と「想起」の力 | トップページ | 平行世界 ≪すがたはなくとも≫ »