ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 月はみている | トップページ | 野球少年 »

いま此処にない命と

青と白をみていると、吸いこまれそうな
泣きだしたくなるようなきもちになるのはどうしてだろう

こわいの?それとも・・・

ささいな偶然が重なってく

誰しもいずれはこの世から消えてなくなる
なら何故生まれてくるのか?
そんな問いかけもしたくなる

いつ、そのときがやってくるのか
どのようになるのか
誰にもわからない
ただ、存在するものとしての生命を精いっぱい

死者を一冊の本のようだといった話をきいた
それは記されたものであろうとなかろうと
生きた証がのこされている、ということだろうと

姿はない、みることはできない
けれど想いがあれば対話は可能
それはどこか自己との会話に通じているかもしれない

わたしがそれを意識しはじめたのはいつだったろう?
じぶんがもしかしたら境界のはざまにいる、
ひとつまちがえば戻れない場処に立っている
・・・そう感じたときだったのか
そのころから涙がこぼれやすくなった
どうしてなのか、いまだによくわからないのだけど

ひょっとして、呼びかけるだれかがいる・・・?

つらくてたまらなくなったとき、声にだしてことばにできないとき
わたしは知らずここにいないものに問いかけていた
そうしていなければこわれてしまいそうだったから

『 ささやかなことが実は特別なことであると
  死者はよく知っている 』

事実、そうなのかもしれない
そのことを日々、痛切に感じている

« 月はみている | トップページ | 野球少年 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

植物・動物」カテゴリの記事

気象・天文」カテゴリの記事

色彩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/24066522

この記事へのトラックバック一覧です: いま此処にない命と:

« 月はみている | トップページ | 野球少年 »