ブログパーツリスト

  • presented by 地球の名言

« 幸福な空間 | トップページ | 自分の命も、ほかの命も »

静寂のなかで

「子ぎつねヘレン」という作品(映画)をご存じですか?

ある日、少年は小さなきつねに出会います。のちに、そのきつねは聴覚も視覚も機能せず、声も出せない状態であることが判明します。そのおり、獣医さんのつぶやいた「まるでヘレン・ケラーだ」という言葉から“ヘレン”と名付けられた子ぎつね。そのときから少年とヘレンの、あらゆるものとの闘いが始まります。

作品としてわかるようにフィクションも盛り込まれていますが、実話がもとになっているそうです。原作とされている本は読めずにいますが、視えない、聴こえない、というだけでも世界はまったくちがったものに感じられると思うのに、複数の要素がからんでいるというのは想像がつきません。障害をもったら、日常生活が送れなくなったら生きていて幸せなのか?という問いを突きつけられる。その答え(らしきもの)はそれぞれでちがっているでしょう。でも、いのちは自分だけのものじゃない。簡単に導きだせるこたえなんてない。仮に、意識のうえで“死にたい”と思ったとしてもその裏側には“生きたい”という想いがどこかに存在していると思うのです。実際、私はそう感じていたのだろうと・・・(いまもそうなのかもしれない)

少年のように純粋な気持ちでいられるかはわからない。でも、ヘレンの必死さは理解できる気がしました。あたえられた命をまっとうしようとする・・・そのあたりまえな姿勢が、人間の社会では揺らいでいる。・・・以前は映画で泣くことなんてなかった。つくりごとはつくりごととして突き放して見ていた。人にとって現実であっても、私には現実味のないことが今も多くあります。だけどこの映画を観ているときはどうしようもなく涙があふれた。人目もはばからず泣きっぱなしだなんて、ありえることじゃなかった。それはもう、悲しいとか空しいとか、哀れさとか儚さとかを通り越してしまってました。あのとき私のなかにあったのは、大切なひとのそばで生きたいという願いだけだった・・・・・・

大地に水がしみこんで還ってゆく・・・・・・そうしたしずけさが、いまの私を支えています。

物語にでてくる人も生き物も、個性豊かな面々ですので、どこに感情移入するのかを観察してみてもいいかもしれません。クリスマスも近いですし、ご家族でも楽しめるかな?

西村由紀江さんの音楽も素敵です。ピアノがきらいになりかけていた心をそっとほどいてくれた・・・

« 幸福な空間 | トップページ | 自分の命も、ほかの命も »

心と体」カテゴリの記事

恋愛」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

植物・動物」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

「子ぎつねヘレン」映画館で見ました。
子役の深澤嵐くんが、とても良かったです。
音楽担当の西村由紀江さんが作曲された、メインテーマ曲「明日を信じて」も涙を誘います。
私は、うつ病を患っているのですが、西村由紀江さんの音楽、イージーヒーリングに癒されています。
私は、いつか西村由紀江さんの音楽をピアノで弾いてみたいと、思っています☆

しずくさんへ・・・
素敵なコメント、ありがとうございます。
精神的なものからからだをこわして、私もずいぶんながく通院しています。
音楽は、こころがほっとしますよね。
「子ぎつねヘレン」のおかげでピアノの音色のすばらしさをあらためて感じました。
ピアノ、弾けると良いですね☆私も再開したいという願いをもっています。

こころのこと、音楽のこと、いろんなことをちょこちょことつづっていますので、気が向かれたときにでものぞいてみてください。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/424115/9365591

この記事へのトラックバック一覧です: 静寂のなかで:

« 幸福な空間 | トップページ | 自分の命も、ほかの命も »