ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 自分の命も、ほかの命も | トップページ | 2007年 *いちばんうれしかったこと* »

さわれない、けれど たしかなもの

偶然であれ必然であれ

何かが極度に接している、重なっていると

恐怖さえおぼえてしまうほど

それは畏怖といってもいいかもしれない

音楽や書物のなかに風景をみる、気配を感じる

何故か異なる性の持ち主の精神に

それらはおぼろげな、かたちのないものを具現化するように

知るはずもない私のなかに忍びこんでくる

気のせいだと打ち消してしまうことはたやすい

ただひとつ、はっきりしていることがある

この痛みは幻覚じゃなく、本物

私が男だったら、せかいはどう映った・・・?・・・でもね、男とか女とかじゃなく、私は私で良かったって思ってる。ちっぽけで、「あ~あ」ってあきれちゃうところたくさんあるけど、「あれ?」って意外な部分が垣間見えたり、自分じゃみえないところが人にはみえてたり。そして何より、大切なひとがいて“すきだなあ”って想いがある。仮に人からバカじゃないの!?っていわれても一向にかまわない。

せつなさとよろこびはいっしょにやってくるものなんだな、たぶん・・・

« 自分の命も、ほかの命も | トップページ | 2007年 *いちばんうれしかったこと* »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/9503955

この記事へのトラックバック一覧です: さわれない、けれど たしかなもの:

« 自分の命も、ほかの命も | トップページ | 2007年 *いちばんうれしかったこと* »